シュノーケリング (八丈島(伊豆諸島)) | 伊豆諸島・小笠原諸島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
八丈島(伊豆諸島)

シュノーケリング

4.81
八丈島の青い海を手軽に体験するにはシュノーケルツアーがぴったり!子供でも参加できますので、家族旅行にもおすすめです。
シュノーケリングのレンタル器材はツアー会社が準備しておりますので、水着と着替えだけで参加できることも嬉しいですね。時期によっては野生のイルカ、ウミガメに出会えるラッキーなことも!
安全面が気になる海のツアーですが、お魚に出会えるお勧めポイントでインストラクターが丁寧にレクチャー。シュノーケル初心者の方や泳ぎに自信の無い方でも安心して楽しむことができます。
半日ツアーですので、山遊びや島内観光との組み合わせも可能!海と山をどちらも遊びたいアクティブ派旅行
でも大人気です。
本土では出会えないたくさんの海の生き物が暮らす八丈島。海の中の世界をシュノーケルで覗きに行きましょう!

【ここがポイント】
・八重根、ナズマドなどシュノーケルポイント多数。その日のベストサイトへご案内します!
・器材込み、インストラクターと一緒なので初心者、お子様も安心!
・ビーチからでも楽しめる美しい八丈ブルー!

伊豆諸島・小笠原諸島人気アクティビティランキング

シュノーケリングの新着体験談

美しい海に感動

2022/07/04 小さなお子様連れ komom

本来は朝一に八丈島に移動し、午後のシュノーケリングに参加予定でしたが、視界不良のため午前も昼の便も欠航となり、急遽翌日朝のシュノーケリングに振替頂きました。
当日は、インストラクターさんが丁寧に、8歳の娘にも分かりやすくシュノーケリングの... 続きを読む

閉じる

最高のひととき!

2022/05/28 カップル・夫婦 旅好き

泳ぎが得意ではないので不安もあったのですが、インストラクターの方はとても丁寧に指導してくれました。海中でもいろいろと教えてくれ、たくさんの魚を見たり、念願の亀も見れ、亀と一緒に泳ぐことも出来ました。自分でも水中カメラを持って行ったのですが、... 続きを読む

閉じる

きれいな八丈ブルーの海。こんな近くにウミガメが!

2021/11/03 カップル・夫婦 keko

8月に行きました。
とても天気が良く、海の青さにびっくりでした。勝丸クルーズも最高です。船で、個人ではいけないポイントへ連れて行っていただき、ゆっくりと眺める事も出来ました。
熟年夫婦の私たちの年代でも問題なく楽しめます。
海からの八... 続きを読む

閉じる

ウミガメシュノーケル

2021/09/26 カップル・夫婦 マリコ

最初にウミガメのシュノーケルに申し込んだ際は、台風のため欠航で八丈島に行くことができず、キャンセルしました。リベンジで翌週も申し込み、シュノーケルをすることができました。以前、沖縄でシュノーケルした際は、水がシュノーケルのゴーグルに入ってき... 続きを読む

閉じる

ウミガメたくさん見られました!

2021/08/29 ひとりで ともさん

ウミガメ見られると良いなぁくらいの気持ちだったのですが、思っていた以上にたくさん見られました!!
参加して本当に良かったです。

最初に丁寧にレクチャーして下さるので、初心者の方も安心だと思います。
ウエットスーツを着るので、沈みま... 続きを読む

閉じる

ウミガメと泳げました!

2021/08/07 カップル・夫婦 ちーちゃん

パートナーと2人で参加しました!3〜4名につき1人インストラクターの方がついてくださったので、密にならず安心でした。

見れるかな?と期待していたウミガメも、無事会えました!目の前をスーッと泳いでいった光景は忘れられません。
サンゴと... 続きを読む

閉じる

参加時の注意

服装・持ち物
【服装】
水着、着替え、バスタオル、ビーチサンダルなど

【持ち物】
日焼け止め、サングラス、帽子、酔い止め(酔いやすい方)などがあると便利です。
天気・気温
夏:最高気温27.2℃~29.3℃前後、最低気温22.2℃~23.9℃
冬:最高気温12.7℃~15.7℃前後、最低気温7.5℃~9℃

温暖多雨な気候が特徴の八丈島。「常春の島」ともいわれており、冬季の気温は都内との差が+10度ほど。夏季の気温は都内とさほど変わりませんが、風などの影響で体感温度は若干低く感じられます。降水量は10月が最も多く、台風も9~10月に発生します。

大雨・暴風に関連する警報・注意報の発令があるなど、安全が確保できないと判断される荒天時はツアーは中止されますが、基本多少の雨でも催行します。
年齢
シュノーケリングは6歳以上のお子さまからご参加いただけますが、ツアーによって年齢制限は異なりますので、詳細はツアーページをご確認ください。また、ライフジャケットのご用意がありますので、泳ぎが多少苦手でもご参加いただく事が可能です。

八丈島・シュノーケル

概要
東京より南へ約287kmの場所に位置する、ひょうたん型の形が特徴的な伊豆七島のひとつ。富士火山帯に属する火山島で、三原山と八丈富士から成り立つエリアです。羽田空港から約1時間ほどでアクセス可能で、島酒や島寿司をはじめとする郷土料理や透明度抜群の八丈島の海「八丈ブルー」が魅力的なリゾートアイランド。夏季はダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツが盛んで、運がよければアオウミガメやユウゼンと出会うことができます。10~6月の夏季以外のシーズンでは三原山や八丈富士トレッキングなど山のアクティビティもおすすめ。豊かな大自然が残る三原山では四季折々の植物を観察したり、八丈富士では空へと繋がっているような神秘さから「天空の道」と称される絶景を眺めながら散策することができます。また、島内には7つの温泉施設が点在し、アウトドア体験の後は湯めぐりを楽しむことも可能です。夜は流星群や流れ星が降り注ぐ満天の星空を体験してみてくださいね。様々な楽しみ方ができる八丈島観光は子供連れの家族旅行やカップルや友人との旅行にもオススメです。
楽しみ方
八丈島でのスノーケリングの魅力はやっぱり八丈ブルー。どこまでも続く綺麗な青い海とダイナミックな地形が特徴で、八丈島の海にはなんと700種類以上の海の生物が生息しています。そのため、世界中のダイバーが集まる人気のダイビングポイントとなっています。体験ダイビングよりも気軽に八丈ブルーを楽しめるシュノーケリングツアーでは、高確率でウミガメと色とりどりのお魚たちに出会うことができます。また、少人数制ツアーでしっかりとガイドがレクチャーするので、おひとり様はもちろん、子供連れの方や泳ぎが苦手な方でも安心。GoPro付きプランなら、思い出をしっかりと水中写真に残すことも可能ですよ。ツアー料金にフィンやマスクなどの器材込みなので、特別な準備は不要。水着とタオルのみ持参して参加してくださいね。

関連情報

行き方
飛行機利用の場合:羽田空港発、八丈島空港着約55分 *1日3往復
フェリーの場合:東京・竹芝桟橋発、八丈島・底土港または八重根港着約10時間20分 *1日1往復

◆島内交通手段
電車はないため、八丈町営バス、タクシー、レンタカーでの移動がメインとなります。また、バスに関しては本数も約1~2時間に1便の間隔での運行のため、事前の確認が必要となります。レンタカーは台数に限りがあるため、早めの予約をおすすめします。
ベストシーズン
八丈島の海を満喫したいのであれば、降水量が少ない7~8月がベストシーズンとなります。9~10月は台風発生の確立が高いため、飛行機やフェリーが欠航となる場合があります。
シュノーケリング (八丈島(伊豆諸島)) | 伊豆諸島・小笠原諸島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
八丈島の青い海を手軽に体験するにはシュノーケルツアーがぴったり!子供でも参加できますので、家族旅行にもおすすめです。 シュノーケリングのレンタル器材はツアー会社が準備しておりますので、水着と着替えだけで参加できることも嬉しいですね。時期によっては野生のイルカ、ウミガメに出会えるラッキーなことも! 安全面が気になる海のツアーですが、お魚に出会えるお勧めポイントでインストラクターが丁寧にレクチャー。シュノーケル初心者の方や泳ぎに自信の無い方でも安心して楽しむことができます。 半日ツアーですので、山遊びや島内観光との組み合わせも可能!海と山をどちらも遊びたいアクティブ派旅行 でも大人気です。 本土では出会えないたくさんの海の生き物が暮らす八丈島。海の中の世界をシュノーケルで覗きに行きましょう! 【ここがポイント】 ・八重根、ナズマドなどシュノーケルポイント多数。その日のベストサイトへご案内します! ・器材込み、インストラクターと一緒なので初心者、お子様も安心! ・ビーチからでも楽しめる美しい八丈ブルー!