一度は行きたい国に気軽に行ける♪

投稿者: めぐちゃん, 2016/09/05

日本からのツアーではなく、バンコクからというのが手軽でよいと思い申し込んでみました。
2泊3日と短いけれど、ブータン入門編にぴったりです。

私が行った日は民族博物館が定休日で入れなかったのはショックでした。

食事込みでしたがホテルの食事はとてもおいしかったです。
(特にティンプーで宿泊したピースフルリゾートの食事はおいしく、量も食べきれないほどでした。)

ブータンは自然がいっぱいでとても癒されました。
年々都会化されているというので、1年でも早めに訪れることができてよかったです。



評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/08/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

まあ、良かったです。

投稿者: jfkennedy, 2016/08/16

(1)2016年7月30日から8月1日の2泊3日でバンコク発着のブータンツアーに2名でいきました。ただ、当初送られてきた日程が申し込んだツアーと違っていたため、焦りました。旅行の手配をしているAir and Travel Marketing社と直接やりとりをして、最終的に日程がfixしたのは、7月28日でした。今後、参加される場合は、早めに日程確認をされた方が良いと思います。
(2)7月30日はDrukAirで、バンコク→パロへ飛びました。途中カルカッタで約40分の給油でした。パロ空港到着は13:30でした。パロについたら、ガイドさんが名札を提示してくれていて、すぐ見つけられました。なお、パロ空港の両替所はimmigrationの手前にあります。
(3)パロ空港からすぐ市内へ行き、ホテルジグメリンで昼食でした、味は、美味しくも無く不味くも無く“まあこんな感じ”といった感じでした。食事の後、ズリゾン、パナラカン、キチュラカンに行き、その後、ホテルオラタンに到着です。このホテルには日本人の団体客約40名が宿泊していました。
(4)7月31はパロからティンブーに移動し、シムトカゾン、チャンガンカラカン、ドウプトプ尼寺、ティンブー大仏、メモリアルチョルテン、サンソペリルラカン、タシチョゾン、国連事務所、サジフバザールを見学し、時間に余裕があったので1時間ほどティンブーの街を散策しました。その後、2日目の宿のピースフルリゾートホテルにチェックインしました。我々以外に客はいませんでした。
(5)8月1日はタィンブーからパロ空港に移動です。その途中、パロゾンに立ち寄りました。午後の便で予定どおりバンコクに戻りました。
(6)ブータンのホテルですが、いずれも、いまいちといった印象です。食事が美味しいかと言うと不味くはないけど、、、といった味。また、ホテルの風呂ですがバスタブはありました。ただ、上水の品質が悪いため、バスタブにお湯を溜めるとバスタブのそこに茶色い泥がたまっていました。結局、シャワーだけにしました。ただ、部屋でネットは通じました。
(7)ガイドさんをはじめ、街で出会ったブータン人は非常に日本人に似ており、多分、美意識も似ていると思います。ブータンで一番印象に残ったのが、六道輪廻の仏画が多いことです。至る所にありました。この絵、気に入りました。今回の旅行は2泊3日と短かったため、ブータンのうわべだけを覗いてきたといった印象です。次回はもっと時間をかけて回ってみたいと思います。


  • キチュラカン


  • ティンブー大仏


  • ティンブーメインストリート


  • タシチョゾン


  • 六道輪廻

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/07/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

忙しなさを忘れます。また訪れたいです。

投稿者: のぼっと, 2016/07/14

夫婦で参加しました。入国審査を終えパロ空港の外に出ると、
すぐに私達の名前のボードを持ったガイドさんが見つかりました。

ガイドさんは、私達にスカーフを巻き付けて歓迎してくれました。
聞くと、観音さまに巻き付けるものと同じ型のスカーフだそうです。


早速、車に乗りパロからティンプーに向かったのですが、
両脇に大きな山を構え、
その間をドライブするのはとても爽快で気持ち良かったです。

初日は、タチョラカン、メモリアル・チョルテン、
クエンセル・ポダン、チャンガンカ・ラカン、ターキン放牧場、
ドゥプトプ尼僧院、タシチョ・ゾンを案内していただきました。

途中の昼食はオーキッドというレストランでいただきました。
エマ・ダツィを初めて食べましたが、
チーズが濃厚でピリッと辛い唐辛子ととてもよく合いました。

急遽、レストランの目の前にある
チャンリミタン・スタジアム(国立競技場)の見学が出来ないかの
お願いをしたところ、OKをいただき案内していただきました。
(私は、アジアのサッカー場を巡るのが好きなのです。)

その影響で、最後のタシチョ・ゾンの観光は、時間がなくなり
外観のみの見学になってしまったのは残念でしたが仕方がありません。


ブータンは高地ということもあり、まだ身体が慣れておらず、
初日の後半はかなり気分が優れませんでした。

初日のホテルは、ピースフル・リゾートというホテルに泊りましたが、
夕食も控えめにし体調を整えることに専念しました。


翌日、2日目にしてメインとなるタクツァン僧院へのトレッキングに
向かいました。前夜の体調管理のおかげで何とか登れそうです。

ガイドのチェンチョさんに妻と私の荷物を持ってもらい(情けない…)、
登り始めに買った安い杖(1本50ヌルタム)を頼りに
往復6時間かけて登ることができました。
長い時間でしたが、途中はガイドさんと観光案内とは違う
いろいろな話が出来て良かったです。


その後、パロのメインストリートのお土産屋さんに2軒寄っていただき、
葉書や切手などを買うことが出来ました。食べ物のお土産は
ほとんどありませんでした。値段はかなり割高だったと思います。
1軒目は値切り交渉が出来ましたが、
2軒目はせいぜいおまけを付けてくれる程度でした。


2日目のホテルは、オラタンホテルというホテルでパロで一番の
老舗ホテルとのことです。部屋は本棟から離れたコテージでした。
本棟からコテージへ移動する際は屋外を歩くのですが、ホテルが高台に
立地していることもあり、パロの景色を見下ろすことが出来ます。
田舎の田園風景なのですが、とても心が癒されます。


そして最終日は、パロ・ゾンの見学と、
弓道の試合見学をして空港に向かい帰路につきました。


ブータンに来たばかりで、
旅もこれからというところで終わりなのは名残惜しかったですが、
ガイドさんにも恵まれ、とても良い旅となりました。

ティンプーとパロだけでは、本当のブータンはわからないかもしれませんが、
またいつか訪れたいと思わせてくれる国でした。


  • タチョラカンの吊り橋


  • オーキッドでの食事


  • チャンリミタン・スタジアム


  • 交通整理の交差点


  • メモリアル・チョルテンのマニ車


  • ターキン放牧場


  • タクツァン僧院


  • パロのメインストリート


  • オラタンホテルからの風景


  • 弓道の試合見学

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/06/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]

バンコク テーマから探す

バンコク発・幸せの国ブータン(ティンプー&パロ)☆2泊3日凝縮観光ツアー<航空券&ホテル宿泊&食事付>の参加体験談 | バンコクの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

バンコク発・幸せの国ブータン(ティンプー&パロ)☆2泊3日凝縮観光ツアー<航空券&ホテル宿泊&食事付>の参加体験談 | しあわせの国、ブータン。はたしてなぜそう呼ばれるのか?ブータンツアーで、ご自身で体験しにでかけてみませんか?西ブータン2大都市ティンプーとパロへ訪れブータンの人々に触れる、そんな3日間をお届けします。