九州商船株式会社 | 五島列島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
九州商船株式会社
Kyushu Shosen
取り扱いエリア: 五島列島
情報最終更新日: 2021/09/29
9アクティビティ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 長崎と五島列島の福江島を結ぶ航路の割引乗船チケット。翌月末の分まで事前購入いただけます。最短1時間25分の高速船ジェットフォイルかリーズナブルなフェリー、お好きな方をお選びください。ご予約いただいた後に日程の変更も可能なので、旅程が変わっても安心です♪

    JPY2,740

    毎日
    2 ~ 5時間 (午前, 午後, 夜)
  2. 五島列島の福江島と上五島(中通島)を結ぶ離島間航路の乗船チケット。最短30分の高速船ジェットフォイルかリーズナブルなお値段が魅力のフェリー、お好きな方をお選びください。ご予約いただいた後に日程の変更も可能なので、旅程が変わっても安心です♪

    JPY710

    毎日
    1 ~ 2.5時間 (午前, 午後, 夜)
  3. 長崎と中通島の奈良尾港を結ぶ航路の乗船チケット。最短1時間15分の高速船ジェットフォイルかリーズナブルなお値段が魅力のフェリー、お好きな方をお選びください。ご予約いただいた後に日程の変更も可能なので、旅程が変わっても安心です♪

    JPY2,740

    毎日
    2 ~ 6時間 (午前, 午後, 夜)
  4. 長崎港と中通島の有川港を結ぶ航路の乗船チケット。長崎港を出発した高速船は、乗船時間1時間43分で上五島へと向かいます。ご予約いただいた後に日程の変更も可能なので、旅程が変わっても安心です♪

    JPY4,530

    毎日
    2.5時間 (午前, 午後)
  5. 五島列島宿泊パッケージに1名様で受付可能なプランが新登場!長崎から少し足をのばして、大自然とキリシタンの歴史が色濃く残る五島列島一人旅を楽しんでみませんか?長崎港〜福江島の往復船便(ジェットフォイル又はフェリー)と宿泊(1泊朝食付)をセットでカンタン予約!ホテルは福江港からアクセス抜群の3施設からお選びいただけます。五島の恵みをたっぷり味わえる夕食オプションやお得な延泊オプションもぜひご利用ください。
    食事付き

    JPY16,200

    毎日
    (午前, 午後)
  6. 長崎から少し足をのばして、カンタンお得に五島の島旅へ!シンプルに往復フェリー運賃と宿泊費(1泊2食付)がセットになっており、島内では自由に行動したい方にもおすすめです♫奈良尾港から車で5分のホテルマルゲリータ奈良尾に宿泊で、上五島観光の拠点にもぴったり。さらに、五島自慢の島グルメをたっぷり味わえる絶品ディナーも付いています。お得な延泊オプションもぜひご利用ください。
    食事付き

    JPY26,700

    毎日
    (午前, 午後)
  7. 五島列島の中で最南端に位置する福江島。その象徴となる鬼岳の隣に広がる五島カントリークラブは、ほとんどのコースから海が臨め、大自然を満喫できる最高のロケーションです。五島ならではのコースでひと味違ったゴルフをお楽しみください。

    JPY14,000

    毎日
    13時間 (午前)
  8. 長崎から少し足をのばして、大自然とキリシタンの歴史が色濃く残る五島列島を訪れてみませんか?シンプルに往復フェリー運賃と宿泊費(1泊朝食付)がセットになっており、島内では自由に行動したい方にもおすすめ♫福江港から徒歩5分のカンパーナホテル宿泊で観光の拠点にもぴったりです。五島の恵みをたっぷり味わえる夕食オプションやお得な延泊オプションもぜひご利用ください。
    食事付き

    JPY18,500

    毎日
    (午前, 午後, 夜)
  9. 長崎港発着!長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成遺産「頭ヶ島の集落」を日帰りで訪れます。石造りが特徴の頭ヶ島天主堂をはじめ、旧鯛ノ浦教会などへご案内。島内の移動は貸切タクシーで、ドライバーガイドの楽しい案内も見どころです。さらに、貸切船でしか行くことができないキリシタン洞窟も見学できます。昼食には五島うどんだけでなく、鯨の尾の身や本まぐろのお寿司をご堪能いただけます。

    JPY21,800

    グループ割引
    毎日
    11時間 (午前)

エリアからツアーを探す

九州商船株式会社 | 五島列島の観光&遊び・体験・レジャー専門 VELTRA(ベルトラ)

九州商船株式会社が運営する五島列島ツアー一覧
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜