マングローブカヌー | 奄美大島・奄美群島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
マングローブカヌー
4.55
東洋のガラパゴスと言われるほど、手つかずの自然が残っている奄美大島。そんな奄美大島で是非おすすめしたいのが『マングローブカヌーツアー』。淡水と海水が混じり合う汽水域に自生するマングローブには、たくさんの生き物たちが暮らしています。カヌーでしか近づけない場所も多く、貴重な自然や生物を間近で見られる体験は、このマングローブカヤックの最大の魅力です。3歳~ご参加でき、送迎つきのツアーもあるのでアクセスの心配も不要!レンタカーのご利用がなくても、移動に困ることなくツアーにご参加いただけます。また、二人乗りのカヌーも準備していますので、小さなお子様連れのご旅行でも気軽に参加できます。特に事前に準備するものはなく、紫外線対策ができるものや動きやすい服装、または濡れてもいい服装さえあればOK!半日のみで終わるツアーや、金作原原生林トレッキングやシュノーケリングがセットになったツアーもあるので、滞在時間やお好みに併せて奄美大島のウォーターアクティビティをたっぷりお得に楽しめますよ。マングローブ茶屋など、人気のマングローブカヌーツアーのご予約はこちらから!

奄美大島・奄美群島人気アクティビティランキング

マングローブカヌーの新着体験談

金作原トレッキング

2021/09/11 カップル・夫婦 かにゃい

森の中を楽しく散策しながら、植物について色々教えて頂きありがとうございます。8月に綺麗なランの花まで足を伸ばし案内していただき、花の色がなぜ白なのか?など楽しくガッテンみたいで良かったです。帰りはタイヤがパンクして大変でしたね。お疲れ様でし... 続きを読む

閉じる

最高の一日になりました!

2021/09/07 家族 tama

高齢の祖母と参加しました。ガイドさんがとても親切で、祖母も負担なく楽しめたそうで良かったです!
シュノーケルではウミガメも見れました!水中カメラの貸出もありましたし、更衣室なども清潔感があって良かったです!機会があればまた参加したいです(... 続きを読む

閉じる

最高の自然を堪能!

2021/09/06 カップル・夫婦 さっちん

コロナ禍でもある中、ガイドさん達の配慮もあり楽しくツアーを堪能できました!コロコロ変わる天気も魅力!

充実した1日でした。

2021/08/30 家族 ジョー

ホテル送迎だったので、朝はゆっくりできました。
午前中は金作原原生林へ行きました。
現地までの道路は悪路で自分たちで行くには難しい道でした。
そして金作原原生林内はガイドが必要なのでツアーに参加して正解でした。
金作原原生林では鳥は... 続きを読む

閉じる

マングローブカヌー+巨大豆の木と滝見学

2021/08/29 家族 キラママ

一人乗りカヌーは不安でしたが、自力で漕ぐのも想い出になると後押しして下さり、途中の強い向かい風の時は繋いで引っ張って頂きました。気配りのガイドさんです。巨大豆の木は驚きました。滝見学はどこかの観光化された滝ではなく、でもそれに匹敵する圧巻で... 続きを読む

閉じる

干潮時はカニ、満潮時はマングローブ林

2021/08/27 家族 Yasuo

干潮時に行ったので、陸に上陸しカニの観察ができました。ただしマングローブ林を通って漕ぐことは叶わず。
現地ではなくホテルの方に後で聞いたら、満潮時は人が多くカヌーが渋滞することも多々あり、初心者には干潮時がよいとのことでした。

参加時の注意

服装・持ち物
基本的に気候に合せた服装かつ、動きやすく濡れてもいい服装があれば十分です。カヌー自体、そこまで激しい運動とまではいかないですが、体を動かしているうちに汗をかいてくるので、体温調整ができる服装であればなおよいでしょう。また、強い紫外線を浴びたり、水しぶきで濡れることもあるので、水着の上から着用するラッシュガードがあると便利です。日焼け対策には帽子も有効です。風に飛ばされないよう、あご紐付きの商品やぴったりとしたサイズをご準備ください。さらに、奄美大島には本州ではなかなか見かけない吸血性の虫もいるので、季節を問わず長袖を着用するようにしましょう。デニムや綿製スウェットなどのズボンは、水を吸うと重くなり動きにくくなる上に乾きにくいため、濡れても動きやすい素材を選んでくださいね。短パンを着用する際は、レギンスなどを履くのがおすすめです。冬場、風が吹くと予想以上に冷えることもあるので、ウィンドブレーカーや雨具があると便利。靴は、かかとが固定でき、脱げにくい靴であることが重要。川周辺はぬかるみも多く、時には木の根っこの上を歩いたり、水の中に入ることも想定されます。

マングローブとは

概要
マングローブとは、熱帯・亜熱帯地域の湿地帯や干潟に生息する植物の総称です。鹿児島県奄美大島の住用エリアのマングローブはメヒルギとオヒルギで構成されています。役勝川と住用川が合流する河口域にはマングローブ原生林が71ha以上にわたって広がっており、なんとその規模は沖縄県の西表島に次ぐ大きさで、国定公園特別保護区にも指定されています。マングローブには普段出会うことのないような生き物がたくさん生息しています。そこに住む動物たちは、マングローブを形成する上でとても重要な役割を果たしており、1つの生態系の中で生きています。広大な干潟では、シオマネキ、ガザミ、ミナミコツメキガニなどの甲殻類が活動しています。干潮時に干潟が広がり、ここに生息する動物の楽園となるのです。このマングローブ原生林で、まるでジャングルに入り込んだかのような不思議な気持ちになれるカヌーツーリングでは、網目のように入り組んだ浅い水路を進んでいきます。カヌーは安定性に優れており、マングローブの流れは穏やかなので、初心者でもすぐにマスターできます。
マングローブカヌー | 奄美大島・奄美群島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
東洋のガラパゴスと言われるほど、手つかずの自然が残っている奄美大島。そんな奄美大島で是非おすすめしたいのが『マングローブカヌーツアー』。淡水と海水が混じり合う汽水域に自生するマングローブには、たくさんの生き物たちが暮らしています。カヌーでしか近づけない場所も多く、貴重な自然や生物を間近で見られる体験は、このマングローブカヤックの最大の魅力です。3歳~ご参加でき、送迎つきのツアーもあるのでアクセスの心配も不要!レンタカーのご利用がなくても、移動に困ることなくツアーにご参加いただけます。また、二人乗りのカヌーも準備していますので、小さなお子様連れのご旅行でも気軽に参加できます。特に事前に準備するものはなく、紫外線対策ができるものや動きやすい服装、または濡れてもいい服装さえあればOK!半日のみで終わるツアーや、金作原原生林トレッキングやシュノーケリングがセットになったツアーもあるので、滞在時間やお好みに併せて奄美大島のウォーターアクティビティをたっぷりお得に楽しめますよ。マングローブ茶屋など、人気のマングローブカヌーツアーのご予約はこちらから!
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜