海に行く前の身体ならし!ダイビングプールでのスキンダイビング練習方法 image

海に行く前の身体ならし!ダイビングプールでのスキンダイビング練習方法

シーズン前は、ダイビングショップのダイビングプールでスキンダイビングの練習をします。

いきなり海で潜るのが不安な人や初心者のスキンダイバーは、ダイビングプールでドルフィンスイムの講習をしてから海で実践するのもおすすめです。

今回は、実際にダイビングプールに行って練習してきた様子をご紹介します。

ダイビングプールに行って練習してみたいけど、どうやって申し込めばよいのか分からない人やどんな雰囲気なのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 半日
  • Budget5,000円以下
  • Tools 道具(難度) ■■
  • Tools 事前準備(難度) ■■■
  • Tools 経験(難度) ■■■
  • 難易度の目安

ダイビングプールでスキンダイビング

ダイビングショップに問い合わせてみる

まずは、ダイビングプールが使用できるダイビングショップを検索してみましょう。

スキンダイビング・ダイビングプールで検索すると、スキンダイビングでダイビングプールが使用できるプランがあるダイビングショップを探せます。

ライセンスがないと使用できないダイビングプールもありますので、注意が必要です。

最寄りのダイビングショップにスキンダイビングで使用できるプランがない場合は、電話やメールで問い合わせてみるとよいでしょう。スキンダイビング用に、水温の調節をしてもらえるダイビングプールもありますのでそちらも問い合わせておくと、快適なスキンダイビングの練習ができます。

スキンダイビングでダイビングプールが使用できる場合は、日程を決めて予約します。

必要な道具や注意事項をしっかりと読んで、申し込みしましょう。また、申し込み時に写真や動画撮影が可能か質問しておきましょう。ダイビングボールや水中スクーターを試したいときも、必ず使用許可をとってから使用するのがマナーです。

今回は、岐阜県大垣市にある「ひょうたん島」さんでスキンダイビングの練習をしました。予約のときの対応も細やかな対応で、安心して申し込むことができました。

当日の流れ

ダイビングショップに到着したら、受付を済ませます。

体調チェックシートや体験する人の住所や名前を記入して、スタッフの方からダイビングプール使用についての説明を受けます。更衣室やシャワールーム・トイレの使用方法やダイビングプールの使い方など注意事項が説明されるので、しっかりと聞いておきましょう。

更衣室で着替えをすませたら、いよいよダイビングプールに向かいます。プールに入る前に準備運動をして、いよいよスキンダイビングの練習を始めます。

インストラクターによる、ドルフィンスイムの講習の場合は、スタッフの指示に従って練習しましょう。個人で貸切練習の場合は、練習プログラムを考えて練習するのがおすすめです。

練習が終わったらシャワーや着替えを済ませて、受付へ報告しますゴミなどは所定の場所に捨てて更衣室などを綺麗に使用することを心がけて、ダイビングショップの人と良好な関係を保ちましょう。

スキンダイビングの練習を撮影する

防水のウェアラブルカメラで撮影

スキンダイビングの練習を動画に残して、何度も撮影します。

ジャックナイフ・ドルフィンスイム・中性浮力などテーマを決めて遠くから固定して撮影すると全体の泳ぎが撮影できるので、おすすめです。撮影バディが一緒に泳いでしまうと、泳いでる姿が綺麗に撮影できません。

また、工夫して動画撮影をして後で編集する用の素材撮影をするのもよいでしょう。逆再生やコマ撮りなどを利用して、かっこいい動画を作りましょう。動画のコンテストなども頻繁に開催されていますので、素敵な動画で応募するのもおすすめです。

練習後に反省会

練習後は、バディとご飯を食べながら動画を見返します。

Wi-Fi機能があるウェアラブルカメラなら、すぐにスマートフォンにダウンロードできるのが魅力です。スマートフォンを見ながらお互いの泳ぎの反省をするので、食事を待つ時間も有意義な時間を過ごせます。

反省の他にも次回の予定を立てたり行きたい海の話になったりするので、練習後のこの時間は大切な時間です。美味しいものを食べて好きな話をするのは、ストレス解消にも役立ちますよ。

スキンダイビングの練習後は、ぜひ反省会(美味しいものを食べる会)をしてバディーとの絆を深めてください。

シーズン前の身体ならしに最適

夏前にダイビングプールで練習

ダイビングプールでの練習は、シーズン前の身体ならしに最適です。

冬や春はまだ水温が冷たく海に入るのに抵抗がある人でも、プールなら水温が22℃~24℃ぐらいなので安心して入れます。

また、シーズン前にプールでバッチリ練習しておけば海でかっこよく泳げます。きっちり練習してから海に行きたい初心者の方は、ドルフィンスイムの講習を受けてから海に行くのがおすすめです。独学で練習するより、実際に体験してから海でスキンダイビングすると、早く上達できるでしょう。

リフレッシュもできる

ストレスが溜まっているときに、プールで泳ぐとリフレッシュできます。身体を動かし普段使わない筋肉がほぐれるような感覚なので、海とはまた違ったリフレッシュ感です。プールの底ではボイラーの音や水の音が聞こえてきて、無機質なイメージの音に癒される体験ができるでしょう。

また、波がないので海よりは恐怖心が薄れて自由に泳ぐことができます。

プールでは、リフレッシュを意識してスキンダイビングするとストレス解消に役立ちます。練習の後時間が余ったら、ゆっくりと身体を伸ばす泳ぎにチャレンジするのもおすすめです。

まとめ

雨が続いて海に行けないときや夏前の身体ならしにおすすめなのが、ダイビングプールです。

ダイビングショップのダイビングプールを貸切にして、スキンダイビングできるショップも増えています。たくさんの人がいて感染症などが不安な人は、このように貸切のダイビングプールを使用すれば安心して練習ができます。感染症対策をしっかりとしているダイビングショップばかりなので、ぜひ利用してみてください。

また、スキンダイビングでダイビングプールを貸し出してくれるショップは、スキンダイビングのツアーも行っていることが多いです。そういったツアーに参加して交流を深めることで、スキンダイビングがより楽しくなります。

綺麗な海の情報交換など気軽にしてくれるスタッフの方もいますので、ダイビングショップのダイビングプールを使用してスキンダイビングの練習がおすすめです。

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります