パナリ島 (新城島) | 石垣島・八重山の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
現在のカテゴリー
その他のカテゴリー

パナリ島 (新城島)

4.62
西表島の南東に浮かぶ「パナリ島」は、地図で見ると縦長の上地島と円形の下地島の2つに分かれた島です。本来の名前は「新城島(あらぐすくじま)」ですが、現地の言葉で”離れた島”という意味を持つ「パナリ島」という呼び名で知られ、かつてジュゴンの生息地だったことから「人魚の島」や、「最後の離島」とも呼ばれています。人魚神社や秘祭など、立ち入り禁止な神社の聖域や数々の謎に包まれた観光名所もあり、まさに秘島と呼ばれるパナリ島ですが、八重山諸島の中でも手つかずの自然が残る屈指のシュノーケリングスポットとして、この島の海に魅せられた多くの人々が、毎年訪れています。 フェリーなどの定期船がないため、ツアーを利用する人だけが行くことができます。八重山諸島の中でも随一の透明度を誇るパナリ島の海で楽しむ、シュノーケルや体験ダイビングなどのマリンアクティビティをご紹介します。半日ツアーやホテル送迎付き、シュノーケルと釣りを両方楽しめる欲張りプランもご用意しました。時間に余裕のある方は、バラス島や鳩間島のツアーにも参加して、生息する魚の違いを比べてみるのもよいですね。ご予約はこちらから!

石垣島・八重山人気アクティビティランキング

パナリ島 (新城島)の新着体験談

リピ決定!

2022/08/07 ひとりで ブヒねこ

今まで石垣発のオプショナルツアーにはいくつか参加してますが、このツアーは今までで1番だったと思います

他の島と違って、観光客がこの島に上陸することはツアー以外は不可能という点ですが、島の散策をするとその理由もわかります

すごくゆ... 続きを読む

閉じる

自由度のあるツアー

2022/07/23 ひとりで 8KR

10年以上前にパナリツアーに参加した時も思ったことですが、島のビーチからエントリーする海よりも沖合のほうが海の中は楽しいです。島のビーチでまったりもしたい場合は本ツアーありだと思います。一方海の中を目いっぱい楽しみたい場合は、別のオプション... 続きを読む

閉じる

楽しかったです

2022/07/23 ひとりで kono

たくさんのポイントに連れて行ってもらえたので、綺麗な珊瑚や魚を見たり、幻の島ではぼーっとしながら海に浸かったり、珊瑚を探したり、とても楽しかったです。ランチのもずく丼も美味しかった〜^ ^ありがとうございました。

とても良いシュノーケリングを楽しめました。

2022/07/18 カップル・夫婦 ゆうゆ

米原のファンで何度も通っていました。今回は離島でのシュノーケリングに挑戦したく、第一弾として新城島ツアーに参加しました。
ビーチからのエントリもすぐに珊瑚と熱帯魚を堪能できて、浅い珊瑚礁を渡って行く必要のある米原に比べて、とても楽でした。... 続きを読む

閉じる

一日ゆっくりパナリ島

2022/07/11 ひとりで クマノミ

八重山諸島中でも秘境中の秘境、パナリ島(新城島)の島内散策と、美しい海岸でのシュノーケリング、とても楽しかったです。シュノーケリング自体は多少経験がある方にオススメです。

初のパナリ島

2022/07/01 カップル・夫婦 ななな

行ってみたかったパナリ島に初めて行けました!
ガイドを担当してくれたお兄さんが優しくてすごく頼りになりました!車で近くまで送迎してくれて、ツアー中も色々気にかけてくれたり、椅子やパラソル、シュノーケル機材の準備もスムーズにしていただきまし... 続きを読む

閉じる

参加時の注意

服装・持ち物
【服装】
水着、着替え、バスタオル、ビーチサンダルなど

【持ち物】
日焼け止め、サングラス、帽子、酔い止め(酔いやすい方)などがあると便利です。
天気・気温
石垣島は年間を通してそれほど気温の差はありません。しかし冬は海風が強く、気温よりも寒く感じる場合があります。高温多湿な亜熱帯地域に属しており、一番寒い時期の平均気温も18度程度です。また台風シーズンは年より異なりますが、7~10月頃となっています。

※石垣島地方気象台(別サイトに移動します)
年齢
参加年齢の制限はございません。小さなお子様からご年配の方までご参加いただけます。

関連情報

行き方(アクセス)
定期船はでていないため、地元ガイドや旅行会社が催行しているツアーでの参加がおすすめです。石垣島からパナリ島(新城島)への日帰りツアーがございますので、事前にご予約してご利用ください。
パナリ島 (新城島) | 石垣島・八重山の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
西表島の南東に浮かぶ「パナリ島」は、地図で見ると縦長の上地島と円形の下地島の2つに分かれた島です。本来の名前は「新城島(あらぐすくじま)」ですが、現地の言葉で”離れた島”という意味を持つ「パナリ島」という呼び名で知られ、かつてジュゴンの生息地だったことから「人魚の島」や、「最後の離島」とも呼ばれています。人魚神社や秘祭など、立ち入り禁止な神社の聖域や数々の謎に包まれた観光名所もあり、まさに秘島と呼ばれるパナリ島ですが、八重山諸島の中でも手つかずの自然が残る屈指のシュノーケリングスポットとして、この島の海に魅せられた多くの人々が、毎年訪れています。 フェリーなどの定期船がないため、ツアーを利用する人だけが行くことができます。八重山諸島の中でも随一の透明度を誇るパナリ島の海で楽しむ、シュノーケルや体験ダイビングなどのマリンアクティビティをご紹介します。半日ツアーやホテル送迎付き、シュノーケルと釣りを両方楽しめる欲張りプランもご用意しました。時間に余裕のある方は、バラス島や鳩間島のツアーにも参加して、生息する魚の違いを比べてみるのもよいですね。ご予約はこちらから!