ナイトツアー(クロウサギ) | 奄美大島・奄美群島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
ナイトツアー(クロウサギ)
4.55
奄美大島が世界遺産に!2021年5月10日、国際自然保護連合(IUCN)より、奄美大島を含め、徳之島、沖縄島北部および西表島を世界自然遺産に登録する動きがありました。その後、7月26日には世界自然遺産として正式に決定されました。美しい自然環境が広がる鹿児島県の奄美大島は、特別天然記念物のアマミノクロウサギ(黒うさぎ)や奄美の固有種など、野生動物たちが生息しています。動物たちが活発に動き出す夜の森へ繰り出し、自然界で生きるありのままの姿を観察できるナイトツアーは大人気。また、青く発光するキイロスジボタルに出会えるツアーは天候次第で満天の星空と蛍の光が織り成す幻想的な世界が楽しめるチャンスも。動物園では感じることのできない夜だけの楽しみ方を奄美を知り尽くしたガイドが夜の森へとご案内。一人参加も可能なツアーや送迎付きツアーもあるので気軽に奄美の夜をお楽しみいただけます。ツアー当日は動物との出会いや星空を満喫しましょう!また、観光省では、希少動物の交通事故などの防止を目的に、ナイトツアー利用時のルール導入を目指しています。ガイド付きのツアーに参加することで、貴重な動物たちの生態系を守る一歩に!

奄美大島・奄美群島人気アクティビティランキング

ナイトツアー(クロウサギ)の新着体験談

スタッフの方々がとても親切でした!

2021/09/14 友達・同僚 るんちゃん

最終受付時間に遅刻してしまいましたが、快く受け入れてくださりました。
マングローブのカヌーはマングローブを始めて見たので一番感動しましたし、その後のナイトツアーでもクロウサギやカエルなど珍しい生き物が見られて興奮しました。
帰り道にこれ... 続きを読む

閉じる

ナイトツアーならぬドライビング

2021/09/12 友達・同僚 うさぎ

親戚の方に車で山道を走ってもらうといった感覚に似てました。
アマミノクロウサギは見られましたが、それ以外の動物はめっきり、、
動物が見つからないのは仕方ないかもですが、道中は、奄美大島や動物の特性を説明する等、工夫して、もう少しツアーガ... 続きを読む

閉じる

ジープから沢山の動物を見られました。

2021/09/04 ひとりで mcgeorge

サーチライトも付いたアウトドア仕様のジープでのツアーでしたので視界は申し分なく、運良く沢山の動物を見ることが出来ました。自家用車の窓から懐中電灯で探す他の同料金のツアーより絶対お勧めです。

たくさん見ることができました。

2021/08/27 家族 Yasuo

クロウサギ、カエル、野生のヤギ、野生のイノシシ、ルリカケスを見ることでできました。
時間いっぱい使ってゆっくりと回ってくれます。また、クロウサギやカエルでは車から降りてかなり近くまで見せてくれます。
(天気次第だそうですが)運よく雲が出... 続きを読む

閉じる

たくさん見ることが出来ました‼︎

2021/08/25 小さなお子様連れ あまみん

送迎付きのツアーが少なくこちらを予約しました。ウサギが見れる場所はホテルから少し離れていて、結果送迎付きにして良かったと思っています。
ウサギはとても近くで見ることができました!

ゆっくり観察

2021/08/22 カップル・夫婦 ヒロリン

ガイドさんが、ゆっくり車を走らせながら動物を探してくれ、更に特徴など詳しく説明をしてくれます。見つけると、車を止めて近くまで行って写真を撮ることが出来ます。
アマミノクロウサギや、野山羊、オットンガエル、奄美イシカワガエルなど珍しいものが... 続きを読む

閉じる

参加時の注意

服装・持ち物
できるだけ肌の露出が少ない服装(長袖、長ズボン)、滑りにくいシューズ(ヒールは不可)をご準備ください。6月~9月は蒸し暑い日や肌寒い日があるため、ウィンドブレーカーやパーカーなど、上着の準備もおすすめです。虫除けスプレーも役立ちます。また、10月~5月はかなり冷え込むこともあるため、風を通さないダウンジャケットやウィンドブレーカーがおすすめです。オペラグラスや双眼鏡があるとよく観察できます。雨天時に備え、折りたたみの傘やカッパなどがあると安心です。ツアーによっては催行会社が準備してくれるところもあるので、事前に確認しておくと安心でしょう。

アマミノクロウサギとは

概要
奄美大島と徳之島だけに生息する1属1種の固有種「アマミノクロウサギ」。1921年(大正10年)に国の天然記念物に指定され、2021年で100年を迎えました。現在、観光省レッドリスト2019では絶滅危惧IB類に分類されており、「近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの」という位置づけにあります。「ピシィーッ」という鳴き声で通信するクロウサギ。体長は約40~50cmで、全身が褐色の毛に覆われており、耳が短く、手足には鋭い爪を持っています。森林の減少や外来種の侵入、交通事故などが原因で分布域が狭まり、2003年には、奄美大島では2,000~4,800頭、徳之島では200頭前後と推定されています。この貴重なアマミノクロウサギを保護するための対策として、2004年に保護増殖事業計画が策定されました。奄美野生生物保護センターでは、生息状況を把握するためのモニタリングや繁殖生態に関する調査、交通事故防止策などに取り組んでいます。アマミノクロウサギは夜行性で強い警戒心を持っています。夜道をドライブしていて偶然遭遇することは滅多にありません。
ナイトツアー(クロウサギ) | 奄美大島・奄美群島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
奄美大島が世界遺産に!2021年5月10日、国際自然保護連合(IUCN)より、奄美大島を含め、徳之島、沖縄島北部および西表島を世界自然遺産に登録する動きがありました。その後、7月26日には世界自然遺産として正式に決定されました。美しい自然環境が広がる鹿児島県の奄美大島は、特別天然記念物のアマミノクロウサギ(黒うさぎ)や奄美の固有種など、野生動物たちが生息しています。動物たちが活発に動き出す夜の森へ繰り出し、自然界で生きるありのままの姿を観察できるナイトツアーは大人気。また、青く発光するキイロスジボタルに出会えるツアーは天候次第で満天の星空と蛍の光が織り成す幻想的な世界が楽しめるチャンスも。動物園では感じることのできない夜だけの楽しみ方を奄美を知り尽くしたガイドが夜の森へとご案内。一人参加も可能なツアーや送迎付きツアーもあるので気軽に奄美の夜をお楽しみいただけます。ツアー当日は動物との出会いや星空を満喫しましょう!また、観光省では、希少動物の交通事故などの防止を目的に、ナイトツアー利用時のルール導入を目指しています。ガイド付きのツアーに参加することで、貴重な動物たちの生態系を守る一歩に!
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜