カオヤイの自然と文化を一度に楽しめる

投稿者: だのん, 2016/11/27

日本語ガイド1名、英語ガイド1名でした。ツアー中の説明は基本的に英語ガイドでしたが、朝市やトレッキングなど十分に楽しめました。
昼食はソムタムや空芯菜炒めを自分たちで作りました。その他の料理もとてもおいしかったです。ガイドさんが朝市で買ってくれたマンゴスチンなどのフルーツもサービスしてくれました。
象乗りも、アユタヤやバンコク市内と違って本当に自然の中の川を歩くので、雨季で水量が増していて少し怖かったですが楽しかったです。滝も雨季のため大迫力でした。

帰りにガイドさんがバンコク市内のレストランに連れて行ってくれました。1人300バーツくらいと聞いていたのですが、色々と頼んだら1000バーツに…。料理を頼む時にすべて任せきりにしてしまった私たちにも責任はありますが、地元バンドのライブを見ながら珍しいタイ料理も食べられたので、まぁまぁ満足です。




評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/09/10
この体験談は参考になりましたか? [はい]

バンコクの街並みに飽きたらココ!!

投稿者: YUME ICHINOSE , 2016/11/25

バンコク内の有名なお寺や水上マーケット、アユタヤなども全て行き尽くして、次にどこに行こうかな?と考えていた時に出会ったのがこのツアーでした。

タイの自然を満喫できるプランに魅力を感じ
申し込んでみましたが大正解でした。


朝の出発は他のツアーより早めですが、
到着まで時間があるのでマイクロバスの中で
しっかり眠れます。

まずは市場でお買い物。
他の参加者様のレビューに迷わず、即決が鉄則と
書いてあったので、挑戦してみたかったカエルと
旬のフルーツを即買い。
カエルは昼食時に唐揚げにして頂きましたが
美味しかったです!買って正解でした。

また場所を移動して今度は牛車乗りへ。
日焼け対策に無料でタイの農業帽のようなものを
貸してもらえました。雰囲気が味わえてよかったです。

終了後は乗せてくれた牛さんにお礼にバナナをあげたり、その写真を撮ったりと十分楽しめました。

お昼ご飯はソムタムと空芯菜炒めを
実際に自分たちで作って見るスタイル。
食べたことはあっても作ったことはなかったので
良い経験。撮影タイムもありました。

そしてここからは大変な
滝までのトレッキングと象乗り。

乾季に入り、滝までの道のりも
ジャングルの木の下で日陰なので幾分か涼しいのですが、滝までに急な200段以上の階段が…
日頃運動を怠けている私には一苦労で
帰って来た時には足が生まれたての子鹿のように
フルフルとしておりました。笑
でも虫や木々など日本にはない姿形のものが観れて
とても楽しかったです。

象乗りも既に何回か体験していましたが
ここの象乗りが1番よかったです。
約30分間、雰囲気のある木々の下、川の中を
象さんがゆっくり、ゆっくり進んでくれます。
ここでは頭の上に座らせてくれるので
アユタヤなどで象乗りはしたことがある方でも
きっと新しい体験をできると思います。

帰り道は生憎、大渋滞で到着は遅くなってしまいましたが、満足の出来る旅でした。

ガイドさんも気さくな方で良かったです。

車に乗る時間がかなり長いので
不安な方は酔い止めなど持っておくと
安心かと思います。




評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/11/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

充実の一日

投稿者: manomanomanoa, 2016/11/24

世界自然遺産を満喫、とモニターツアー、に誘われトレッキング好きな友達と2人で参加。

カオヤイまでは距離があり、帰りの渋滞も考慮し、渋滞している場合はBTS駅近くで降車することを事前にお願いしました。

まずは材料調達も含め(?)市場に行きましたが、服が汚れないように気を使わなければならないほど市場の通路が狭かったです、が、ガイドさんが揚げバナナやお米のお菓子を買ってくださりとても美味しかったです。

次に田舎道を牛に引かれながら素晴らしい景色とのんびりとした時間が過ごせました。

その後、昼食の場所まで移動、調理体験もカメラに収め、暑さもあってビールでもと思いましたがこのあとトレッキング、それもジャングルで、が控えているので体力を考えると我慢しなければならなかったのが残念でした(笑)

国立公園ではトレッキングよりはかなりハードな段差の激しい階段が続き、下を見るのも怖いほど降りるのが大変でしたが、雨季が終わったばかりとあって滝の水量はMAXで迫力満点!時折浴びる水しぶきが心地よかったです。
但し、降りたら上る、は当然ですが段差がきつい為何度も休みながら、心臓バクバク言いながら上ったあとに用意された冷たいお絞りとお水が嬉しく大自然を満喫できました。

最後の象乗りですが川にジャブジャブと入ったり鼻で水しぶきを上げたり、途中から象の頭に乗れただけではなく象から降りた後もエサやりや象の鼻や顔に何度も触らせてもらい写真も沢山撮っていただき、山からの帰りには野生のサルをたくさん見かけ、一生の良い思い出になる最高の一日でした。

ただ、帰りの渋滞が予想以上に激しく駅近く、とお願いした降車は他のお客様の都合もあってか7~8分歩く距離のところで下ろされました。
土地勘があったので駅まではすんなり行けましたが初めての方は迷うことがあるかもしれません。


  • 調理


  • クウシンサイ


  • 急な階段



  • 野生サル


  • 野生サル


  • 象乗り


  • 象さん


  • 象さんエサやり(キュウリ 20B)

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/11/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

カオヤイの自然をぎゅっと楽しめるツアーです

投稿者: なかわか, 2016/11/20

カオヤイ国立公園までは車でダイレクトに向かっても2時間近くはかかりますが、このツアーでは行く道々楽しいコンテンツがあるので到着する前に飽きてしまうということはありません!まずはローカルな朝市に寄り、魚や果物、日本の市場ではあまり見かけない食材も観る事が出来ます。お店のおばさんおススメのフルーツ、味がライチに似ていて甘くておいしいロンガンをたった25バーツでたっぷり買うことが出来ました。
次に立ち寄ったのは田舎の田園風景が素晴らしい、牛車に乗れるポイント。まるでタイの農家の人になったように藁のような草でできた帽子をかぶってゆったりと牛車に揺られながら散歩ができます。
お昼はタイでは有名なソムタム(青パパイヤのサラダ)づくりを体験しながら、タイローカルの食事を楽しむことが出来ました。
ツアーのメインであるカオヤイに着くと、タイ屈指の国立公園だけあって壮大な自然に圧倒されました。トレッキングする道々、鹿や猿と会い、タイでは最大級の滝を見ることもできました。森の中には蝶々もたくさんいたのですが、中には人を怖がらずに腕に止まってくるものもいました。
ゾウのトレッキングでは森の中をおとなしい像さんに揺られながら森や川にも入りながら進んでいきます。ゾウの背中に固定された腰掛部分ではなく、直接ゾウの背中にも乗せてもらい、気分はゾウ使い。ゾウ使いのおじさんがその姿をたくさん写真に撮ってくれました。
ガイドさんの説明は英語が苦手な私でも分かりやすく、1日たっぷりと楽しむことが出来、タイ旅行での1番の思い出となりました。


  • 牛車に乗って散歩


  • タイでの定番料理、ソムタム作り体験


  • 国立公園には蝶々が至る所に


  • ゾウの背中に乗ってトレッキング


  • 国立公園の中の雄大な滝

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/10/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

象乗り

投稿者: 熊川小綾花, 2016/11/10

日時:2016年9月28日
天気:晴れ時々スコール
参加者:私、私の友達、日本人の女性、アメリカ人男性
インストラクター:英語の話せるインストラクター2人、運転手1人

七時半に迎えの車が来ると言っていましたが、少し遅かったです。が、ホテルに電話を入れてくれたりと、別に嫌な気はしませんでした。

迎えに来てくれた後は、車に乗ってまず、1日の説明。英語でしたが、上手で、ゆっくりで、わかりやすく、特にコミュニケーションをとることに苦労はしませんでした。

トイレ休憩にはじめに行きました。タイはどこにでもセブンイレブンがあるので、朝ごはんはトイレ休憩でおりたところのセブンイレブンでチキンパイを買って食べました。トイレは、もちろん紙無しです。ティッシュとウェットティッシュは必須です。

その後に市場に行きました。カエルが売られていたので、生きているのを見たあと、料理されているのを食べました。同じツアーの3人に引かれました。

その後、牛車にのりました。のどかな田園風景を見れて、貴重な経験ができました。結構がたがたしてました。おじさんがすごく可愛くて、言葉何も通じないけど、何となく仲良くなりました笑

その後、ご飯を食べました。パパイヤサラダや空心菜炒めをつくる体験をさせてもらいました。空心菜炒めはとにかく火がすごくておもしろかったです。全部美味しかったですが、量がすごく多かったです。

次に滝を見に行きました。この時ちょうどスコールがきて、滑りそうでした。いつでも傘は必須です。ただ、ツアーの方が雨具を用意してくれていたのですごく助かりました!滝はとにかく大きかったです!

最後に、象に乗りました!イスにも首にも乗れて、川にも入れて、アユタヤで見た象乗りより全然楽しかったと思います!

帰りは結構な時間、少なくとも3時間は車に乗ってました。バンコクは特に中心部に行くと夕方はすごく渋滞するので、BTSのどこかの駅の近くでおろしてもらい、ホテルの最寄りまでの切符を買ってもらい、解散になりました。

タイ人はみんなそうですが、とにかく優しくて、いいことしかありませんでした!!



ただ、ベルトラさんのモニターツアーの条件の表示ミスで、しなくてよかった心配をしなくてはならなかったので、少し怒っています。


ただ、パンダツアーに関してはいいところしかなく、感謝しかしていません!


  • 滝!

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/10/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

初カオヤイの五月雨

投稿者: 課長五月雨, 2016/11/09

今回は初めてのタイ旅行の友人と一緒だったので、あえてタイらしい象乗りのたっぷり出来るこのカオヤイツアーに参加しました。
はじめは市場へ。市場では様々なものがとても安価に売っておりそこでランチの食材も購入します。五月女もあまりの安さに驚いておりました。
その食材を使ったランチはフルーツ農園でツアー参加者たちとソムタムやクウシンサイの炒めを作りました。こういうツアーでは珍しくおいしいランチでした。五月女もおいしかったみたいで完食していました。
その後は牛車へ。のんびりのどかな田園をコトコト牛車に揺られて30分。忙しい日常を忘れ懐かしい気分になりました。途中五月女にも手綱を持たせてくれて興奮しまくり。
カオヤイでは1時間ほどのトレッキングでガイドさんによるとそこは象やトラも多数生息する夜は大変危険な場所とのこと。五月女もそれらに遭遇しないかドキドキしながら途中急な階段を下って行くと目の前には豪快な滝!ガイドさんが色々なポーズ、角度から写真を撮りまくってくれました。
最後の締めくくりは象乗りです。何度か乗ったことありますが川下りをしながら30分も乗せてもらったのは初めてでした。最初はベルトをキチンとしろとかもっと後ろに乗らないと危ないとか言われましたが途中から象ガイドが降りて我々だけに。さっきの注意は何だったのだろうと思っていたら最終的には私たちにも手綱を持っていいと言ってくれ象の頭に乗ることになり五月女もこれにはビビリながらも大興奮。この適当な感じがタイらしいなあと思いました。
バンコクの定番ツアーと言えばアユタヤとかですがあえてこのツアーを選んで正解でした。英語ガイドでしたがとても親切にしてくれて楽しい体験がたくさん出来ました。ありがとうございました。


  • 牛車五月女


  • アップ五月女


  • ソムタム五月女


  • 空芯菜五月女


  • ファイヤー五月女


  • カオヤイ五月女


  • 後姿五月女


  • ジャングル五月女


  • 召使五月女

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/11/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

こんな体験初めて!!

投稿者: ゆびちゃん, 2016/10/26

2度目のカオヤイ。ツアータイトルにワクワクの思いで集合場所に。8人の日本人と1人のペルー人。日本語、英語の2人のガイドと共にツアーの説明を受けながら出発。2時間程でローカル市場に到着。野菜や果物が安い。売り子の人懐っこさに思わずニッコリ・・目を引く(身を引く)食材に・・カエル、タガメ、牛の胃袋・・思わずドッキリ。タイの庶民の生活を覗き見る事ができた。次に、牛車体験:牛車に揺られてのんびりと田園風景を満喫・・牛車の車輪から伝わる土の道凸凹振動・・これもまたゆったり感と相まって良い時間を味わう。11:30早い昼食。参加者が作ったソムタムにパックブンファイデーン。とても美味しい食事を楽しんだ。炎のパックブンファイデーン・・かなりの衝撃。そして1時間の移動でカオヤイの滝へ。トレッキングとは、ほど遠い感はあるが、よく整備された遊歩道を1km、急な階段を降りると、そこは滝壺からの飛沫のシャワー。豪快な滝とシャワーに疲れを忘れ微妙なひと時を過ごす。帰りは急な上り階段に足腰ガタガタ。ガイドさんからのおしぼりサービスに一息。最終目的地に向かう。途中、野生の猿の群れに遭遇。待望の象乗りトレッキング。我々は、(残念ながら)小象にのりトレッキングに出発。木々の枝を避けながらのトレッキング。そして、雨季で水深1m以上に増水した川に侵入、小象は鼻を水面から出し必死に歩く。苦しいのか・・うんこ・・が水面を流れていった。平地に出ると、いきなり象使いのおじさんが降りて、私を運転ポジションに誘う。象使いの気分で蔵の頭へ移動。暖かい、柔らかい。感動・・耳の後ろに足をあてがいトレッキング続行。歩を進める度に象の足底のスポンジのような柔らかい感触が伝わってくる・・・こんな体験はじめて!!おじさんはスナップ写真をたくさん撮ってくれて、楽しい時間の思い出をのこし楽しい時間をすごした。予定時間をオーバーして帰路に。渋滞が激しく途中のトイレ休憩では、軽食を済ませ21:00に帰着。片道200kmを超えるツアー。夜の予定を組まずに時間に余裕をもって参加すると良い。とても楽しかったゾー!!


  • 牛車にゆられて田園風景


  • ファイヤー:パックブンファイデーン


  • 豪快な滝


  • 鼻で息する象

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/10/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

期待以上の体験をすることができました!

投稿者: くーさん, 2016/10/16

タイといったら「象乗り」!と思っていた私にとってぴったりのツアーでした。実際に、ジャングルの中で象に乗って、川を横断し、最後には、象の「首」にも乗ってみる、というまさに非現実的なエキサイティングな体験でした。所要時間は、たしか20~30分程だったと思いますが、「こんなに長い時間象に乗ってていいの!?」と思えるくらい満足できる時間設定でした。また、現地の象使いの人が写真をたくさん撮ってくれ、思い出だけでなく写真もたくさんゲットできました。笑
象だけでなく、牛車にも乗りましたが、牧歌的な風景の中、カタカタと揺れる牛車に乗りながら、自然を体感することができ、「癒しの空間」とはまさにこれのことかと思わず思ってしまいました。

ガイドのMEIさんは日本語が堪能で、タイの文化や歴史、生活などをわかりやすく丁寧に教えてくれました。英語、タイ語ができない方も安心して参加できると思います。

参加を迷っている方、迷っているならば参加してみて下さい。きっと素晴らしい経験ができると自信を持ってお伝えできます。


  • 象乗り


  • 牛舎に引かれて。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/09/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

日本的な観光名所巡りが好きな方にはおすすめかもしれない

投稿者: ちずお, 2016/10/15

象が乗りたかったのと、ジャングルの動物や植物に出会いたくて家族3人で参加しました。結果として、象乗りは書いてあるとおりでしたがジャングルでのトレッキングと専門的なガイドはありませんでした。国立公園の自然を紹介しながら進むツアーというよりは、観光名所を点で回るイメージです。エコツアーに慣れている人には物足りないと思いますが、日本のバスツアーに慣れている人には抵抗がないかと思います。

まずツアーは車で1時間くらいのマーケットへ行きます。英語のガイドさんに連れられて現地の野菜や果物、生きた亀にカエルといった普段我々が口にしない生き物も含めて見ることができます。次にまた車で1時間くらいかけ、牛車のいる畑へ行きます。ここでは5人ずつぐらいで牛車に乗って20分くらい農道をゴトゴトと周ります。途中では牛使いのおじさんが不思議な形の鳥の巣や紫のお米の房を見せながらこの辺りの自然を説明してくれます。そしてまた車で少し行ったところでお昼です。バナナの葉に包まれたチャーハンにカエルのから揚げなど、現地のメニューがいただけます。フルーツもおいしかった。その後また車で1時間くらい離れた滝スポットに移動します。階段の傾斜が60度ほどと急で大変だった割に、茶色い水の滝しかなくがっかりでした。もっとこの土地の自然の説明があると良かったです。

そして最後は待望の象乗りです。これも行くまでにさらに1時間ほどかかりました。私の家族は他のグループより体重が軽かったためか、一番小さな象に案内されました。他の2頭の象よりも二回りくらい小さく、大丈夫だろうかと心配しましたが、後日日本の動物園に行ったところ、大人の象がこの象よりも小さかったので小さくはないことがわかりました。しかし、ちょうど雨季だったために川の水が増水しており、象の顔の半分くらいまで水に浸かってしまうほどでした。そのためか、最初に象は川に入るのを鳴いて嫌がり、迂回しようとしたのですが、象使いが鎌のような刃物で象の耳を何度も刺して無理やり川に連れて行かれました。象はただ危険だから嫌がっているだけなのに、暴力で強要される姿を見るのはショックでした。象乗り後の餌タイムでは象が口に直接かぼちゃを入れさせてくれたり、ハグをさせてくれたりと、親しみに溢れた対応をしてくれただけに、我々が乗ったせいであのような目に遭わせてしまったことがとても残念でした。

日本語ガイドのメイさんと現地語だけを話す運転手さんはとても親切でした。両親が心配である旨を伝えるとこまめにトイレタイムを取っていただいたり、滝から戻ってきた後にポンチョを回収していただいたり、冷たいおしぼりとお水を出していただいたり、とにかくとても良くしてくれました。
課題と感じたのは英語ガイドのサムさんの対応です。このガイドさんは専門的な説明をしてくれるという位置づけでした。今回の参加者は9人のツアーで8人が日本人、1人が白人女性でした。しかし、この英語ガイドはほとんどの時間1人の白人女性に付きっきりで説明を行い、他の参加者を顧みずどんどん先に進んで行ってしまい、英語が不自由だと思われた人はほとんど何の説明もしてもらえませんでした。ツアーの途中でアクシデントがあり、メイさんが途中で離脱した後の帰りの道中3時間の間、トイレ休憩が一度もなく、挙句の果てには私のグループだけ途中で駅から電車で帰るようにと言われました。文句を言って結局は送ってもらいましたが、なぜか私たちだけ送迎に対してチップを支払うように言われました。




評価:
利用形態:家族
参加日:2016/10/09
この体験談は参考になりましたか? [はい]

タイでの貴重な体験

投稿者: OJI, 2016/10/09

世界自然遺産「カオヤイ国立公園」+象乗り本格トレッキングツアーは、時間は長く朝の早いツアーではあるが、通り一片の旅行では経験できない貴重な体験ができるツアーであった。

1時間ほどのドライブの後のローカルマーケット見学は、個人ではなかなか入りにくい場所をガイドが先導、珍しい食材を手に取り説明してくれるので地元の方の食文化もよくわかり興味深い経験となった。次の牛車体験は、ゆらゆらと揺られながらのんびりと牛が進むなか、傍らの田園では稲刈りを大型耕運機が音を立てて行っているというコントラストが面白い。

ランチはソムタム作りの経験もでき、オーソドックスなタイ料理を楽しめるが、川魚は生臭く、また料理は全般にレストランのものとは違い、人によっては評価が分かれるところ。参加される方はあまり期待しない方が無難かと思われる。

ランチの後は、メインイベントのひとつカオヤイ国立公園のトレッキング。滝を目指し急な階段をぐんぐん下るが帰りのことを考えると若干気が重くなる。ようやく着いた滝は苦労して来たかいがあったと思わせるには十分。アドバイスとして、大汗をかくのは必至のためTシャツの替えを持っていくことをお勧めする。

最後はエレファントトレッキング。前日の雨のため川へ入ることはできなかったが、途中で調教師と代わり象の首に直接座る経験ができた。頭に毛がちょぼちょぼと生えている象は暖かく、直接触れることで生き物であることを実感、この経験はやってみないとわからない。

長時間かつ盛沢山のツアーであり、十分満足のいくものであったが、希望を上げるとガイドの英語と適切な情報提供。ガイドの方はホスピタリティーはあったが、もう少し英語を話せるガイドであれば説明(量)も多く満足度も上がったのではないであろうか。また、始めに日程変更についての情報がなく参加者は途中戸惑っていた(昼食の時間が13時から11時半に変更)

最後の最後に、バンコク市内の渋滞は尋常ではない。渋滞にはまったと思ったらホテルのロビーはあきらめ反対側の道路であっても下してもらう、BTSの最寄り駅で下してもらい自身で帰るという選択の方が、(旅行は限られた時間でもあり)時間の節約ならびに精神衛生上良いと思う。




評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/09/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

バンコク テーマから探す

世界自然遺産「カオヤイ国立公園」+象乗り本格トレッキングツアー☆タイのジャングルをたっぷり満喫!<終日/英語ガイド(4名以上日本語ガイド)/昼食付>の参加体験談 | バンコクの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

世界自然遺産「カオヤイ国立公園」+象乗り本格トレッキングツアー☆タイのジャングルをたっぷり満喫!<終日/英語ガイド(4名以上日本語ガイド)/昼食付>の参加体験談 | バンコク郊外にある世界自然遺産「カオヤイ国立公園」を訪ねます。朝市見学から始まり、牛車に乗ったり、カオヤイ国立公園のトレッキングなど、1日たっぷりと自然を満喫!!そしてツアーの目玉象乗りinジャングルをお楽しみに♪予約はコチラ