フルヴィエール教会 (観光情報) (観光情報) | フランス観光 VELTRA(ベルトラ)
フランスの渡航安全情報
体験を探す
観光情報

フルヴィエール教会

フランスにあるフルヴィエール教会は、ノートルダム大聖堂またはフルヴィエール大聖堂と呼ばれています。 フランス・リヨンのフルヴィエールの丘にある、バシリカ式の教会です。 モザイク、ステンドグラスはとても素晴らしい出来と言われており、使徒ヨハネのクリプトが特徴となっています。ガイドツアーも行われており、観光客は年間で150万人にも及びます。 かつてこの土地はかつてはトラヤヌヌによる古代ローマのフォルムであり、名前の由来ともなっています。
歴史
フルヴィエール教会は、1872年から1896年にかけ、街が一望できる位置に建てられました。 1870年にリヨン・コミューンにおける社会主義勢力に対しての勝利の象徴とされています。 設計はビザンチン様式、ロマネスク様式の2つとなっており、ゴシック様式は当時としてはまれであり採用されませんでした。 フルヴィエール教会は、2つの教会からできているところも大きな特徴とされています。

見どころ
フルヴィエール教会は世界的にも知られた教会であり、見た目も荘厳でそれだけでも見るだけの価値があると言えます。 当時を感じさせてくれる様式美溢れる作りもまた見所のひとつとなっており、年間の観光客がとてもたくさん来ているのも納得できるところがあります。 夜に訪れても周りの灯りがうっすらと灯っている中にあるフルヴィエール教会も昼間のそれとはまた違った顔を見せてくれます。 毎年12月の8日には光の祭典と呼ばれるイベントも行われているため、その時期に行ってみるのもいいのではないでしょうか。

フランス人気アクティビティランキング

フルヴィエール教会 (観光情報) (観光情報) | フランス観光 VELTRA(ベルトラ)
フランスにあるフルヴィエール教会は、ノートルダム大聖堂またはフルヴィエール大聖堂と呼ばれています。 フランス・リヨンのフルヴィエールの丘にある、バシリカ式の教会です。 モザイク、ステンドグラスはとても素晴らしい出来と言われており、使徒ヨハネのクリプトが特徴となっています。ガイドツアーも行われており、観光客は年間で150万人にも及びます。 かつてこの土地はかつてはトラヤヌヌによる古代ローマのフォルムであり、名前の由来ともなっています。