日々のランニングを継続する切り札!? ランニングコース思考法 image

日々のランニングを継続する切り札!? ランニングコース思考法

こんにちは。へっぽこ市民ランナーの東龍太郎です。

走り続けて早10数年。いろいろな道を走ってきましたが、いまだに悩むのが「ランニングコース」です。つまり、“日々走る道” です。

この日々の走るコースをどう考えるか、これはランニングを続けるモチベーション維持のためには意外と大事なことなのです。

そんなランニングコースの思考法についてお話していきましょう。

  • 2〜3時間
  • Budget1,000円以下
  • Tools 道具(難度) ■■■
  • Tools 事前準備(難度) ■■■
  • Tools 経験(難度) ■■■
  • 難易度の目安

その日どんなランニングをしたいのか

ランニングコース選びのために心がけること

「さあ、ランニングするぞ」というとき、私はまずコースについて考えます。基本的には自宅周辺を走るのですが、どうしてもコースはいくつかのルートで決まってしまいます。

そのルートを繰り返し走っていると、やはり飽きることがあります。それはモチベーション低下の原因にもなってしまいます(へっぽこなので、なおさらです)。

そうならないために私が心がけているのが、その日どんなランニングをしたいのかを考えることです。そのうえで、ランニングコース選びをしていくのです。

日々のランニングの「走りたい!」を決めておく

私には現在、日々のランニングの目的として5つの「走りたい!」があります。

  1. 気分がスッキリするよう走りたい!
  2. タイムアタックするために走りたい!
  3. 脚を鍛えるために走りたい!
  4. 目的の場所まで走りたい!
  5. ただ何も考えず走りたい!

このように自分で日々のランニングの目的を明確にしておくと、走る前にランニングコースについてそれほど悩むことなく決めやすくなります。

5つの「走りたい!」から考えるランニングコース

気分がスッキリするよう走りたい!

精神的に疲れていてストレスがたまっているときや、カラダがだるく体調がすっきりしないときがあります。そんなときに真っ先に考えるのは、ズバリ、知らない道です。

「近所に知らない道なんかないなあ」と思うかもしれません。でも、意外と走ったことのない道はあるものです(こんな道あったんだあなんてことはよくあります)。

調子が良くないときなので、ココロとカラダを労わるように、走ったことがない道を探してゆっくりとランニングします。すると、いろいろと発見があったりして楽しく走れます(コレ、間違いないです)。

さらに、緑の多い大きな公園内のランニングコースも良いです。ちょっと顔を上げて、木々の緑やその先の青い空を眺めながらゆっくり走るとかなりココロがほぐれます。自分が気に入っている道なら川沿い、海沿いなども良いですね。

タイムアタックするために走りたい!

足腰の痛みなどなく、カラダに問題がないときには、「タイムアタック」を考えます。3キロ、5キロ、10キロ、ハーフなど、距離と目標タイムを決めて走るのです。

タイムアタックにはできるだけ平たんな道幅の広い道をコースとして選びます。歩行者や自転車などが少ない時間帯を選べればベストです。

目標どおりに走れれば、「1カ月後にもう少しレベルを上げよう」となりますし、目標に届かなければ、「走る距離を多くしよう」「足を鍛えるためのランニングをしよう」などと考えます。

定期的に時間を計測することは、自分が成長しているのか、どこまで到達したのかを確かめることができ、モチベーションのアップにもつながります。

公園内のランニングコースも悪くないのですが、他のランナーが多くいる場合は避けましょう。他のランナーが速くても遅くても影響を受けることがあります(負けず嫌いは注意です)。

脚を鍛えるために走りたい!

タイムアタックでも書きましたが、目標を達成するために脚を鍛えるなどしたいときがあります。その場合はコースに上り坂を組み合わせます。

上り坂は脚に負荷がかかり、鍛えられ、強い脚を作ってくれます。緩やかでも急こう配でも、短くても長くてもよいので、そうした坂道をいくつか組み合わせることができるコースを考えます(ツラいけど頑張ります!)。

目的の場所まで走りたい!

調子うんぬんではなく、目的地を決めてそこに向かってランニングするのもモチベーションを考えるときには大いにアリです。

たとえば、「3キロ先の新しくできた商業施設の雰囲気を見に行こう」だとか「5キロ先のまだ行ったことのない公園を見てみよう」とか「リュックでも背負って、あるお店でしか売ってないレアものを買いに行こう」などなど、目的地はいくらでも設定できちゃいます。

そんなときは、目的地が先に頭にあるのでコースは多少いつもと同じでもそれほど気になりません。楽しみがランニングをしたその先にあるのですから(おすすめです)。

ただ何も考えず走りたい!

モチベーションもそれなりでココロもカラダも問題なく、ただ何も考えずに走りたいときがあります。そんなときは、どのコースでも飽きることはないでしょう。自然と「よし、走ろう!」という気分になっていれば、いつものコースでも楽しく走れるものです。

その日の「走りたい!」で、ランニングはもっと楽しくなる

走る理由としては、健康促進やダイエット、フルマラソン完走など、大きな目標がいろいろあると思います。ただ、その大きな目標を達成するには日々の積み重ねが必要です。

日々の積み重ね、つまり日々のランニングの継続のためには、その日の「走りたい!」を明確にし、ランニングコースを工夫していくことが切り札になることがあるのです(私もいつも新しい「走りたい!」を模索中です)。

そうすることで、モチベーションも上がり、ランニングがもっと楽しくなります。ぜひ、自分だけの「走りたい!」を考えてみてください。

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります