モンテ・ナポレオーネ通り (観光情報) (観光情報) | ミラノ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
モンテ・ナポレオーネ通り
3.97
ドゥオーモから徒歩およそ10分、地下鉄に乗ればひと駅のところに、モンテ・ナポレオーネ通りはあります。ここは、常に世界のファッション界をリードするミラノの中でも、ファッション発信地とでも呼ぶべき場所になります。こちらの通りには、日本で言うところの、東京の銀座のように、「ブランドの街」という雰囲気が漂っています。ここでは、イタリアを代表するブランドの商品を取り扱うショップが軒を連ね、有名なファッション雑誌で発表された新作が、すぐに店頭へと並びます。
歴史
かつて骨董品屋の多い通りとして知られていましたこの通りは元々はモンテという名前でしたが、19世紀にナポレオンを称えて今のモンテナポレオンとい名称に変更になりました。第二次大戦でミラノは連合国による空爆を受け、多くの建物が破壊されました。その後、有力な商店がこの通りに移転してきて、そして今に至ります。

見どころ
こちらは、プラダやグッチ、ドルチェ&ガッバーナ、フェンディ、エトロ、フェラガモ、ジョルジオ・アルマーニなどのブランド品に目が無い人にとって、一日あっても、見飽きることのない場所と言って良いでしょう。 「ミラノ・コレクション」で新作が発表されたかと思うと、もう店頭へ並んでいます。 また、この場所でしか買えない、限定アイテムも数多く存在します。 そして、それらの最新ファッションを身にまとった、美しいイタリア人女性が、さっそうと歩いている姿に、道行く男性は、誰もが目を奪われるような場所でもあります。

モンテ・ナポレオーネ通りの新着体験談

オープンデッキバス最高!

2019/07/08 小さなお子様連れ nagaくーらん

とにかく気持ちが良いです。
太陽と風、見晴らしの良いオープンデッキから見る、見ラノ。
石造りの重みのある街並み、路面電車、イタリア・フランス・ドイツなどの
欧州車と日本車の共演って感じです。ヨーロッパの都市でも美しい街でした。

4ルート乗り放題♪

2019/06/26 ひとりで Yuko

以前、最後の晩餐を鑑賞したので、今回はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の外観をバスから。中の見学シーンを思い出しました。
サッカーファンではない私はこのバスに乗らなかったスタジアムは見れなかったでしょう・・・。空き時間に主要な場所を... 続きを読む

閉じる

赤・青・緑・黄の4ラインがあり、楽しめました。しかしバウチャー発券に問題あり。事前予約のメリットを感じませんでした。

2019/05/03 カップル・夫婦 Hop-on Hop-offバス好き

Hop-on Hop-off観光バスは、シンガポール、香港、バルセロナ、ローマと各都市の観光で利用し、今回はミラノで48時間パスを予約しました。
町の観光スポットを眺めの良い二階建てバスで日本語音声を聞きながら、巡ることができました。
... 続きを読む

閉じる

初ミラノ

2019/03/26 ひとりで ヨーロッパ大好き♪

初めてのミラノ旅行だったので、48時間パスを購入し印刷したvoucherをバスガイドさんへ渡しましたが、「48時間と書かれていないし、料金をいくら払ったかも記載が無いので、2日分のパスを発行出来ない」と最初、乗ったときに言われました。
... 続きを読む

閉じる

いろいろ回れてよかったです。

2019/01/22 カップル・夫婦 にっしー

良い点
1月で寒い季節だったので2階建てバスで前に風除けがついていて天気も良くてよかったです。効率よくガイドイヤホンでみることができました。ドウオモで降りて散策しました。

悪い点
赤いホップバス以外にも2階建てバス会社あり、中央駅... 続きを読む

閉じる

母と一緒に

2015/12/25 家族 パスタ大好きボーノ

このタイプの赤いバスは、各国の観光地で乗り慣れているので、日本語のイヤホンガイドもありますし、重宝すると考えて予約をしました。思った通り観光地をめぐってくれるよいルートでした。ただ、ルートを回って入れる時間が朝10時頃から夕方17時頃でした... 続きを読む

閉じる
モンテ・ナポレオーネ通り (観光情報) (観光情報) | ミラノ観光 VELTRA(ベルトラ)
ドゥオーモから徒歩およそ10分、地下鉄に乗ればひと駅のところに、モンテ・ナポレオーネ通りはあります。ここは、常に世界のファッション界をリードするミラノの中でも、ファッション発信地とでも呼ぶべき場所になります。こちらの通りには、日本で言うところの、東京の銀座のように、「ブランドの街」という雰囲気が漂っています。ここでは、イタリアを代表するブランドの商品を取り扱うショップが軒を連ね、有名なファッション雑誌で発表された新作が、すぐに店頭へと並びます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜