野外音楽フェスにもぴったり!アウトドアファッションとおすすめブランド3選 image

野外音楽フェスにもぴったり!アウトドアファッションとおすすめブランド3選

キャンプ場や山で開催される野外音楽フェスの会場は、アウトドアを満喫できるような場所で行われることが多く、どの会場でもアウトドアファッションをしている方を見かけます。

夏フェスが行われるのは夏ですが、標高が高い場所では天気が変わると白い息が出て寒いと感じる場合もありますので、防寒対策をしたアウトドアファッションも人気です。

今回は、野外フェスで人気のアウトドアファッションについてご紹介しますので、キャンプやアウトドアの参考にしてみてください。

野外フェスに必須のアウトドアファッション

防水のアウター

山の天気は変わりやすく、晴れ予報でも急に雨が降ることがあります。初めて野外フェスに行ったとき、 コンビニで購入した雨具を装備 しましたが数時間で 全身 がびしょ濡れになりました。

そのことを教訓に今では、 高機能の防水アウター 動きやすいポンチョ などを持参して野外フェスに行きます。

防水のアウターがあれば、 ハイキングや登山 などにも使えます。 ゴアテックス の高機能なものは高価ですが、 お手入れをきちんとすれば 長く使えるのが特徴です。

多種多様なレインブーツ

雨が降ると野外フェス会場のスキー場やキャンプ場の足場は、 ぬかるみ ます。大きな 水たまり ができる場合もあり、足元が濡れて不快な思いをする可能性もあります。

そんなときに、快適に過ごせるのが レインブーツ です。

コンパクトになる軽量のレインブーツもありますが、野外フェスではレインブーツを どんな天候 でも履いている方も多いです。筆者はそのうちの一人で、持ち歩くのと履き替えるのが面倒なのでショートパンツなどに合わせてレインブーツをコーディネートしています。

ショート・ミドル・ロング丈の長さが選べ、カラーリングや柄も豊富にあるので おしゃれを楽しめるアイテム です。アウトドアで使用する場合は、 軽くて歩くときに負担にならないもの がおすすめです。

防寒対策が必要な場所も

標高が高い山などで行われる野外フェスは、 昼と夜の寒暖差 が激しい場所です。昼でも太陽が出ていないときは、 肌寒く感じる 場合もあります。

そんなときに役立つのが、 ヒートテックや薄手のダウンジャケット です。

暑さは着ているものを脱げば対処できますが、寒さはどうにもならないので寒暖差が激しい場所のアウトドアをするなら準備しておきましょう。

野外フェスで人気のアウトドアブランド

THE NORTH FACE

野外フェスで着ている方をよく見かけるブランドが、ノースフェイスです。キャンプ場や登山をする方からも人気のブランドなので、皆さんご存じかと思います。

最近は、 ハイブランドとのコラボレーション商品 もありおしゃれに敏感な方も気になるブランドではないでしょうか?

ハットからシューズまで、ありとあらゆるアウトドアウェアが揃っており 普段使いできるカラーリング が魅力のブランドです。キッズ向けの商品も充実していますので、親子で リンクコーデ もおすすめです。

mont-bell

モンベルは アウトドアの総合メーカー で、日本のブランドです。アウトドア商品がたくさん置いてある大型の店舗もたくさんあるので、訪れたことがある方も多いでしょう。

おすすめポイントは、ゴアテックスのレインウェアが破損したときに リペアできる商品が揃っている点 と昔の商品でも修復できるように 古いパーツなどをなるべく保管して修理対応している点 です。

長く使用することを考えて作られているので、コスパを考えてモンベルを選ぶのもよいでしょう。

公式HP にはギアやウェアの お手入れの仕方 などが記載されており、快適性と サスティナビリティー を実現できるブランドとして名高いです。

WORKMAN Plus

最近注目を集めているのが、日本の ワークマン です。

ワークマンは工事現場などで働く方がよく利用していたブランドですが、 過酷な現場で使用できるウェア なので アウトドアで使用する方 が増えてきています。

ワークマンの中でもワークマンプラスは、高機能と低価格をコンセプトにしているアウトドア・スポーツ・レインウェアの専門店です。有名ブランドの価格よりも リーズナブル ファッション性も高く なってきているので、野外フェスやキャンプによく行く方から支持されています。

また、ワークマン女子というカテゴリーもあり、 アウトドアが好きな女性 にもぴったりの商品ラインナップになっています。

まとめ

野外フェスで人気のアウトドアブランドは、キャンプ・登山・森林浴などにも使えるウェアがたくさんあります。

筆者が初めて野外フェスに行ったとき、嵐のような大雨が降り 大変な思い をしました。それから快適に過ごすためのファッションを考え、現在はコンパクトで持ち歩きやすい防水のポンチョを持ちショートパンツとレインブーツで野外フェスを楽しんでいます。

雨が降ったら 膝下まで隠れるポンチョを被るだけ なので、着がえる手間がかかりません。

アウトドアにも応用できるファッションなので、ぜひ参考にしてみてください。

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります