2018年(平成30年)の世界自然遺産登録を目指す奄美・琉球。既に人気旅行先としての地位を確立している沖縄とともに、奄美大島も一躍脚光を浴びることとなった。恐竜の森のような金作原原生林や海外のビーチリゾートも顔負けの美しい海を見ると、日常から遠く離れた秘境かのようにも思える。でも実は、各都市からのアクセスはとても良好だ。直行便は東京(成田、羽田)、大阪(伊丹)、福岡、鹿児島、那覇の各空港から飛んでいて、飛行時間は1~2時間ほど。LCCも飛んでいるので、時期を工夫すれば驚くほど安く行くことができる。気候は真冬の最低気温でさえ10度前後と温暖で、2月には奄美観光桜マラソンが開催される。この冬、気軽に行ける旅行先として奄美大島を選んではいかがだろうか。
70アクティビティ
1/4ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 希少な動物がたくさん住む奄美大島の亜熱帯の森。そこに住む生き物の多くは夜行性。夜になり、活発になった生き物たちの姿を見に行こう。運が良ければ特別天然記念物のアマミノクロウサギにも出会うことができるかも。
    送迎付き

    JPY7,800

    毎日
    (夜)
  2. 太古の生き物が息づく奄美大島の森。午前は亜熱帯特有の植物が茂る金作原原生林を散策、午後はカヌーに挑戦。不思議な浮遊感を多感しながらマングローブの森を進んでいきましょう。自然の作り出した美しさに感動する1日になります。
    食事付き

    JPY9,500

    毎日
    7.5 ~ 8.5時間 (午前)
  3. 約71平方㎞におよぶマングローブの森。ここは奄美群島国定公園特別保護地区に指定され雄大な景観やそこに暮らす生きものたちが守られています。そのマングローブの森をカヌーで探検してみませんか。

    JPY2,500

    毎日
    2.5時間 (午前, 午後)
  4. 2人乗りのパラグライダーにインストラクターと一緒に乗って、鳥の目線で青い海を眺める贅沢な時間を楽しみましょう。操縦はインストラクターがしてくれるので安心。短時間で手軽に奄美の絶景を楽しめます。

    JPY9,000

    5%
    OFF
    毎日
    1時間 (午前, 午後, 夜)
  5. 雄大なマングローブが広がる奄美大島。そんな森の中をカヌーに乗って探検しよう。カヌーだけでなく、亜熱帯の森が広がる金作原散策、もしくはサンゴ礁の海でのシュノーケリングがセットになった1日満喫ツアーです。
    送迎付き

    JPY9,800

    2人目無料
    モニターツアー
    毎日
    (午前)
  6. 奄美大島の森は奥深く、太古の生き物が息づいています。金作原原生林にて亜熱帯独特の植物や生物のウオッチングをしながらのんびり森林浴を楽しみませんか。神秘的な原生林の新鮮な空気を吸収しながら散策しましょう。

    JPY3,500

    毎日
    3.5時間 (午前, 午後)
  7. 宝石箱のように煌めく奄美の海で、ダイビングに挑戦してみませんか?持ってくるのは水着だけでOK!もちろん、最初から最後までインストラクターがしっかりサポートします。奄美の絶景にそっと背中を押してもらって、海の世界への第一歩を…♪
    送迎付き
    食事付き
    プレゼント特典

    JPY12,000

    24%
    OFF
    モニターツアー
    グループ割引
    毎日
    2.5 ~ 3時間 (午前, 午後)
  8. 奄美の森を代表する金作原原生林を散策するコースです。そこには、まるで太古の世界に迷い込んだかのような巨大なシダや、珍しい生き物がたくさん。3時間のお手軽散策コースと、マングローブカヌーがセットになった1日自然満喫コースをご用意しました。

    JPY3,500

    毎日
    (午前, 午後)
  9. 野鳥やカエル、ホタルなど夜の森の生き物たちに会いにいきませんか?夜の奄美大島の森を車で散策し、車内から野生生物を観察する3時間のコースです。季節により見られる生き物達は違ってくるので、何に会えるかはお楽しみ。

    JPY7,000

    毎日
    (夜)
  10. 奄美大島は島が大きく、色んな場所でシュノーケルを楽しめます!場所によって魚の種類が多く見れる、サンゴが多く見れる、ウミガメに出会えるポイントがあったり、1日に約2時間しか現れない海のプール「タイドプール」など色んな見どころをご案内します。
    送迎付き
    食事付き
    プレゼント特典

    JPY6,480

    毎日
    2.5 ~ 8時間 (午前, 午後)
  11. 奄美に来たらはずせない2つのアクティビティを1日で楽しめる大満足ツアー。体験ダイビングは泳ぎが苦手でも丁寧に指導しますので心配ありません。マングローブカヌーでは原生林の景色を楽しめます。
    送迎付き
    食事付き
    プレゼント特典

    JPY15,660

    毎日
    8.5 ~ 9時間 (午前)
  12. 山深い夜の道をフルオープンの4WDでゆっくりと進みながら、動植物を観察しよう!経験豊かなスタッフが島での体験談をまじえながらご案内します。お子様からお年を召した方まで、安心してご参加頂けますよ。

    JPY8,000

    毎日
    2.5時間 (夜, 深夜)
  13. 奄美リゾートばしゃ山村にあるケンムン村は、昔ながらの集落が再現された体験施設。ここでは、奄美大島ならではの様々な伝統文化体験メニューをご用意しております。どれも1時間程度で体験可能なので、観光の合間の一休みにもおすすめです。

    JPY2,000

    2人目無料
    モニターツアー
    毎日
    (午前, 午後)
  14. 奄美観光レンタカートゥクトゥクは、奄美空港のすぐ近く。奄美大島に到着したらすぐに利用でき、お帰りの日も出発直前までドライブできます。観光ガイドも行っていますので、季節や人数に合わせた奄美のおすすめスポットもご紹介いたします。
    送迎付き

    JPY2,500

    毎日
    (午前, 午後, 夜)
  15. 一度は着てみたい!世界三大織物に数えられる「大島紬」を着る体験です。記念写真込み、お子様用もご用意しています。本場 奄美大島紬織元「夢おりの郷」で開催なので、着付け後は工場を見学したり、はた織など各種体験もオプションでお楽しみいただけます。

    JPY1,800

    2人目無料
    モニターツアー
    毎日
    1 ~ 1.5時間 (午前, 午後)
  16. サンセットクルージングの時間帯は夕日により海と奄美大島がオレンジ色に染まります。大型の自社船に乗り優雅にクルージングしながら絶景を堪能していただけます。初めて奄美大島に来る方やご家族連れも大歓迎!快適なクルージングをお楽しみください。

    JPY8,000

    毎日
    (夜)
  17. 色とりどり鮮やかな熱帯魚はもちろん、珊瑚礁等の自然がそのまま残された海。奄美大島は、南国の楽園です。さあ、あなたもダイビングにチャレンジしてみませんか?水中デジカメを無料で貸出しますので記念の写真を残せます。
    送迎付き
    食事付き

    JPY12,960

    20%
    OFF
    毎日
    (午前, 午後)
  18. 神秘的な奄美大島の海を海中散歩。半潜水式の「水中観光船せと」なら、服が濡れることなく海の中の世界を体感することができます。宝石のようなサンゴや、色とりどりの熱帯魚がたくさん泳ぐ海の中の世界をのぞいてみよう。

    JPY2,500

    毎日
    (午前, 午後)
  19. ゆったりとした海の世界への時間。スノーケリングやスキンダイビングは海の水と自分がひとつになれる場所と時間を提供してくれます。濡れないスーツ、ドライスーツで水中世界も快適に♪水中写真をデータにてプレゼント!
    送迎付き

    JPY5,000

    毎日
    (午前, 午後)
  20. 初心者でも楽しめるスノーケリング。ボートでポイントまで行くのでビーチより透明度が高く、たくさんのサンゴや魚にも出会えます。移動中にイルカやカメ、時期によってはザトウクジラに出会えることも。
    送迎付き

    JPY7,020

    毎日
    (午前, 午後)

エリアからツアーを探す

  • 日本
  • 奄美群島(奄美大島・徳之島・沖永良部島・与論島)

奄美大島 | 奄美群島(奄美大島・徳之島・沖永良部島・与論島)の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)

2018年(平成30年)の世界自然遺産登録を目指す奄美・琉球。既に人気旅行先としての地位を確立している沖縄とともに、奄美大島も一躍脚光を浴びることとなった。恐竜の森のような金作原原生林や海外のビーチリゾートも顔負けの美しい海を見ると、日常から遠く離れた秘境かのようにも思える。でも実は、各都市からのアクセスはとても良好だ。直行便は東京(成田、羽田)、大阪(伊丹)、福岡、鹿児島、那覇の各空港から飛んでいて、飛行時間は1~2時間ほど。LCCも飛んでいるので、時期を工夫すれば驚くほど安く行くことができる。気候は真冬の最低気温でさえ10度前後と温暖で、2月には奄美観光桜マラソンが開催される。この冬、気軽に行ける旅行先として奄美大島を選んではいかがだろうか。