フィラデルフィアは、アメリカ独立宣言が執り行われた場所。世界遺産の独立記念館(インデペンデンス・ホール)や、アメリカの独立を知らせる際に鳴り響いた自由の鐘などがあります。また、フィラデルフィアは映画「ロッキー」の舞台でもあります。ロッキーが駆け上がるフィラデルフィア美術館の正面階段は、人気の観光スポットになっています。このほか、松井秀喜選手のホームランバットも展示されている「アメリカ野球殿堂博物館」や、自給自足の素朴な生活を続けるアーミッシュ村なども必見。「ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー」誌で「今、もっとも熱い観光都市」のひとつに選ばれたフィラデルフィアを訪れてみませんか?
8アクティビティ
1/1ページ
  1. アメリカの歴史が垣間見えるフィラデルフィアの街や行政に深く関わるワシントンD.C.、そして現代科学の恩恵を受けずに自給自足の生活を営むアーミッシュの村をバスでまわる充実の宿泊ツアーです。
    日本語対応あり
    食事付き

    USD320.00

    セット割
    水, 土
    2日 (午前)
  2. ニュージャージ州からペンシルベニア州を抜けて一路フィラデルフィアを目指します。様々な歴史が刻まれてきたフィラデルフィア。そして古くから伝わる暮らしを守り続けるアーミッシュの人々の村を垣間見てみませんか?ひとり旅におすすめのツアーです。
    日本語対応あり

    USD152.10

    10%
    OFF
    早割
    月, 水, 土
    12.5 ~ 13.5時間 (午前)
  3. ニューヨーク発、日帰りでフィラデルフィアへ。近代文明と距離を置くアーミッシュの人々の生活に、自由の鐘など見所満載のフィラデルフィア市内観光!日本語ガイド付き充実日帰りツアーです。観光列車アムトラックからの車窓の景色もお楽しみください。
    日本語対応あり

    USD315.00

    月, 水, 木, 土
    12.5 ~ 13時間 (午前)
  4. ニューヨークからナイアガラ、ワシントンD.C.、フィラデルフィアを訪れる4日間の欲張りツアー!ナイアガラ滝で大自然を感じ、ワシントンD.C.ではアメリカの行政中枢核を見学。フィラデルフィアでは古きよきアメリカを感じることができます。
    日本語対応あり
    食事付き

    USD673.00

    月, 木, 土
    4日 (午前)
  5. ニューヨーク発アムトラックで行くフィラデルフィアへの日帰り観光です。午前中はインディペンデンス・ホールやリバティベル・パビリオンなどの名所観光。午後はフィラデルフィア美術館またはバーンズ美術館で2時間たっぷりアート鑑賞をお楽しみください。
    日本語対応あり

    USD255.00

    水, 木, 土
    11 ~ 11.5時間 (午前)
  6. ニュージャージ州からペンシルベニア州を抜けてフィラデルフィアへ。様々な歴史が刻まれてきたフィラデルフィアと古くから伝わる暮らしを守り続けるアーミッシュの村を訪問します。ひとり旅にもおすすめ!世界各国からの旅行者との旅をお楽しみください。

    USD152.10

    10%
    OFF
    早割
    月, 水, 土
    12.5 ~ 13.5時間 (午前)
  7. ニューヨーク・マンハッタンのご宿泊ホテルからドアtoドアで行くフィラデルフィア貸切ツアー。日本人ガイドが同行(またはフィラデルフィアより合流)します。1~5名様のグループに対応。独立記念館、自由の鐘などをご自分のペースで観光できます。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD1,881.00

    5%
    OFF
    早割
    毎日
    12時間 (午前)
  8. アメリカの歴史が垣間見えるフィラデルフィアの街や行政に深く関わるワシントンDC、そして現代科学の恩恵を受けず、自給自足の生活をするアミッシュ村をまわる宿泊ツアー。たくさんの観光名所を回れるのはツアーならではです。
    食事付き

    USD320.00

    水, 土
    2日 (午前)

ニューヨーク テーマから探す

ニューヨーク発 フィラデルフィア (近郊観光ツアー) | ニューヨークの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

フィラデルフィアは、アメリカ独立宣言が執り行われた場所。世界遺産の独立記念館(インデペンデンス・ホール)や、アメリカの独立を知らせる際に鳴り響いた自由の鐘などがあります。また、フィラデルフィアは映画「ロッキー」の舞台でもあります。ロッキーが駆け上がるフィラデルフィア美術館の正面階段は、人気の観光スポットになっています。このほか、松井秀喜選手のホームランバットも展示されている「アメリカ野球殿堂博物館」や、自給自足の素朴な生活を続けるアーミッシュ村なども必見。「ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー」誌で「今、もっとも熱い観光都市」のひとつに選ばれたフィラデルフィアを訪れてみませんか?