台北市立動物園は、台湾で最も古く、最も大きい動物園です。動物の種類は、全部で約397種2,626点、年間来園者数約270万人にのぼります。 、台湾台北市文山区木柵にある台北市立の動物園である。通称、木柵動物園と呼ばれ人々に親しまれています。緑に囲まれた広大な敷地で動物たちは、ゆったりと暮らしています。全部の動物を見るには1日かかります。園内には、セブン-イレブンなどコンビニもあるため、とても便利です。
歴史
台北市立動物園は、 1914年(大正3年)開園された台湾で最も古い動物園です。 台湾台北市中山区にある円山公園内にあったのが始まりとされています。 円山公園は、昔は陸軍墓地で、 明治30年(1897年) 台北県知事橋口文蔵の提案によって公園として、オープンしました。 園内には、動物園の他に、運動場( 中山サッカー場 )、遊園地が置かれました。 1986年に現在の地に移転しました。近年、台北市立動物園と北海道の円山動物園は協力関係を結び、台北市立動物園からはチンパンジーが贈られました。

見どころ
民進党の陳水扁政権時代から台湾にジャイアントパンダを迎え入れる計画はありました。しかし台湾独立を目指す民進党の方針と希少動物の国際取引が禁止されているワシントン条約に触れるのを理由に台湾でパンダを見ることはできませんでした。しかし、国民党の馬英九政権の親中政策により2008年12月、ジャイアントパンダのオス・團團とメス・圓圓が贈られました。2003年にはパンダの赤ちゃんが産まれました。パンダ館は765hm、屋室内温度は常に18〜22℃、湿度60〜70%に保たれています。休日は整理券が配られます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

台湾の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

台湾 テーマから探す

台北市立動物園 (観光情報) | 台湾観光| VELTRA(ベルトラ)

台北市立動物園は、台湾で最も古く、最も大きい動物園です。動物の種類は、全部で約397種2,626点、年間来園者数約270万人にのぼります。 、台湾台北市文山区木柵にある台北市立の動物園である。通称、木柵動物園と呼ばれ人々に親しまれています。緑に囲まれた広大な敷地で動物たちは、ゆったりと暮らしています。全部の動物を見るには1日かかります。園内には、セブン-イレブンなどコンビニもあるため、とても便利です。