沖縄県営平和祈念公園 (観光情報) (観光情報) | 沖縄本島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
その他のカテゴリー
観光情報
沖縄県営平和祈念公園
4.29
平和祈念公園は、本島南部の「沖縄戦終焉の地」糸満市摩文仁の丘陵が南に見える、南東側に険しく美しい海岸線を眺望できる場所になります。そこには沖縄県平和祈念資料館・平和の礎・沖縄平和祈念館・霊域があります。バスで行くなら、那覇(バスターミナル)⇒ 糸満(バスターミナル)線琉球バス交通89番糸満(高良)線に乗車し、糸満バスターミナルにて下車し、そこで乗り継いで、糸満(バスターミナル) ⇒ 玉泉洞線琉球バス交通82番玉泉洞・糸満線に乗車し、平和祈念堂入口バス停にて下車後、徒歩5分程度のところです。
歴史
第2次世界大戦において、沖縄戦は日本に於ける県民を総動員した地上戦であり、アジア・太平洋戦争で最大規模の戦闘でありました。沖縄戦の何よりの特徴は、軍人よりも一般住民の戦死者がはるかに上まわっていることです。90日におよぶ鉄の暴風が、20数万人の命を奪いました。かつての戦場の一部が公園になっています。ここで毎年、6月23日、沖縄戦没者慰霊祭が行われます。1975年にたてられた沖縄県平和祈念資料館は設立から40周年を迎えます。

見どころ
広大な敷地の公園です。平和祈念公園内には4つのゾーン(平和ゾーン、霊域ゾーン、平和式典ゾーン、園路広場ゾーン)があります。太平洋戦争・沖縄戦終結50周年を記念して建設された「平和の礎」があり、摩文仁の丘から海を望む「平和の広場」の中央には「平和の火」が灯されています。その水の下にはアジア地域の地図が描かれていて、円の中心が沖縄になるようになっています。平和の広場は、断崖絶壁から海岸、波打ち際を眺望できる位置に設置されてるため、見どころの1つとなっています。

沖縄本島人気アクティビティランキング

沖縄県営平和祈念公園の新着体験談

本島南部観光の定番コース

2021/05/03 カップル・夫婦 まもるん

首里城・おきなわワールド・平和記念公園・ひめゆりの塔と南部の主要観光地を効率よく周ることが出来るバスツアーです。バスも3列シートなので窮屈さもなく快適です。ランチも付いて那覇空港下車可能なので最終日のコースとしてもぴったりですよ。

二人参加

2021/04/02 友達・同僚 sapo

ひめゆりの塔に行きたくコロナ禍でありツアーがなくタクシーを選択しました
二人のペースに合わせていただきタクシーでの沖縄もよいと思いました
運転手さんありがとうございました

首里城復興

2021/04/02 ひとりで さすらいの旅人

今回の目的は、首里城の火災後の復興に少しでも役立てばと思い参加しました。火災前の首里城を何度か見ているので、現状を見て悲しいというかショックでした。
その他に、ひめゆりの塔・沖縄ワールド・平和祈念公園と巡りました。ガイドさんの案内も、とて... 続きを読む

閉じる

3月にしては暑かった。

2021/03/21 ひとりで こばやん

3月20日に1人で参加しました。
最高気温が26度、東北人には暑かったです。
ツアー内容は、1人でも楽しめます。
3列シートも良かったです。

観光ツアーとしては自分の人生で参加した全ツアーの中で一番酷かったです、人生初めて最低点の評価を付けます。

2021/01/23 ひとりで 酷い事は本当は書きたくない

この手のツアーで結構重要な要素かもしれませんが、回る場所を遺跡として紹介するのか何か負の遺産だか記録だかのようにセンシティブ風味に扱うのは明記した方がいいと思います。

ただでさえ見る時間が短い場所も多いツアーなのに、ひどい時はガイドの... 続きを読む

閉じる

豪華シートのバスで1日ツアー

2021/01/17 ひとりで クワトロ

那覇バスが運行するバスツアーでした。過去にいろいろとツアーバスを利用しましたが、もっともゆったりとした1人掛けの豪華シートでUSBの充電が可能でした。ガイドさんに各観光地までの道中や観光地到着後、丁寧に案内・説明していただきました。女性のガ... 続きを読む

閉じる
沖縄県営平和祈念公園 (観光情報) (観光情報) | 沖縄本島観光 VELTRA(ベルトラ)
平和祈念公園は、本島南部の「沖縄戦終焉の地」糸満市摩文仁の丘陵が南に見える、南東側に険しく美しい海岸線を眺望できる場所になります。そこには沖縄県平和祈念資料館・平和の礎・沖縄平和祈念館・霊域があります。バスで行くなら、那覇(バスターミナル)⇒ 糸満(バスターミナル)線琉球バス交通89番糸満(高良)線に乗車し、糸満バスターミナルにて下車し、そこで乗り継いで、糸満(バスターミナル) ⇒ 玉泉洞線琉球バス交通82番玉泉洞・糸満線に乗車し、平和祈念堂入口バス停にて下車後、徒歩5分程度のところです。