沖縄県石垣市西部の名蔵川が名蔵湾に流れ込む場所で、潮が引くと現れる低湿地帯です。東西1.5km・南北2kmの湿地には、マングローブ湿地や湿地草原も広がっており、様々な動物が生息しやすい場所といえます。野鳥を観察したり、干潮時には潮干狩りを楽しむこともできます。このアンパルは鳥獣保護区なので、動植物の捕獲は禁止されており、建物などの建設も制限されているため、自然豊かな観光地として知られています。
歴史
海面変動による島の隆起や沈降、海水の増加や減少、大津波によってアンパルは形成されたと考えられています。2005年に、世界を旅する水鳥達が安心して休憩したり子育てをしたり冬を越す場所として国際的に重要な湿地に関する「ラムサール条約」の登録地となり、2007年に西表石垣国立公園の特別地域に指定されました。近年では、立ち枯れや倒木が目立つようになった為、植林が行われています。

見どころ
「自然のゆりかご」と呼ばれているように、アンパルにはマングローブや珍しい形の花や実がなる木もあり、ヤシガニなどのカニ類やエビ、貝類が生息しています。1年中を通して生息していますが、冬になると渡り鳥もより多く観察できます。その数120種以上で、バードウォッチングスポットとしても有名です。また、カヤックなどでアンパル全体を楽しむツアーもあり、子ども連れも自然を楽しめるスポットです。海辺に行くと植物の様々な種が漂着しているので、その面白い形の種を観察するのも面白いかもしれません。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

石垣島・八重山の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

  • 沖縄
  • 石垣島・八重山

名蔵アンパル (観光情報) | 石垣島・八重山観光| VELTRA(ベルトラ)

沖縄県石垣市西部の名蔵川が名蔵湾に流れ込む場所で、潮が引くと現れる低湿地帯です。東西1.5km・南北2kmの湿地には、マングローブ湿地や湿地草原も広がっており、様々な動物が生息しやすい場所といえます。野鳥を観察したり、干潮時には潮干狩りを楽しむこともできます。このアンパルは鳥獣保護区なので、動植物の捕獲は禁止されており、建物などの建設も制限されているため、自然豊かな観光地として知られています。