シャン ド マルス公園 (観光情報) (観光情報) | パリ観光 VELTRA(ベルトラ)

新型コロナウイルス感染症、発生に伴う現地ツアーの催行状況について

シャンドマルス公園は、パリ7区にあり、エッフェル塔のお膝元となる公園です。
ローマ神話の戦争の神である「『マルス』の野」を意味する名前がつけられています。
その名は、公園の南東側にあるエコールミリテール(陸軍士官学校)とセーヌ川の間にあった野菜畑を、練兵場として使用したことに由来しています。
また、シャンドゥマルス公園からは、エッフェル塔を見上げることができ、その迫力に圧倒されます。
一方で、公園は市民の憩いの場になっており、散策したり芝生に寝転んだりして、思い思いに過ごしています。
なお、ロンシャン競馬場ができる前は、ここでも競馬が開催されていました。
歴史
1791年には、平和を望むために集まった5万人に対して、国民衛兵隊が発砲したシャンドゥマルスの虐殺が起こりました。
フランス革命を率いてきた司令官ラファイエットの人気は急落し、そのときのパリ市長の処刑の理由ともなりました。
1855年以降、シャンドゥマルス公園では、パリ万国博覧会が4度行われています。
1991年には、公園を含むパリのセーヌ川周辺が、世界遺産に登録されました。
現在は、エコールミリテール側に平和を祈念する壁があり、何世紀にもわたって平和を願ってきた人々の想いが詰まった公園となっています。

見どころ
エコールミリテール前からは、シャンドゥマルス公園をはじめ、エッフェル塔やシャイヨー宮が一直線に見渡せます。
公園には、並木道だけでなく、洞窟や噴水盤、彫刻などがあります。
ここでは、定期的に大規模な音楽のコンサートが行われているので、機会に恵まれればそのひとときを楽しむことも記念になるでしょう。
また、7月14日のフランス革命の記念日には、花火が打ち上げられます。
6アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    見どころ満載のパリの街を、日本語ドライバー兼ガイドが効率良くご案内します。空港送迎も可能なので、到着日・帰国日にもおすすめ!オプションにて、ツアー中に使えるWi-Fiレンタルや、空港でのチェックイン&免税手続きのサポートもご用意しております。
    日本語対応あり
    送迎付き

    EUR350.00

    毎日
  2. No.2
    午前中でパリを一回り!バスで主要な観光スポットを巡りながら、撮影スポットや散策タイムでは下車観光もお楽しみください。観光前には土地勘がつかめるようパリ市内マップを全員にプレゼント。ランチ付プランも選べるパリ観光の初日にオススメのツアーです!
    日本語対応あり
    食事付き

    EUR49.00

    月, 木, 土
    3.5 ~ 4.5時間 (午前)
  3. No.3
    パリ市内を縦横無尽に走る2階建てのオープントップバスとセーヌ川のクルーズが楽しめるボートが乗り降り自由!オープントップバスは3つの周遊コースで約30か所、ボートは9か所を自由に乗り降りすることができます。

    EUR48.00

    セット割
    毎日
  4. フランスの国民車として親しまれた名車、シトロエン2CVに乗って行くパリ観光ツアー。有名観光スポットを網羅した3時間プラン、隠れた名所を新たに発見できる2時間プランをご用意しています。オプションで凱旋門の入場チケットもご購入いただけます。
    送迎付き

    EUR89.00

    毎日
    2 ~ 3時間 (午前, 午後, 夜)
  5. 初めてのパリならこれ!パリ半日観光と、ルーブル美術館を組み合わせた凝縮ツアー。午前中はバスで主要スポットをまわり、午後からはルーブル美術館へ。フランスならではの『カフェ飯』を味わえるランチ付きやセーヌ川ディナークルーズ付きプランも選択可能!
    食事付き

    EUR102.00

    月, 木, 土
    8時間 (午前)
  6. あなただけの日本語ガイド/アシスタントがご案内!既製のツアーでは訪れる機会のない隠れた名所など、自分流のパリが楽しめます。好きなところだけを無駄なく巡れるので、パリが初めての方はもちろん、リピーターの方もどうぞ♪
    日本語対応あり
    送迎付き

    EUR300.00

    毎日
    4.5時間 (午前, 午後)

パリの人気アクティビティランキング

シャン ド マルス公園 (観光情報) | パリ観光| VELTRA(ベルトラ)

シャンドマルス公園は、パリ7区にあり、エッフェル塔のお膝元となる公園です。 ローマ神話の戦争の神である「『マルス』の野」を意味する名前がつけられています。 その名は、公園の南東側にあるエコールミリテール(陸軍士官学校)とセーヌ川の間にあった野菜畑を、練兵場として使用したことに由来しています。 また、シャンドゥマルス公園からは、エッフェル塔を見上げることができ、その迫力に圧倒されます。 一方で、公園は市民の憩いの場になっており、散策したり芝生に寝転んだりして、思い思いに過ごしています。 なお、ロンシャン競馬場ができる前は、ここでも競馬が開催されていました。