寒かったです

投稿者: Kaz, 2017/05/22

出張の合間に、一人で参加しました。4月の下旬ですが、雨が降っており、現地の気温も3℃しかありませんでした。
屋外を歩く時間が長いので、防寒対策が不可欠です。
ガイドの女性は、日本語が非常にうまくて、よく理解できました。
アウシビッツの煉瓦創りの建物は、意外としっかりした建物なので、びっくりしました。一方のビルケナウは掘立小屋。同じ強制収容所でも全く構造が違うことにびっくりしました。
色々と考えさせられるものが多かったですが、参加してよかったです。
ガイドさんに私一人だけでの参加でした。
現地で昼食を食べることになるのですが、軽食のキオスクのような店があるだけなので、持参しても良いかもしれません。




評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/04/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴重な体験(日本人ガイド・専用車利用・家族連れ)

投稿者: 匿名希望, 2017/04/19

クラクフ出発直前に0800集合であった時間が1145集合に変更になりましたが、朝バタバタとすることなく準備ができ、また、希望していた日本人ガイドである中谷氏に案内をしていただくことができ、非常に貴重な経験ができました。
8歳と3歳の子供連れでの見学(博物館見学の推奨年齢は14歳以上ということも事前に承知していました)でしたが、空気を察したのか、度を越してさわぐこともなく、また中谷さんも上の子に簡単な質問をして飽きないように工夫してくださり助かりました。また、他のグループと一緒でしたが、全体で小さなグループでしたので、些細な質問も聞くことができました。
全て自分で手配する見学よりは費用は当然高くなりますが、金額以上の価値があると思います。


評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2017/04/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

人が多い!

投稿者: Meaw, 2017/04/03

2017年3月11日、父親たっての希望で参加しました。オフシーズンということで参加者は私たち二人だけ。しかし着いてみたら、ものすごい人が入場待ちをしてたので、ツアーに申し込んで良かったと思いました。アウシュヴィッツの感想は言葉にはしづらいです。最初から公開するつもりがあったかのように数多くの資料が残されていてシステマティックでそれに驚かされました。戦争時の空気感とは一体どういうものだったのか?過去に見た映像で米軍兵士が洞穴に隠れる沖縄市民に火炎放射器を向けてる姿にとても衝撃を受けた記憶があります。そういったことが出来てしまうのが戦争という雰囲気なんだと思います。人が他人を同じ人間として見れなくなる条件、際とは何なのか、人生の命題です。ガイドのSさんは4ヶ国語を話す知的でとても素敵な女性でした。陰鬱な気持ちになった場所ですが、Sさんの柔らかな笑顔が救いでした。

評価:
利用形態:家族
参加日:2017/03/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

勉強になりました

投稿者: Takezo, 2017/03/30

中谷さんの引率でしたが、単なる歴史の説明に終わらず、哲学的な視点からの説明も含まれ、大変勉強になりました。いい意味で人間性を考えさせられ、忘れられないツアーになりました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2017/03/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アウシュヴィッツ~ビルケナウ体験記20170114

投稿者: 林 翔太朗, 2017/01/14

2016年12月21日にアウシュヴィッツとビルケナウの強制収容所を見学させて頂きました。

宿泊したホテルはクラクフ市内でした。
今回はガイドさんの同行をお願いしていたので、ガイドさんがわざわざホテルまで迎えに来てくれました。
案内されるがままにクラクフ市内からクラクフ駅まで徒歩10分、クラクフ駅から出ているバスに乗車して約1時間半で到着。
アウシュヴィッツには、A4サイズ以上のバッグや手荷物は預けなければいけません。
ビルケナウは関係なく入れます。
そして、注意すべきなのはユーロが使えず、ポーランド通貨を求められる事が多いです。換金所もあるので、現地で換金も可能です。

アウシュヴィッツ内は写真はオッケーな場所が多いですがフラッシュは禁止されているので十分に気を付けて下さい。
また、一部撮影禁止エリアもあるので、その辺りも気を付けて下さい。

ビルケナウは程近くですが、広大な敷地なので急ぎ足で回る事をお勧めします。

見学終了後はまたバスに乗ってクラクフ駅まで戻ります。帰りの高速道路はお勤めの方の帰宅ラッシュと被るので、道が混みます。

予め歴史も勉強していくと、現地での感じ方も深いものがあると思います。

冬ははとても寒いのでくれぐれも防寒をして行った方が良いです。

皆様の参考になれば幸いです。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/12/22
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

二日目の見学

投稿者: 日帰り見学ツアー参加者, 2017/01/03

実は私は二日続けて、アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所を見学しました。ホテルから現地までの往復は、前日のポーランド人女性ガイドがアシストしてくれました。現地では、(著名な)日本人ガイドさんに施設を案内してもらいました。一日目は、施設の概要を学ぶことに重点を置きましたが、二日目は「日本人がアウシュヴィッツにどのように向き合うのか」というテーマについて、いろいろとお話をうかがうことができました。私にとっては、学ぶところの多い貴重な体験になりました。混乱と不安が増大する現代社会において、アウシュヴィッツの意味を問い直すことは、とても大切なことだと痛感させられました。


  • 銃殺の場所

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/11/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所見学

投稿者: 日帰り見学ツアー参加者, 2017/01/03

狂気の極北、アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所を訪問しました。それまで映画や文学作品を通じて知っていた場所でしたが、やはり現地から受けた衝撃は大きなものでした。
ポーランドの現地のスタッフは、日本語が堪能なポーランド人女性で、安心してガイドをお願いすることができました。彼女は日本留学の体験もあり、ポーランドと日本の比較文化の話など、興味深いテーマで会話をすることができました。オプションで専用車を予約しておいたおかげで、往復の時間を無駄にすることなく、施設全体を見学できました。クラクフ市内のホテルに宿泊していたので、見学時間を入れて往復6時間のコースになりました。
近年、入場者のセキュリティチェックが厳しくなっていることや、入場者数も増加していることなどから、現地に不慣れな観光客は、専門のガイドと一緒に見学した方が安心です。
日本に帰国してから、さらにアウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所に関する資料を読んでいます。


  • ARBEIT MACHT FREI

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/11/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アウシュビッツ

投稿者: miyuki.u, 2017/01/02

中学1年の娘と職場の同僚と参加しました。博物館自体は14歳未満は勧めないとありましたが、同行しました。私自身、本、映画やテレビのドキュメンタリーで多少知っているつもりが、やはりその場へ行って感じるものは違いました。博物館はポーランド語と英語で解説されていますが、やはり日本語通訳の方が同行してもらった方がとても分かりやすく理解を深めることができ良かったです。ホテルロビーに迎えに来てもらい車で案内してもらうことにして、本当に良かったと思いました。


  • ヨーロッパ各地からアウシュビッツに来た地図


  • ビルケナウ

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/12/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

行って良かったです

投稿者: あきにょん, 2016/11/18

クラクフのホテルから現地までは日本語の堪能なポーランドの方に随行して頂きました。
聞けば日本の大学に留学経験があるとのことで、道中、ポーランドの観光地や食べ物の
話題などいろいろとお話することができ、退屈しませんでした。

現地では中谷さんにご案内・ご説明して頂きました。
当日は参加者がたまたま私一人だったため、いろいろと質問などさせて頂くことができました。
本当に行って良かったと思います。




評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/09/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

勉強になりました

投稿者: Y.M, 2016/11/14

ポーランド・クラクフを拠点に観光されるのであれば、ぜひ訪れていただきたい場所のひとつです。プライベートガイドで仔細に説明いただき大変勉強になりました。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/08/21
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

エリアからツアーを探す

【プライベートツアー】アウシュヴィッツ強制収容所 日帰り見学ツアー<アシスタント貸切/日本語/クラクフ発>の参加体験談 | ポーランド(クラクフ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

【プライベートツアー】アウシュヴィッツ強制収容所 日帰り見学ツアー<アシスタント貸切/日本語/クラクフ発>の参加体験談 | 第二次世界大戦中、ある者は即座に殺され、ある者は過酷な労働に従事させられた末に殺された。その数のべ110万人以上。アウシュヴィッツ&ビルケナウ強制収容所を訪れるプライベートツアー。