出発地:

プエブラは世界遺産プエブラ歴史地区を持つ、植民地時代にスペイン人入居者によって一から作り上げられた街です。
天使の街の異名を持つ、ロサリオ礼拝堂があるサント・ドミンゴ教会やカテドラルなどからは、キリスト教文化の影響が大きかったことが伺えます。メキシコの代表的な郷土料理、モーレ料理発祥の地としても知られています。
3アクティビティ
1/1ページ
  1. メキシコシティから東へ約120キロ、ちょっと遠出して天使の街・プエブラと古代遺跡の残るチョルーラの街へご案内します。プエブラでは装飾や内観が見事な16世紀のカテドラルと気品溢れる歴史地区を、チョルーラではピラミッドの遺跡を見学します。
    送迎付き

    USD66.40

    20%
    OFF
    早割
    火, 木, 土
    10時間 (午前)
  2. 世界遺産プエブラとチョルーラを訪れます。アステカ時代に栄華を極めた大都市のあったチョルーラでは、教会を訪れます。別名天使の街、タイル張り街並みが美しい世界遺産プエブラでは、カテドラルを始めとした歴史的な建造物を見学します。
    送迎付き

    USD64.00

    毎日
    10時間 (午前)
  3. メキシコ第4の人口を抱える大都市プエブラは、16世紀の宗教建築などが多く残る旧市街が、「プエブラ歴史地区」として1987年に世界遺産登録されている観光都市です。安心の日本語ガイドとめぐるツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD185.00

    毎日
    9.5時間 (午前)

プエブラ歴史地区 (メキシコの世界遺産) | メキシコの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

プエブラは世界遺産プエブラ歴史地区を持つ、植民地時代にスペイン人入居者によって一から作り上げられた街です。 天使の街の異名を持つ、ロサリオ礼拝堂があるサント・ドミンゴ教会やカテドラルなどからは、キリスト教文化の影響が大きかったことが伺えます。メキシコの代表的な郷土料理、モーレ料理発祥の地としても知られています。