仲見世通りは、東京都台東区浅草にある浅草寺の雷門から宝蔵門へと続く参道です。全長は約250mで、仲見世通りの名物の「雷おこし」や「人形焼き」など、伝統的な銘菓やお土産店が両側に軒を連ねています。江戸の下町情緒を今に伝え、毎日が縁日のような賑わいぶりを見せています。仲見世通りの新名物に「シャッター絵巻」があります。シャッターに壁画のように絵巻が描かれていて、お店が閉店している時も楽しめるようになっています。
歴史
仲見世通りは日本でも歴史ある商店街のひとつです。仲見世通りは元禄(1688年頃)、または享保(1735年頃)に始まったと言われています。徳川家康が江戸に幕府を開いてから、江戸の人口が増え、浅草寺への参拝者も増えていきました。近隣の住人には浅草寺の清掃が課せられていましたが、これらの人々に境内の参道上に出店する許可が与えられ、参拝客相手の店が並ぶようになったのが始まりです。仁王門寄りには20軒の水茶屋が並び、雷門寄りには玩具、菓子、みやげ店などが並び、次第に拡大して日本一の門前町へ発展していきました。

見どころ
仲見世通りは浅草寺の参道にある伝統的な商店街です。浅草の名物やお土産物店が並び、毎日が縁日のように賑わっています。江戸時代から商いをする老舗も多く、江戸の下町情緒が溢れています。今の仲見世通りは全長約250mで、雷門をくぐって東側に54店、西側に35店の計89店が並んでいます。美しい電飾看板と四季折々の装飾が施され、シャッターにも絵巻が描かれています。東京最古の寺院である浅草寺とともに、海外からの観光客にも人気が高く、お土産のお買いものや、ぶらぶら見て歩くだけでも楽しめます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

仲見世通り (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

仲見世通りは、東京都台東区浅草にある浅草寺の雷門から宝蔵門へと続く参道です。全長は約250mで、仲見世通りの名物の「雷おこし」や「人形焼き」など、伝統的な銘菓やお土産店が両側に軒を連ねています。江戸の下町情緒を今に伝え、毎日が縁日のような賑わいぶりを見せています。仲見世通りの新名物に「シャッター絵巻」があります。シャッターに壁画のように絵巻が描かれていて、お店が閉店している時も楽しめるようになっています。