秋ラン冬ランのメリットを知れば、もっと走りたくなる! image

秋ラン冬ランのメリットを知れば、もっと走りたくなる!

数多くのマラソン大会や箱根駅伝などが開催される秋冬。トップランナーたちがその実力を発揮するこの季節は、まさにランナーの"ゴールデンシーズン"といえます。

もちろん市民ランナーの私たちにとっても同様です。秋ラン冬ランにはさまざまなメリットがあるのです。

今回はそんなメリットをご紹介していきます。それでは、いってみましょう。

秋ランで走ることがもっと楽しくなる

秋はランナーがもっとも気持ちよく楽しく走ることができるシーズンです。まずは、そんな秋ランのメリットをお話していきましょう。

秋ランのメリット 1 走りやすく、モチベーションが高まる

秋ランのメリットは、なんといっても "走りやすさ" 夏の暑さが和らぎ、カラダへの負担が減ります。冬の防寒対策での重ね着のわずらわしさもありません 。ランニングしていて「気持ちいい!」と思える季節。それが秋なのです。

気持ちいいとモチベーションは高まり、継続性、反復性も上がります。夏は暑くて週に1回だったランニングが、秋は週に3回できるようになるのです(もちろん、個人差ありますが)。

「スポーツの秋」と世間的にも盛り上げてくれるので、「なんか頑張っちゃおうかなあ」なんて思えたりもします。初心者の方で挫折寸前だった場合など、もう一度ギアを入れやすい季節といえます。

秋ランのメリット 2 自分の成長を感じられる

なによりも走りやすいので、 長い距離を走れるようになったり、ちょっと速く走れたりと、自分の成長を実感 できます。

忙しい毎日の中で自分の時間を使い、疲れたカラダを奮い立たせてランニングしているわけです。 その努力が距離や速さという"結果"としてあらわれる 。ランナーとしてはとてもうれしいことですよね。

秋ランのメリット 3 紅葉の彩りに癒されながら走る

秋といえば、紅葉の中を走れるメリットがあります。 赤や黄やオレンジに色づいた樹々を眺めながらのランニングは、日々のストレスを癒すご褒美のようなもの です。

きれいな紅葉の場所をあらかじめ探しておいて、そこを目的にランニングするのもよいですし、偶然、美しく色づいた樹々に出会うのも素敵ですよね。

東京都心では、 代々木公園、皇居、駒沢オリンピック公園、石神井公園などの人気ランニングコース でも紅葉が見られるほか、 神宮外苑や青山墓地でも美しく色づいた並木道 を走ることができます。

すでに名所といわれる場所を走るのもよいのですが、自分で走ってみて紅葉を探すのも楽しいと思います(みなさんのご近所にもきっとありますよね)。

秋ランのメリット 4 キンモクセイの甘い香りに包まれて走る

秋ランのメリットといえば、キンモクセイ(金木犀)に出会うことも外せません。 紅葉や春の桜と同様、ランニングの大きな楽しみのひとつ といってもいいかもしれません。

走っているとふいに甘い香りが鼻をくすぐるときがあります。キョロキョロと辺りを見回すと、オレンジ色の小さな花を咲かせるキンモクセイがそこにあるのです(なんだかトクした!って感じがします)。

キンモクセイはジンチョウゲやクチナシとともに日本の三大芳香木といわれ、街路樹や庭木として植樹されている常緑樹。ですが、花が咲き、甘い香りを放つのは秋だけ(9~10月)です。

何本も並べて植えられていることも多いキンモクセイですが、そんな場所ではその甘い香りに包まれて走っている感覚にもなります。 秋限定の、ほかには代えがたい心華やぐ時間 です(ぜひ、体験してください!)。

紅葉や桜、キンモクセイのようなお気に入りの樹々や花のある場所を見つける のはうれしいものです。そんな場所を "お気に入りのランニングコース"に組み込む のがまた楽しかったりするのです(ランナーの歓びのひとつです)。

冬ランでカラダのポジティブな変化を感じる

外に出るのも億劫になる寒い冬ですが、ランナーにとってはカラダのポジティブな変化を感じられる、まさにメリットを感じられる季節でもあります。

そんな冬ランのメリットを紹介していきましょう。

冬ランのメリット 1 脂肪燃焼効果が高いから痩せられる

冬ランの大きなメリットは、 夏よりも基礎代謝が上がるので脂肪燃焼効果が高くなる というところ。早い話が痩せやすいのです(私も冬にがっちり痩せました)。

そもそも人間のカラダは体温を一定の状態に保つようにできています。個人差はありますが、だいたい36度前後でしょうか。冬の寒さで体温が下がらないようにカラダはエネルギーをより多く使って(夏よりも、です!)、体温維持に努めるのです。

そのため気温の低くなる冬はふだん何もしていないときでも基礎代謝量は増加します。さらにしっかりと運動することで(ランニングですね)、基礎代謝量は増えて脂肪燃焼効果が高くなるというわけです。

痩せたい人だけでなく、 忘年会や新年会などなにかとイベントが多い冬の暴飲暴食の備えや、基礎代謝量が減ってしまう春の準備にもなる かもしれません。

冬ランのメリット 2 冷え性の改善を期待できる

冬の大敵 "冷え性"の原因となる筋力の低下(筋肉不足)や運動不足による血行の悪化を防ぐ ことができます。

カラダの熱をつくるのは筋肉だといわれます。そして全身の筋肉量の約7割が太ももやふくらはぎ、お尻などの下半身に集中しています。

その下半身の筋肉を増やし、血行悪化も防ぐ運動不足を解消できるとなると、もうランニングはうってつけなのです。

冬ランのメリット 3 紫外線の減少で、肌や目もちょっと安心

冬は夏などに比べて、太陽の紫外線の量がかなり減少 します。夏ランの場合、紫外線の量も多く強烈ですから、カラダへの影響は気になりますよね。

とくに、肌(皮膚)や目への影響は気になるところです(仕事上、日焼けし過ぎるのも避けたいという方もいるかもしれませんね)。

その点、 紫外線が減る冬はいくらか安心して走ることができます 。肌への影響を考えて、上下とも長いものを着用できるのもうれしいですね(冬でも紫外線の影響が全くないわけではないので、サングラスなどそれなりの対策は必要ですが…)。

冬ランのメリット 4 人目を気にしなくてすむ⁉

私は夏にTシャツ短パンで走るのがなんだか気恥ずかしいときがあります。

おまけに大汗なんてかいていたら、それこそ匂いも気になりますし。 ランニングって意外と人目を気にしちゃったりする のです。

でも、冬ランは長いパンツを履けるのがいい。長袖なので汗の匂いも夏ほど気にしなくていいのです。些細なことではありますが、 個人的に冬ランのほっとする部分 でもあります。

ランニングの"ゴールデンシーズン"を楽しもう!

ランニングのゴールデンシーズンである秋冬。とにもかくにも、こうしたメリットを考えると走らないなんてもったいない気がします。走らなきゃ損しちゃうようにも思えませんか。

気持ちいいからこその秋ラン、寒いからこその冬ラン 。ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります