アメリカ自然史博物館 (観光情報) (観光情報) | ニューヨーク観光 VELTRA(ベルトラ)
アメリカ自然史博物館はマンハッタン区のアッパー・ウエストサイドにある科学博物館です。動植物や鉱物等の自然科学や博物学に関連する標本や資料の所蔵・公開をしています。この博物館は映画「ナイト・ミュージアム」の舞台になったことでも有名になっています。また、人類学の資料・標本の収集でも有名で、アメリカ・インディアン関連のコレクションでは他の追随を許さない量を誇っています。常設展示のみの見学ならば22ドル、特別展やIMAXシアター、プラネタリウムも見たい場合は27ドルのGeneral Admission plus Oneを購入するのがベストな選択肢となります。
歴史
設立は1869年にセントラルパーク内のアーセナル・ビルディングに置かれていましたが、同74年に現在の場所に移転しました。移転当初はネオゴシック様式の建物でしたが、1878年に南区域が増設されました。こちらはネオロマネスク様式の建物となっています。現在のセントラルパークに面したローマ風の正門は1936年に完成しました。ちなみに、これは同博物館の設立に尽力した第26代アメリカ大統領、セオドア・ルーズベルトへの顕彰碑としての側面も持ち合わせています。

見どころ
【バロサウルス骨格標本】正面入り口を入った玄関ホール内にある恐竜の全身骨格。捕食者であるアロサウルスから子供を守るために後ろ足で立ち上がった姿で展示されているのが特徴です。
【4階の古代生物展示室】恐竜進化の過程ごとに様々な恐竜の化石標本(一部蚤も含む)が展示されており、特にティラノサウルス・レックスの全身骨格は最大の見所になっています。
【ローズセンター】2000年に開業した新しい展示室で、宇宙に関連する展示物が並んでいるのが特徴です。世界最大の隕石に触れることが出来ます。また、センター内にあるヘイデン・プラネタリウムも見所の一つとなっています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ニューヨークの人気アクティビティランキング

アメリカ自然史博物館 (観光情報) | ニューヨーク観光| VELTRA(ベルトラ)

アメリカ自然史博物館はマンハッタン区のアッパー・ウエストサイドにある科学博物館です。動植物や鉱物等の自然科学や博物学に関連する標本や資料の所蔵・公開をしています。この博物館は映画「ナイト・ミュージアム」の舞台になったことでも有名になっています。また、人類学の資料・標本の収集でも有名で、アメリカ・インディアン関連のコレクションでは他の追随を許さない量を誇っています。常設展示のみの見学ならば22ドル、特別展やIMAXシアター、プラネタリウムも見たい場合は27ドルのGeneral Admission plus Oneを購入するのがベストな選択肢となります。