トリニティ教会(Trinity Church)はマンハッタン区のブロードウェイ(Broad Way)とウォール街(Wall Street)の交差する地点にあるニューヨークで最も古い教会です。現在は所狭しと摩天楼の並ぶニューヨークですが、このトリニティ教会は1698年に初めて完成された後も幾度となく改築され、現在でも利用されている教会です。ニューヨークにあるどの建築物よりも長くその歴史と共に歩んできた教会は観光地として必見です。
歴史
現在のトリニティ教会は2度の災害を経験し、現在のものは3代目となっています。初代トリニティ教会は1698年に当時ニューヨークを植民地としていたイギリスによって、イングランド国教会の教会として完成したものであり、資料によると「キャプテン・キッド」で知られる当時の海賊ウィリアム・キッド(William Kidd)が建設に関わりました。初代のデザインは現在のものとは異なり質素なものでした。その後1776年に教会はニューヨーク市の火事によって崩壊し、1790年に2代目の教会が完成しました。しかし1838年から1839年にかけ、ニューヨークは大雪に見舞わられ、2代目トリニティ教会も大きな被害を受けました。そして1846年に現在のデザインである3代目の教会がイギリス人建築家のリチャード・アップジョン(Richard Upjohn)によって建設されました。当時イギリス発祥のゴシック建築の復興運動が盛んであり、トリニティ教会もゴシック建築の要素が見られます。また完成当時はニューヨーク市内において最も高い建築物であり、教会の尖塔と十字架はニューヨークの象徴でした。

見どころ
【建築様式】ゴシック様式が施されたトリニティ教会は、今日のニューヨークにおいて最も歴史を感じることのできる場所の一つです。現在ニューヨークにある建築物のなかでもひときわ素朴さが目立つが、実際には教会は高さ85mもあり、その力強さに圧倒されます。また教会の内部はステンドグラスでデザインされた窓があり、優美さも感じられます。
【コンサート】教会内では毎週月曜日と木曜日の午後1時よりコンサートが開催されています。ここでは教会専属の聖歌隊のコーラスやクラシック、そしてジャズなど多岐に渡るコンサートを楽しむことができます。
4アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 日本語ガイドと地下鉄に乗ってニューヨーカー気分を味わった後は、フェリーでリバティ島を周遊。その後はグランド・ゼロの周辺観光へご案内します。ツアーはワン・ワールド・トレードセンターで解散し、展望台チケットもついてくるので存分に観光出来ます。
    日本語対応あり

    USD149.00

    日, 火, 木
    (午前)
  2. 2008年に起こったリーマンショックと、それに伴う世界金融危機を引き起こすトリガーとなった債務担保証券のトレーディング・ビジネス。その渦中で一部始終を目の当たりにしたあるトレーダーが企画する、ウォール街ウォーキングツアー<金融危機編>です。

    USD50.00

    日, 月, 水, 金
    2.5時間 (午前)
  3. ウォール街で敏腕を振るったMITの経済学講師や金融・経済学の書籍の著者などをガイドに迎え、知識と経験に基づいたディープな案内で世界経済の中心地を覗き見る、アメリカ各メディア絶賛のインテリツアーです。一人旅にもおすすめのツアーです。

    USD35.00

    日, 月, 水, 金
    1.5時間 (午後)
  4. 9.11にアメリカを襲った悲惨な事件。多くの人が犠牲となり、流される涙は今も途絶えることはありません。現場を目の当たりにしたガイドが感情を震わせるような当時の記憶をお話しながらご案内する、メモリアル・プレイスツアー。

    USD35.00

    毎日
    (午前, 午後)

ニューヨークの人気アクティビティランキング

ニューヨーク テーマから探す

トリニティ教会 (観光情報) | ニューヨーク観光| VELTRA(ベルトラ)

トリニティ教会(Trinity Church)はマンハッタン区のブロードウェイ(Broad Way)とウォール街(Wall Street)の交差する地点にあるニューヨークで最も古い教会です。現在は所狭しと摩天楼の並ぶニューヨークですが、このトリニティ教会は1698年に初めて完成された後も幾度となく改築され、現在でも利用されている教会です。ニューヨークにあるどの建築物よりも長くその歴史と共に歩んできた教会は観光地として必見です。