フィンランドの西スオミ州トゥルクに近いナーンタリにある、ムーミンのテーマパークです。通常のテーマーパークのような乗り物などはなく、物語「ムーミン」の世界を再現したパークです。円柱型のブルーの壁と赤茶色のレンガ屋根のムーミンの家、見張り塔、消防署、スナフキンのキャンプ、ムーミンパパのボート等々、ムーミンの世界を体験できます。もちろんムーミンのキャラクターにも会うことができます。開園期間が限られているので(6月?8月、2月の短期間)事前に調べる必要があります。
歴史
「ムーミン」は、フィンランドの児童文学作家であり、画家としても高い評価を受けているトーべ・ヤンソン(1914-2001年)の有名な作品です。1945年、ムーミンシリーズの最初の作品「小さなトロールと大きな洪水」が発表されました。ムーミンは、サンタクロースと同様に、フィンランドを象徴する存在となっています。ムーミンワールドは、ムーミンのテレビ番組の制作を担当したデニス・リブソンの提唱で、1993年に設立・オープンしました。

見どころ
自然の美しい島にある「ムーミンワールド」では、ムーミンの世界と自然の両方を楽しむことができます。迷路、冒険の橋、ビーチなど、子供たちが喜ぶアクティビティがたくさんあります。【ムーミンの家】大人も含め誰もが訪ねたいのが「ムーミンの家」です。ムーミンの部屋、ムーミンパパの机や、ムーミンママのキッチンなど、地下から屋根裏部屋まで自由に見て回れます。【劇場エマ】屋根付きの劇場で、子供用のムーミン劇とミュージカルが、プログラムに沿って1日中公演されます。【スナフキンのキャンプ】キャンプファイヤーのそばにテントを張ったギターを抱えたスナフキンが、お話を聞かせてくれます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

フィンランドの人気アクティビティランキング

ムーミンワールド (観光情報) | フィンランド観光| VELTRA(ベルトラ)

フィンランドの西スオミ州トゥルクに近いナーンタリにある、ムーミンのテーマパークです。通常のテーマーパークのような乗り物などはなく、物語「ムーミン」の世界を再現したパークです。円柱型のブルーの壁と赤茶色のレンガ屋根のムーミンの家、見張り塔、消防署、スナフキンのキャンプ、ムーミンパパのボート等々、ムーミンの世界を体験できます。もちろんムーミンのキャラクターにも会うことができます。開園期間が限られているので(6月?8月、2月の短期間)事前に調べる必要があります。