フリックコレクション (Frick Collection) はニューヨーク市にある美術館のひとつであり、実業家のヘンリー・フリック (Henry Frick) がかつて住んでいた邸宅を使い、彼のコレクションであった美術品を展示していることからフリックコレクションと呼ばれています。規模は美術館にしては小さいですが、フリックコレクションに展示してある作品はどれも門外不出なので、ここでしか見ることのできない作品に出会うことができます。
歴史
ヘンリー・フリックは実業家として成功すると同時に、美術品の収集を始めました。
彼と彼の家族は長らくペンシルベニア州のピッツバーグに住んでいましたが、1905年に彼の美術品のコレクションと共にニューヨークに引っ越しました。フリックは1912年から1914年にかけ建築家のトマス・ヘイスティングス (Thomas Hastings) に邸宅の設計を依頼しました。1919年にヘンリー・フリックが、そして1931年に彼の妻アデレイド・フリック (Adelaid Frick) が亡くなった後、邸宅は拡張されて1935年にヘンリー・フリックの遺言通り美術館として一般公開されました。

見どころ
フリックコレクションに展示してある作品は門外不出であるため、全ての作品はここでしか見ることができません。またフリックのコレクションはどれも名画で、彼は個人収集家としては世界屈指のコレクターでした。中でもフリックコレクションでは3点のフェルメールの作品、「女と召使」、「兵士と笑う女」、「稽古の中断」を見ることができます。多くの観光客がフリックのコレクション、特にフェルメールの作品を見る為にフリックコレクションへ足を運びます。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 定番スポットから最新スポットまでを一挙にご案内!15か所の車窓観光と4カ所の下車観光、さらに自由の女神も間近で見られるクルーズ付きの1日ツアー。地上70階のトップ・オブ・ザ・ロック入場つきプランなら壮大なニューヨークの街並みを一望できます!
    日本語対応あり

    USD82.00

    毎日
    7.5時間 (午前)

ニューヨークの人気アクティビティランキング

ニューヨーク テーマから探す

フリック・コレクション (観光情報) | ニューヨーク観光| VELTRA(ベルトラ)

フリックコレクション (Frick Collection) はニューヨーク市にある美術館のひとつであり、実業家のヘンリー・フリック (Henry Frick) がかつて住んでいた邸宅を使い、彼のコレクションであった美術品を展示していることからフリックコレクションと呼ばれています。規模は美術館にしては小さいですが、フリックコレクションに展示してある作品はどれも門外不出なので、ここでしか見ることのできない作品に出会うことができます。