スキンダイビングのランチにインスタントグリルでお手軽にBBQを楽しもう! image

スキンダイビングのランチにインスタントグリルでお手軽にBBQを楽しもう!

スキンダイビングに行くと朝から夕方まで海で泳ぎますが、ランチに出掛けるにしても着替えや髪を乾かすのに時間がかかります。

ランチ後に、濡れたウェットスーツやラッシュガードを着るのはストレスを感じるので、インスタントグリルを持ってランチBBQを楽しんでいます。海の見える景色の良い場所で食べるBBQは、格別に美味しく感じます。

今回は、ランチBBQを楽しめるインスタントグリルや簡単なレシピなどをご紹介します。

キャンプなどにも活用できるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 日本
  • 1時間
  • Budget3,000円以下
  • Tools 道具(難度) ■■■
  • Tools 事前準備(難度) ■■■
  • Tools 経験(難度) ■■■
  • 難易度の目安

スキンダイビングでBBQする理由

ランチにでかける時間が惜しい

スキンダイビングをしていると、思ったよりも時間が早く過ぎていきます。透明度の高い海に出会えたときは、 一秒でも長く綺麗な海を堪能したい と思うのでランチに出掛ける時間がもったいないと感じます。

ランチに出掛けるときは、濡れた状態では行けません。 着替え 髪の毛を乾かして いる時間が惜しいので、スキンダイビングが終わってから食べようという気持ちになります。

BBQなら海から出たままの格好で、ランチを楽しめるので 着替える手間 が省けます。

ランチ後に、濡れたウェットスーツやラッシュガードを着る ストレス もありません。

特別な体験ができる

スキンダイビングをする場所は 景色の綺麗な場所 が多いので、景色を眺めながら食べるランチは絶品です。

バディーと 料理を持ち寄って 調理したり その土地のスーパー で食材選びを楽しめたりするので、心に残る思い出になります。

また、晴れていても海の状況が不安定な日は危険なので、 思い切ってBBQ を楽しむのもよいでしょう。波が高くなってきたときの保険として、インスタントグリルを持って行くのもおすすめです。本格的なBBQグリルセットは高価で手間もかかるので、 アウトドア初心者 にもぴったりの道具です。

インスタントグリルを持ってスキンダイビングへ行こう!

インスタントグリルの魅力

インスタントグリルは本格的なBBQセットがなくても 簡単に火起こし ができるグッズで、網を張ったアルミの箱に燃えやすい形成炭が入れられています。

一度火をつけたら 2時間ほど燃焼 しますので、十分にBBQを楽しめるグッズです。

ホームセンターやネット通販などで手軽に買えて、 BBQ後の処理も非常に簡単 です。値段も2人サイズで1,000円ほどで買えて、おしゃれなデザインのインスタントグリルも人気です。

準備が簡単でBBQ後はゴミ袋に入れて捨てるだけなので、スキンダイビングでBBQを楽しむのに重宝しています。

食材は家であらかじめ下準備します

海に入る時間を長く取りたいので、 食材の下準備 はあらかじめ でしておきます。材料の カット 味付け をしておけば、 時間の節約 になるでしょう。 アルミ皿 に下準備した具材を入れておけば、そのまま グリルの上に乗せられる のでおすすめです。材料は、悪くならないようにクーラーボックスに氷と一緒に入れておきます。

普通のBBQコンロより燃焼に癖があるので、分厚いお肉を焼く場合や強火で調理する場合は、 最初に 済ませておきましょう。

汁物を作るときも お湯 を使えば、早く温まります。

遠出したらその土地の食材を買ってみよう

スキンダイビング先のスーパーで買う場合も、 あらかじめ切ってある材料 下味が付いた ものを選ぶと手軽に楽しめます。お惣菜コーナーの誘惑もありますが、せっかくなので 手作りのBBQ を楽しみましょう。 海鮮 が美味しい地域やそこでしか食べられないものが売られていますので、 その土地のグルメ も楽しめるのが魅力です。

手軽に作れるBBQレシピ

ホイル焼き

ホイル焼きは、 ホイルに包んで焼く手軽なBBQメニュー です。

筆者は、 アルミ皿 に並べてホイル焼きを作ります。見栄えも良いし 汁漏れ の心配も少ないので、おすすめの方法です。

ホイル焼きのレシピは、 好きなものを並べて味付けするだけ です。

プチトマトに豚肉を巻いたもの・茄子とベーコンを交互に並べたもの・アヒージョ・ジャガイモとベーコンを交互に並べたものなど、 アイディア次第 で見栄えもよく美味しいホイル焼きができます。

下準備のとき バター オイル などは、現地で入れるようにしましょう。 ローズマリー などのハーブを入れて焼くとさらに風味がアップして美味しくなります。

注意点は、 火の通りにくい根菜 はあらかじめ レンジで柔らかく しておくか小さく切ってホイル焼きしましょう。

ガンボスープ

スキンダイビング後の 温かいスープ は、 冷え切った身体 に染みわたります。春先のスキンダイビングでBBQするときは、必ず 汁物 を作ります。海から出た後のグリーンカレー・クラムチャウダー・豚汁は、絶品です。

今回は、アメリカの煮込み料理である ガンボスープ のレシピをご紹介します。

【材料】

  • オクラ(1パック)
  • 鶏肉(お好みの量)
  • ニンニク(みじん切り少々)
  • コンソメ(1個)
  • トマト缶(1缶)
  • カイエンペッパー(少々)
  • 塩コショウ

鍋にニンニクを入れサラダ油で炒めて、香りが出てきたら具材を入れてさらに炒めます。そこに、トマト缶・コンソメ・塩コショウ・カイエンペッパーを加えて10分ほど煮込み出来上がりです。

アルミホイルでできた 使い捨ての鍋 も売られていますので、それを使えば洗う手間が省けます。

材料を炒めて煮込むだけの 簡単なスープ なので、おすすめです。

BBQグルメを簡単にアレンジして楽しみましょう

BBQは、じっくりと楽しむ人が多い アウトドアグルメ です。

しかし、スキンダイビングも楽しみたいので 簡単に調理できる工夫 が必要です。工夫次第で デザート 手の込んだ料理 も作れますので、ぜひ挑戦してみてください。

風が強い火は、上手く燃えない可能性もあるので 風除け を用意しておくと安心です。

また、場所によっては、 BBQ禁止の場所 もあるので事前にBBQできるか調べておきましょう。

しっかりランチを食べてスキンダイビングを楽しみましょう

スキンダイビングをしていると時間を忘れるので、お腹が空いていても 泳ぎたいという欲求 が勝ってしまう日もあります。スキンダイビングは、優雅に見えますが 体力消費が激しいスポーツ です。しっかりとランチを食べて 気力も体力も回復した状態 で、午後からも楽しみましょう。

また、食べすぎは波酔いの原因にもなるので、 腹八分目 を心がけましょう。

せっかく景色の良い場所に行くので、BBQとスキンダイビングでアウトドアを満喫してみてはいかがでしょうか?栄養補助食品なども手軽でよいですが、景色を眺めながらのんびりBBQする時間も素敵な時間を過ごせるでしょう。

海の状況が変わっても 楽しめる 保険 になるので、ぜひ参考にしてみてください。

特集・連載

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります