「東平安名崎(ひがしへんなざき)」は沖縄県の離島で、直角三角形に見える宮古島の東南に細長く突き出した半島の先にあり、太平洋と東シナ海を一望することができる岬です。その突端には「日本の灯台50選」にも選ばれた巨大な「平安名埼灯台(へんなさきとうだい)」があります。また、その周辺は、「日本の都市公園100選」にも選定されています。宮古島の東南端から東南方向に突き出した長さ約2kmの半島で、半島状は平たんですが、海岸は断崖絶壁になっています。風が強いが多いので注意ください。
歴史
「東平安名崎」のある宮古島の東南端から東南方向に突き出した長さ約2kmの半島ですが、宮古島は約15000年前に氷河期が終わり、海面が上昇して一旦島ごと海に沈んだものの、約4000年までに隆起珊瑚によって島が出来上がったといわれています。東平安名崎も隆起珊瑚の石灰岩によってできたものです。平安名崎灯台は、1967年(昭和42年)3月27日に 設置、初点灯されました。海抜43mにあります。当初はアメリカ占領下にあった琉球政府が管理しており、東平安名埼灯台と呼ばれていましたが、1972年(昭和47年)5月15日、沖縄の本土復帰に伴い、海上保安庁が管理するようになり名称も「平安名埼灯台」に改名されました。一般に公開される参観灯台になったのは1996年(平成8年)11月からです。

見どころ
【東平安名崎】東平安名崎は宮古島でも有数の風光明媚な観光地で、国の史跡、名勝、天然記念物に指定されています。周囲は「日本の都市公園100選」にも選定されています。駐車場から灯台のまわりにかけて遊歩道が整備されていて、雄大な海と自然の景色を楽しみながら散策ができます。県の天然記念物である「天ノ梅の群生落」は年中咲いていて、春にはテッポウユリが一面に咲き乱れます。【平安名崎灯台】東平安名崎の突端にある灯台で「日本の灯台50選」のひとつに選ばれた名灯台です。太平洋から東シナ海のほぼ360度のパノラマを見渡すことができます。ぜひ一度訪れてみてください。
4アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 宮古に来たら必ず訪れたい周辺の離島もタクシーならお手軽に周れますよ!ブルーの海に架かる雄大な来間大橋、池間大橋、伊良部大橋の三大大橋を全て満喫できるツアーです。東西の岬めぐりもついた欲張りプランもあります♪
    送迎付き
    食事付き

    JPY10,000

    グループ割引
    毎日
    4 ~ 7.5時間 (午前, 午後)
  2. 2015年1月31日に開通し宮古島と伊良部島とを結ぶ伊良部大橋。ブルーの海が広がる景色を見ながら、島めぐりができるツアー。宮古島の特産品を取り揃えた"島の駅みやこ"でのお買い物もできるのんびりプランです。
    送迎付き

    JPY4,000

    グループ割引
    毎日
    4時間 (午前, 午後)
  3. 島ごとに特色の変わる宮古島周辺の離島をくまなく観光するプランです。5島を巡り各地の絶景を堪能した後は、三線ライブとともにご夕食をどうぞ!島の人たちとの触れ合いにほっこり心が満たされる、とっておきの1日をお過ごしください。
    送迎付き
    食事付き

    JPY14,000

    グループ割引
    毎日
    (午前)
  4. 東平安名崎や海宝館などをご案内する東回りコースと、西平安名崎や雪塩工場見学等をご案内する西回りコースをご用意。3時間程度のコースですので、到着日に島内を巡ったり、お帰り前にぐるっと巡って空港へ!という使い方もおすすめ♪
    送迎付き

    JPY12,000

    毎日
    (午前, 午後)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

東平安名崎/平安名崎灯台 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

「東平安名崎(ひがしへんなざき)」は沖縄県の離島で、直角三角形に見える宮古島の東南に細長く突き出した半島の先にあり、太平洋と東シナ海を一望することができる岬です。その突端には「日本の灯台50選」にも選ばれた巨大な「平安名埼灯台(へんなさきとうだい)」があります。また、その周辺は、「日本の都市公園100選」にも選定されています。宮古島の東南端から東南方向に突き出した長さ約2kmの半島で、半島状は平たんですが、海岸は断崖絶壁になっています。風が強いが多いので注意ください。