【5月25日はみやざきマンゴーの日】マンゴーの季節を楽しもう!あま~いマンゴーの魅力やお取り寄せ情報をご紹介 image

【5月25日はみやざきマンゴーの日】マンゴーの季節を楽しもう!あま~いマンゴーの魅力やお取り寄せ情報をご紹介

暖かくなってきて、そろそろトロピカルな夏のフルーツが食べたくなる季節。

初夏に旬なのがマンゴー。夏のフルーツの王道ですよね。宮崎県は5月25日を「みやざきマンゴーの日」と設定して毎年この季節にマンゴーを大々的にPRをしています。

今回はそんなマンゴーの魅力や、食べるときに迷いがちなマンゴーの切り方・食べ方をご紹介します。

ちょうどいまが旬なみやざきマンゴーを食べて季節を感じてみませんか?

みやざきマンゴーの日とは

キャッチフレーズの 「マンゴー(05)食べてにっこり(25)」 との語呂合わせから5月25日に決まったというみやざきマンゴーの日。

毎年この時期が宮崎県産マンゴーの最盛期 になるため、PRも兼ねて2014年にJA宮崎経済連が制定し、日本記念日協会が認定した記念日です。

宮崎県のマンゴーは 産出額全国1位 を誇っていて、マンゴーと言えば宮崎を思い浮かべる方も多いかもしれません。

ちょうど今が旬のみやざきマンゴーについて詳しくみていきましょう。

マンゴーが一番おいしい季節はいつ?

マンゴーと言えば夏のフルーツのイメージですが、産地によっては年中販売されているものもあります。みやざきマンゴーの旬は5月中旬~6月ですが、他の地域のマンゴーも含めて旬の時期をご紹介します。

国産商品

国内で最も生産量が多いのは 宮崎県 、そして次が 沖縄県 です。どちらも 初夏がピーク です。

  • 宮崎産…出回り:3月~8月、ピーク:5月中旬~6月
  • 沖縄産…出回り:5月~9月、ピーク:6月下旬~7月

ピークは宮崎産の方が少し早い ようです。

輸入商品

海外から輸入されたマンゴーは、国によって様々です。

  • フィリピン産…出回り:3~7月、ピーク:3~5月
  • 台湾産…出回り:5~7月、ピーク:6月
  • タイ産…出回り:1~12月、ピーク:4~5月
  • メキシコ産…出回り:1~10月、ピーク:5~7月

やっぱり旬な時期に食べたいマンゴー。1年中出回りがあるので、いろいろな選択肢がありますが、できるだけ旬の時期を押さえておきたいですね。

太陽のタマゴ

ここ数年私は毎年購入しているのですが、宮崎産マンゴーの最高級ブランド 「太陽のタマゴ」 は絶品です。

宮崎産のマンゴーは、 「完熟」 にこだわっていて、樹上で熟し自然に落果したものだけをネット袋でキャッチし収穫します。

平成10年に経済連が基準を設定していて、

  • 階級 2L以上(1玉350g以上)
  • 糖度15度以上
  • 品位 青秀(A品)以上

というこの厳しい基準をクリアし、さらに

自然に落果するまで樹上で完熟させた、特に食味・外観の優れた果実

だけが 「太陽のタマゴ」 と名乗ることができるそうです。

基準を定めることで消費者への品質保証をするだけでなく、生産・品質管理の徹底にもつながっているのだとか。

間違いなくおいしそうな感じがします!

マンゴーの切り方と食べ方

マンゴーはとても柔らかく果汁も多いため切り方は要注意です。雑に切ってしまうとせっかくの果肉が潰されてしまうため、丁寧に切りましょう。

はじめてマンゴーを切るときはかなり難易度が高いです。

今回は簡単に切り方をご紹介します!

マンゴーの細い面を上に

マンゴーには大きくて平たい種が中心に入っているため、 種の方向に見当をつけてからカットする ことが必要です。

マンゴーをまわしてみると、幅の広い面と細い面があるので、 幅が狭い方を上 にします。

三枚おろしに

縦に3枚におろします。 種に包丁がぶつからないようにゆっくり包丁を入れ、種の平たい面と並行になるようにカットします。

種の幅は1cmくらいのことが多いというため、両サイドを幅広に、中心の種の部分は薄く切ります。

両サイドを花咲カットに

種のない両サイドの部分を、皮まで切らないように注意しながらさいの目に包丁を入れます。

包丁が入ったら両側をもって広げて、よく見るこのようなマンゴーのカットが完成します。

これを 花咲カット というそうで、まさにマンゴーと言えばこのかたちですよね。

種のある部分は、皮を取って種の部分を避けて切ります。

ちなみに マンゴーはウルシ科の植物 のため、 体質によっては果汁等でかぶれることがある といいます。そのため人によっては要注意です。心配な方は、フォークを使って食べるのがおすすめだということで、皮をむく際にもビニル手袋をつけたりなるべく果汁に触れないように気をつけてくださいね。

マンゴーパフェもおすすめ

初夏からはみやざきマンゴーを使ったスイーツが出回ります。

パフェやアイス、パンケーキなどなど見た目も鮮やかで華やかなスイーツばかり。

お店によっては「宮崎県産マンゴー使用」など明示して提供している場合もあるので、いろいろなスイーツをチェックしてみてくださいね。

私も、毎年初夏のスイーツをとっても楽しみにしています。

もしマンゴーが手に入れば自宅でスイーツをつくることもできるかも。まずはマンゴーゼリーやマンゴーパフェなど、果肉たっぷりのスイーツをつくってみるのが満足感もありおすすめです。

大事な人へのギフトとしてもぴったり

父の日ギフトでもOK!

父の日は毎年6月の第3日曜日 と決まっており、 2022年は6月19日(日) になります。

ちょうどみやざきマンゴーの出荷のピークの季節と重なることから、 父の日ギフト としてもおすすめです。

購入時は父の日にお届け日を指定できる場合や、メッセージを同封できる場合もあるので、ギフトとして考えている方は要チェックです。

ふるさと納税という選択肢も

ふるさと納税でも 返礼品 として太陽のタマゴが貰える地方公共団体があります。もし購入するのには少し高いけど食べてみたい、と思っている方はふるさと納税も考えてみてはいかがでしょうか?

ふるさと納税をうまく使えばお安く手に入れることができますよ!

プレゼントとしてもおすすめ

コロナ禍でなかなか会えない人や家族にも、 みやざきマンゴーは高級感があっておすすめ。

大切な人に、みやざきマンゴーをプレゼントするのも良いのではないでしょうか?

出典・参考

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります