ひめゆりの塔 | 沖縄の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
ひめゆりの塔
4.28
ひめゆりの塔は、沖縄本島の南部、糸満市にあります。那覇空港から 車(一般道)で約 30分、バスなら、「那覇バスターミナル」~「糸満バスターミナル」(約30分~40分) ~「玉泉洞」(約15分)~「ひめゆりの塔前」下車すぐ徒歩約1分です。犠牲者の名を刻んだ慰霊碑があり、その右の小さな碑が、「ひめゆりの塔」です。「塔」とは言ってもその高さは数十センチメートルで、高い建物ではありませんが、まだ戦争の爪痕が残る戦後間もない頃に建てられたことと、当時のアメリカ軍に統治されていたという背景があります。
歴史
太平洋戦争の末期、沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校生徒222人による「ひめゆり部隊」が看護要員として戦場に動員され、亡くなっていった「ひめゆり学徒隊」の慰霊塔です。最も被害を受けたのは第三外科壕の学徒隊で手榴弾などの攻撃を受け、壕にいた96名(うち教師5名・生徒46名)のうち、87名が死亡しました。その他の生き残った者も、さらに荒崎海岸に追い込まれ自決したりしました。「ひめゆり学徒隊」の犠牲者194人のうち、 128人は『解散命令』後の死者だったといわれます。

見どころ
伊原第三外科壕が実物大で再現されていて、「ひめゆりの塔」は、この壕の上に建てられています。壕の中は傾斜がきつく、この中で泥や雨、砲弾にさらされながら生活していたとは、現在の私たちからは想像を絶するものがあります。慰霊碑には献花台もありますので、お参りをする方は入り口で献花を購入することも出来ます。。十六歳から二十歳までの若い彼女たちの悲劇が、より平和であることの大切さと幸福を観光客に訴えかけています。

沖縄人気アクティビティランキング

ひめゆりの塔の新着体験談

一度は観て回りたい場所

2021/11/30 友達・同僚 マイレージ女子

那覇から南部を回る観光に最適。
日本人が忘れてはいけない南部戦跡は少々重い。
各観光地での各自見学は良く昼食はバイキングではなく選べる昼食で美味しくよかったです。
復路は空港を選択できるところも便利です。

少し物足りなかったです

2021/11/24 ひとりで しんちゃん

今回で3度目のツアー参加です。
このツアーは、とても気に入っているので、毎回参加するのが楽しみでしたが、今回は今までの中で、最も物足りなさを感じました。
特に、ツアーに同行されていたバスガイドの見習いの方には、ガッカリしました。あまりや... 続きを読む

閉じる

最終日にピッタリです。

2021/11/23 カップル・夫婦 sanasana

夫婦ふたりで最終日に参加しました。
朝もほかのツアーよりは集合時間がゆっくりで、夕方早めに空港へ送ってくださり、思いスーツケースを持つこともなく、とても楽でした。
内容も盛りだくさん、多少駆け足にはなりますが、南部観光を色々楽しめました... 続きを読む

閉じる

コンパクトにまとまったツアー

2021/11/23 ひとりで おさるん

 最終日にぴったりのツアーです。荷物を持ったまま、観光出来ます。ただ、他の方も書いていますが、時間はタイトなので、ゆっくり見学したい人には向きません。
バスは、豪華でWi-Fiがあって、充電出来ました。夕方便で帰る人が時間を有効活用するに... 続きを読む

閉じる

楽しめました

2021/11/19 ひとりで トムくん

コースも良かったですし、昼食付きで最後に空港下車というのもあって、とても助かりました。
ただ、自分が行きたかった場所の滞在時間が短かったのが、少し残念でした。
ガイドさんの説明も対応も良かったです。

ガイドさんの初々しい解説に・・・

2021/11/11 ひとりで たかさん

 ガイドの方は新人のようで、説明にたどたどしいところなどがあったものの、一生懸命・ひた向きに案内をされるので、かえって好印象でした。特に、「平和の礎」から「ひめゆりの塔」のガイドでは、バス会社の原稿なのかもしれませんが、悲惨な戦争の様子だけ... 続きを読む

閉じる
ひめゆりの塔 | 沖縄の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
ひめゆりの塔は、沖縄本島の南部、糸満市にあります。那覇空港から 車(一般道)で約 30分、バスなら、「那覇バスターミナル」~「糸満バスターミナル」(約30分~40分) ~「玉泉洞」(約15分)~「ひめゆりの塔前」下車すぐ徒歩約1分です。犠牲者の名を刻んだ慰霊碑があり、その右の小さな碑が、「ひめゆりの塔」です。「塔」とは言ってもその高さは数十センチメートルで、高い建物ではありませんが、まだ戦争の爪痕が残る戦後間もない頃に建てられたことと、当時のアメリカ軍に統治されていたという背景があります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜