年一度クラスの素晴らしい舞台に遭遇❗️

投稿者: バレンシアオレンジ, 2018/04/09

初めての闘牛観戦。
右も左もわからない中、先ずは闘牛の基礎と見所などの説明を受け、闘牛場へメトロで移動。
闘牛場の外観に感銘を受け、指定席へ。
3人の闘牛士が各々の2回、合計6回の闘牛が行われます。
ベテラン、中堅、若手と言った感じ。
その中で今日は、若手の闘牛士が素晴らしかった!
最後に、スタンディングオベーションを受けながら、肩車されて場内一周し、そのまま闘牛場外までヒーロー行進。
ど素人の我々が観ても、素晴らしく感動する闘牛を観戦出来ました。ただし、同行ガイドの方によると、年一回あるかどうかの運の良さだったそうです。





催行会社からのコメント

この度は、みゅうをご利用頂きまして誠に有難うございます。
闘牛は生き物が相手ですので、どんな人気がある闘牛士が出場しても、その日・その瞬間に予想外の事がおこり、良い闘牛になるときもあれば、そうではないときもあります。
反対に言えば、良い機会に当たれば経験の少ない若手闘牛士でも素晴らしい闘牛を行うことがあるということです。そこが闘牛の面白さの一つかもしれません。
地元の闘牛ファンもそういった場面を目にすると、忘れられなくなり、何度も闘牛場に足を運んでいます。
ご旅行中にそんな素晴らしい闘牛をご覧頂けて、感想を嬉しく拝見しました。
みゅうではスペインならではの闘牛の良さを出来るだけお客様に伝えるため、闘牛に詳しいガイドを用意してツアーにアテンドしています。
また機会がございましたら、みゅうをご利用下さい。
みゅうマドリッドスタッフ

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/04/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

感動的な体験でした

投稿者: 天丼5555, 2016/10/04

闘牛を実際に見に行く前に、闘牛を熟知されたガイドの方からとても解りやすい話を聞くことができて、とてもよかったと思います。説明がなければ、闘牛の見方のポイントは勿論、スペインの方にとって闘牛は文化であること自体、分からなかったと思います。
説明をして貰ってから見ることができて、本当に良かったです。とても感動しました。

催行会社からのコメント

みゅう闘牛観戦にご参加いただきましてありがとうございました。
闘牛はスペインの国技であり文化です。非常に多くの規則があり理解をするのには膨大な知識が必要となります。
皆様に楽しんでいただけるように闘牛観戦の前に簡単な説明を行い闘牛を観戦していただいております。
感動されたとの事とても嬉しく思います。
みゅうスタッフ

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/10/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

闘牛を間近で見ることができました!

投稿者: はなこ, 2015/09/10

夕方4時50分集合でした。
まず最初に集合したフロリダノルテのカフェでケーキとドリンクを頂きながら、ガイドさんから闘牛の流れや場面の説明を受けました。
その後 参加者が5人だったので 地下鉄でベンタス駅まで移動し、ガイドさんが入り口まで案内してくれます。
中に入るときに見学時に利用できる座布団が1.2ユーロでレンタルしてました。場内の椅子は石造りなので、長く見る場合は借りておいた方がいいと思います。
ソル イ ソンブラ(日向から日陰)という中間の値段の席にしましたが、これが一番いいかもしれません。私は一番前から5列目くらいの席で、日陰席の右側に位置していましたが、常に近くで闘牛が行われ、大迫力でした。何年か前にも同じ辺りの席で見たと記憶してますが、同じように目の前で闘牛を見ることができました。
時間的にも私の席はすでに日陰に入っており、見づらいとか暑いとかはありませんでした。
全部最後までみたら8時半を過ぎていました。地下鉄に乗ろうとしたら、ガイドさんの仰る通り結構混んでいました。最後まで見たら人が減るのを少し待ってから会場を出るか、最後まで見ずに出た方がスムーズに電車には乗れそうです。
最寄り駅が混んでたので、一緒に参加していた旅行者の方と一駅分10分ほど歩いて隣の駅から乗りました。

闘牛の内容は、入場から1ターム20分の闘牛を×6回やります。実際に牛が槍や銛で刺され、最後には殺されてしまうので、それを知らずにご覧になると辛い思いをされるかもしれません。
素晴らしい文化や芸能のひとつと思って、人間と牛の命懸けの闘いだと考えられる方は一生に一度は見ておいて損はないと思います。私は2回目ですが、誇り高い闘牛士達の姿に感動しました。
地元の人たちの活気や賑わいを間近で体感できたのも良かったです。

催行会社からのコメント

この度はみゅう闘牛をご利用いただきましてまことにありがとうございます。
闘牛を始めて観る方にとりましては恐らく日本では見せないであろう動物を目の前で殺すのを目の辺りにします。
ただ闘牛士は命を掛け、闘牛と戦い生とは何か?自分の人生とは何かを闘牛を通し人生を語ろうとしていると思います。
スペインの文化であり伝統芸術の一つである闘牛、闘牛に精通したガイドであるあらこそ、初めて闘牛を見るかたにとってどのような進行か?何を意味しているかなどを短時間ですが説明があるので少しはお分かりいただけるかと思います。
闘牛を楽しんでいただけたようで幸いです。是非またのお越しをお待ちしております。 みゅうスタッフ

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/09/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

闘牛の内容がわかりました

投稿者: TMA, 2014/08/05

始めての闘牛鑑賞でしたが、事前に説明もいただけたので進行が分かってよかったです。
ツアー内容には何の問題もないのですが、牛が殺されていく様がなかなか受け入れられず、自分には向いてないなと感じました。
ただ、闘牛を見て見たい方にはオススメのツアーだと思います。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2014/07/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

人生で一度は見ておきたい

投稿者: Kaoringo, 2012/08/09

スペインの伝統である闘牛を確実に観戦できるよいツアーでした。
恐らく個人的にチケットを購入した場合、もっと安く観れると思いますが、初スペインだったため、確実な方を選びました。(自分が参加したときのチケット代は元値9ユーロだったようです。)

ホテルが闘牛場に近かったため、現地解散というのもお手軽でよかったです。

闘牛自体は、正直全部見る事が出来ませんでした。
生きている牛が刃物で刺され殺されるのを見るというのは、思っていたよりショッキングでした。今まで自分が食べてきた牛も、どういった形であれ殺されて、食べ物として頂いていたんだなぁと思うと、それを知らなかった自分が申し訳ないような気がしてぼろぼろ涙が出ました。

そういった事を肌で感じることが出来るので、一度は見ておいて損はないと思います。6タームパフォーマンスがあるので、もし途中退場したければ出来ます。1ターム20分くらいでした。自分は2ターム見て退場しました。自分以外にも、観光客の女の子は泣きながら途中退場している子もいました。

また、多少血生臭い臭いがします。自分としてはそれもキツかったです。

闘牛場は地元の方々も多く、生の雰囲気を味わえます。ただ、中には血気盛んな方もいるので、必要以上に揉め事を起こすのは避けましょう。
(自分の時は若いカップルと口論になり、周りのおじいちゃんがなだめようとしてくれて大事にはなりませんでしたが、危ないところでした。。)

闘牛場の雰囲気、音楽、歴史、地元の闘牛ファンは大変素晴らしかったです。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

【6月24日、7月1日限定】座席エリアが選べる!闘牛観戦ツアー<午後/日本語>by[みゅう]の参加体験談 | スペイン(マドリード)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

【6月24日、7月1日限定】座席エリアが選べる!闘牛観戦ツアー<午後/日本語>by[みゅう]の参加体験談 | スペインと言えばやっぱりコレ!一度は見てみたい本場の闘牛!国内最大規模のラス・ベンタス闘牛場で迫力のショーをご覧ください。レンガ造りのネオ・ムデハル様式の巨大な闘牛場も一見の価値有りですよ!