やんばる(一部世界自然遺産) | 沖縄本島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
その他のカテゴリー
やんばる(一部世界自然遺産)
4.64
新たな世界遺産として2021年7月に登録された沖縄本島北部に広がるやんばる(山原)は、2016年9月に国立公園に指定され、現在は公園の一部が世界自然遺産となり、注目が高まりつつあります。やんばる国立公園内には「大石林山」など観光スポットがたくさんありますが、せっかく大自然に来たら冒険に出てみてははいかがでしょうか?アクティブ派のあなたには、リバートレッキングやキャニオング。自然を楽しみたいゆったり派のあなたには、シーカヤック(カヌー)などがおすすめです。

また、"東洋のガラパゴス"とも言われるこの森には珍しい生き物がたくさん生息しています。ヤンバルクイナなどの動物や、今まで見たこともない花や生物に出会えるかもしれません。動物園で見るのとはまた違った体験ができるでしょう。

自然体験ツアーやプランを豊富に紹介していますので、あなたにあったプランを計画してみてはいかがでしょうか?ホテル送迎可能プランは行き帰りも安心です♪
海とは少し違う魅力いっぱいのやんばるの森へ、一歩足を踏み入れてみませんか?
◎那覇から参加しやすいい糸満市でのバギー体験も!人気のバギー特集はこちら!

沖縄本島人気アクティビティランキング

やんばる(一部世界自然遺産)の新着体験談

楽しかったー

2021/09/06 家族 ベイブヒッ

私と息子は2回目の参加でした。前回とても楽しかったので、息子の友達と主人も誘って4人で参加しました。真夏の暑い日でしたが、川は冷たいのでウェットスーツを着用しました。
やっぱり最高に楽しかったです。結構ハードで、休憩無しで目的地の滝まで到... 続きを読む

閉じる

楽しかったです!

2021/08/30 家族 きりん

思ったよりも全然怖くなく楽しめました。
小学5年生の息子もとっても楽しかった!と言っていました。
とても暑い日だったので途中でいただいた冷たいお茶も有難かったです。

チェックしていたらやんばる国立公園に魅力を感じました。夫婦と子ども3人(高2女子、小5女子、年長男子)バラバラの異年齢で心配だったのですが、自然の遊びは期待を裏切りません。みんなが笑顔で楽しくさせてもらいました。川遊びはちょっと怖かったんだけど、ガイドさんがしっかりサポートしてくれて、やんばるの木々のこと、虫のこと、魚のことなどなど興味深い話をたくさんしてくれて、楽しかったです。随時ポイントで家族撮影、自然な姿の撮影もして頂け、本当に満足です。ありがとうございました。

2021/08/18 家族 まっすー

今回この体験は家族のみの参加のコースだったので最中はマスクなしで参加できました。逆にマイナスイオンたくさん浴びて清々しい気分です。

沖縄の神秘

2021/08/15 カップル・夫婦 Dai

神秘的な山に感動!!海とは違う体験に驚き、楽しさでです!インストラクターの方も適切なアドバイス川の歩き方や沖縄の豆知識も教えてもらいツアー以上の醍醐味も!写真も沢山撮ってもらえて大満足な一日でした!

カヤックでの無人島ツアーからのター滝トレッキングツアー!満喫のコース

2021/08/15 家族 スマイルデイ

一日体験ツアーに申し込みさせていただきました!
参加者は大人2名、子供2名(小学四年、一年)
計4名で参加。
ツアー中、写真をポイントやさまざまなシーンを撮影してくださるのですが、データとしてあとで頂けます!全てツアー代金に含まれてお... 続きを読む

閉じる

バギーで走るコーヒー園は格別でした!

2021/08/15 家族 けんみた

まずは最高の一言!
家族で参加し、バギーには親子で一台ずつ乗りました!広い場所で運転練習をし、途中水溜りに勢いよくはまり泥水をバシャーンと被りましたが、子供は大喜び!←半ズボンやTシャツや長靴など貸してもらえますが出来るだけ服装は汚れても... 続きを読む

閉じる

参加時の注意

服装・持ち物
【服装】
全ツアー自然の中をご案内いたしますので、歩きやすい靴と服装でのご参加をおすすめいたします。また水を伴うアクティビティにご参加の方は水着など濡れても良い服装と着換えのご準備をお願いいたします。

【持ち物】
カメラ、日焼け止め、帽子、酔い止め(酔いやすい方)、タオル、着換えなどがあると便利です。

※ツアー毎に服装・持ち物が異なりますので、ツアーページも合わせてご確認ください。
天気・気温
沖縄本島は年間を通してそれほど気温の差はありません。しかし冬は海風が強く、気温よりも寒く感じる場合があります。

亜熱帯気候の為、降水量は全国的にみても多く、5月上旬から6月下旬が梅雨時期となります。また5月から10月ごろに台風が発生し、8月がピークとなります。空の便だけでなく、船の欠航なそもあるので、早めの情報収集をしていただく事をおすすめいたします。

※沖縄気象台(別サイトに移動します)
年齢
参加年齢の制限はございません。小さなお子様からご年配の方までご参加いただけます。ただしツアーによって身長や体重などの制限がございますので、詳細はツアーページにてご確認ください。

やんばる国立公園とは

概要
やんばる国立公園は、沖縄島北部に位置し、平成28年9月15日に33番目の国立公園として指定されました。広さは約17,331ha(陸域のみ)で、亜熱帯照葉樹林、石灰岩の海食崖やカルスト地形、マングローブ林など多様な自然環境を有しています。ヤンバルクイナやオキナワトゲネズミ、そしてオキナワセッコクなどのラン科植物などの多種多様な固有動植物及び希少動植物が生息・生育しています。

琉球王府時代から近年まで、やんばる地域は薪炭や都城の建設・船などの用材となる林産物の生産・供給の場として重要な役割を果たしてきました。また海と山に囲まれたやんばる地域の集落では、この豊かな自然を守りたたえる文化が根付いています。邪気を払い豊作や豊漁を祈願するシヌグや海神(ウンジャミ・ウンガミ)祭などはこれを象徴的に表しており、集落の伝統として受け継がれています。

 

みどころ
やんばる国立公園には多くの見所が点在しています。

「辺戸岬(へどみさき)」本島最北端の岬です。眺望が良く海岸景観や辺戸岳、鹿児島県最南端の与論島を望むことができます。
「与那覇岳(よなはだけ)」沖縄本島最高峰の山(標高503m)で、やんばる地域の核心部にあたります。山頂は木々に覆われていますが、登山道はゆるやかで森の美しさや固有の動植物が魅力です。
「比地大滝(ひじおおたき)」約26mの落差がある滝で、滝まで約1.5kmの遊歩道やキャンプ場が整備されています。ヒカゲヘゴやイルカンダなど亜熱帯特有の植物を見ながら歩き、運が良ければノグチゲラやホントウアカヒゲなどを観察することができます。
「国頭村(くにがみそん)森林公園」バンガローやキャンプ場も整備されています。また約3kmの整備されたコースがあり、鳥のさえずりや季節の花や木を楽しめます。
「国頭村環境教育センター やんばる学びの森」照葉樹林に囲まれ野生動植物を観察することができます。ネイチャートレイルでのガイドウォークや、カヌーツアー、バードウォッチングツアーなどが提供されています。
 
「大石林山(だいせきりんざん)」トレッキングコースが整備され、カルスト地形の雄大な景観や石灰岩地特有の植物が生育している姿を見ることができます。
「茅打バンタ(かやうちばんた)」石灰岩から成る断崖と海がおりなす風景を眺望する展望台があります。
「塩屋湾(しおやわん)」沖縄八景のひとつにも選定されている景勝地です。豊年祈願行事である塩屋湾のウンガミ(海神祭)は国指定無形民俗文化財に指定されています。
「ネクマチヂ岳 塩屋富士周辺」約4kmの散策ルートが整備され、猪垣(いのがき、やまししがき。かつて、山に開墾した畑の作物をリュウキュウイノシシから守るために築いたもの。)も途中で見られます。
「ター滝」平南川の上流にある落差10m程度の滝です。シダ植物など亜熱帯特有の植物が見られ、リュウキュウハグロトンボやテナガエビなど多くの生き物たちを観察することができます。
「慶佐次湾のヒルギ林」慶佐次川河口約10haに広がる、沖縄本島最大のヒルギ林(マングローブ)です。木道が整備されている他カヌーツアーも行われており、ヒルギ林や干潟の生物観察を行うことができます。
やんばる(一部世界自然遺産) | 沖縄本島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
新たな世界遺産として2021年7月に登録された沖縄本島北部に広がるやんばる(山原)は、2016年9月に国立公園に指定され、現在は公園の一部が世界自然遺産となり、注目が高まりつつあります。やんばる国立公園内には「大石林山」など観光スポットがたくさんありますが、せっかく大自然に来たら冒険に出てみてははいかがでしょうか?アクティブ派のあなたには、リバートレッキングやキャニオング。自然を楽しみたいゆったり派のあなたには、シーカヤック(カヌー)などがおすすめです。 また、"東洋のガラパゴス"とも言われるこの森には珍しい生き物がたくさん生息しています。ヤンバルクイナなどの動物や、今まで見たこともない花や生物に出会えるかもしれません。動物園で見るのとはまた違った体験ができるでしょう。 自然体験ツアーやプランを豊富に紹介していますので、あなたにあったプランを計画してみてはいかがでしょうか?ホテル送迎可能プランは行き帰りも安心です♪ 海とは少し違う魅力いっぱいのやんばるの森へ、一歩足を踏み入れてみませんか?
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜