ウォール街 (観光情報) (観光情報) | ニューヨーク観光 VELTRA(ベルトラ)
ウォール街(Wall Street)はマンハッタンのダウンタウンにある通りであり、西はブロードウェイ(Broad Way)から東はイーストリバー(East River)に沿ったサウスストリート(South Street)を結ぶ1.1kmほどの通りです。この通りにはニューヨーク証券取引所などの金融機関があるため、「ウォール街」とは今や世界的に有名な金融地区を指す代名詞の一つになっています。
歴史
ウォール街の起源は1640年代のオランダによる統治まで遡ります。「ウォール街(Wall Street)」という名前の由来には諸説あり、一番有力な説は植民地ニューアムステルダム(現ニューヨーク)にあるオランダ西インド会社が奴隷や入植者を使ってバリケードを製作したことです。その後、この地区は奴隷市場や木材市場の場となりました。そして1792年に現在のニューヨーク証券取引所の先駆けとなる、木材の売買に関する「すずかけ協定」が定めらて、現在の金融地区の礎を築きました。19世紀には多くのビジネスがこの地で栄え、南北戦争後にはロンドンに劣らない金融地区になり、現在も金融界の中心として活躍しています。

見どころ
ウォール街沿いにはいくつかの観光スポットが存在します。金融地区ということで、ニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)はもちろん、アメリカ金融博物館(Museum of American Finance)もあります。またフェデラル・ホール(Federal Hall)もこの通りにあり、いくつかの観光地を巡ることができます。ニューヨークにはベンダーと呼ばれる屋台がいくつかあり、このウォール街にもいくつか存在します。飲み物を片手に金融界の中心を歩くのもいいかもしれません。
4アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    ロウアー・マンハッタンを中心に回るツアー!NYビギナーのお客様には、メトロやバスの乗り方もレクチャー♪かつては政治と金融の中心だったこの街は、いまでもアートやカルチャーとともに発展し続けています。日本語ガイドがしっかりご案内します。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD103.50

    グループ割引
    毎日
    3 ~ 5時間 (午前)
  2. No.2
    とにかく充実した観光スポット数。ニューヨークへ行くなら押さえておきたい2大観光エリア、マンハッタン&ハーレムとブルックリンの観光箇所をこれひとつで網羅した半日ツアー!さらに日本語ガイドの案内だから初めてのNY観光にもおすすめです。ご予約はこちら。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD280.00

    月, 火, 水, 木, 金, 土
    7時間 (午前)
  3. No.3
    日本語ガイドと地下鉄に乗ってニューヨーカー気分を味わった後は、フェリーでリバティ島を周遊。その後はグランド・ゼロの周辺観光へご案内します。ツアーはワン・ワールド・トレードセンターで解散し、展望台チケットもついてくるので存分に観光出来ます。
    日本語対応あり

    USD149.00

    (午前)
  4. 金融・経済の専門家と行くウォーキングツアー!ウォールストリートの歴史や金融危機の裏話・真実など、専門家ならではのガイドで人気スポットを巡ります♪テーマや旅程に合わせてお選びいただける午前・午後プランをご用意しております。

    USD35.00

    日, 月, 水, 金
    1.5 ~ 2.5時間 (午前, 午後)

ニューヨークの人気アクティビティランキング

ニューヨーク テーマから探す

ウォール街 (観光情報) | ニューヨーク観光| VELTRA(ベルトラ)

ウォール街(Wall Street)はマンハッタンのダウンタウンにある通りであり、西はブロードウェイ(Broad Way)から東はイーストリバー(East River)に沿ったサウスストリート(South Street)を結ぶ1.1kmほどの通りです。この通りにはニューヨーク証券取引所などの金融機関があるため、「ウォール街」とは今や世界的に有名な金融地区を指す代名詞の一つになっています。