サン シュルピス教会 (観光情報) (観光情報) | パリ観光 VELTRA(ベルトラ)
フランスの渡航安全情報
体験を探す
観光情報

サン シュルピス教会

4.59
サン・シュルピス教会は、ネオ・クラシック様式のカトリックの大聖堂で、パリ6区のサン・シュルピス広場の東側にあります。
パリで2番目に大きい教会です。
「ダ・ヴィンチ・コード」で世界中に有名になった教会ですが、「ダ・ヴィンチ・コード 」は小説のため、書かれてあるすべてがそのまま真実ではありません。
教会の内部には、子午線が書かれたオベリスクがあります。
また、ドラクロワのフレスコ画があるので、ドラクロワに関心がある人は、ドラクロワ美術館とあわせて訪れると良いのではないでしょうか。
歴史
1646年に、ルイ13世の王妃であるアンヌ・ドートリッシュが建築を命じました。
1745年に一度完成したものの、火災や落雷などに遭い損傷し、修復を経て最終的に完成しました。
1799年には、ナポレオンが総裁政府を倒した「ブリュメールのクーデター」に3日前に、ナポレオンの名誉を祝う祝典が開催されました。
その後、1870年~1871年の普仏戦争で損傷した北塔の修復工事が1999年から行われ、2011年に完了しました。

見どころ
【パイプオルガン】世界最大級のパイプオルガンがあることで有名です。日曜日のミサのときには、18~19世紀に作られたパイプオルガンの演奏もありますので関心のある人はぜひ訪れてみてください。
【芸術作品】教会前の広場にヴィスコンティの「4人の枢機卿の噴水」、教会内部にドラクロワのフレスコ画「天使とヤコブの闘い」「悪魔を撃つ大天使ミカエル」などがあります。

パリ人気アクティビティランキング

サン シュルピス教会の新着体験談

電動自転車でめぐる パリ市内観光ツアー <英語ガイド>

パリを深く知る!

2022/09/22 カップル・夫婦 フィボ

通り一遍の観光ツアーと違い、パリの古代から現在に至る精神の一部を見て感じる事ができるツアーでした。英語での案内なので細かなところまで理解できたかは不安ですが、ホストの俳優並みの動作・表現と熱意で大筋は理解できたと思います。ただ3時間のツアー... 続きを読む

閉じる
乗り降り自由!オープントップバス+セーヌ川遊覧ボートチケット パリの主要スポットを観光<2日券または3日券> *当日08:30まで予約OK

良かった!

2020/02/10 ひとりで まりぴょん

いつも、メトロでの移動だったのでバスやボートの移動がパリの景色を満喫出来て良かったです!イヤホンも役に立ちました(^ ^)

乗り降り自由!オープントップバス+セーヌ川遊覧ボートチケット パリの主要スポットを観光<2日券または3日券> *当日08:30まで予約OK

コスパ良し

2019/12/22 家族 naoko

バスの2階から撮る写真は写りが良いです。
3日間のチケットはコスパも良く、また利用したいです。

乗り降り自由!オープントップバス+セーヌ川遊覧ボートチケット パリの主要スポットを観光<2日券または3日券> *当日08:30まで予約OK

微妙

2019/12/13 友達・同僚 もこもこ

観光地はモーラされてるとは思いますが、とにかく遅い。街中で渋滞、一方通行など有るとは思いますが、なかなか進みません。
日本語の観光ガイドが聞けますが、たまーに流れて来るだけで、壊れてる?と思うくらいてすし、停留所に着いても何もお知らせが無... 続きを読む

閉じる
電動自転車でめぐる パリ市内観光ツアー <英語ガイド>

ガイドさん良かった

2019/12/06 家族 やすべえ

スワン最高!親切で博識で興味を持たせてくれてありがとう。ただの観光旅行ではできない体験ができて皆さんにお薦めです

乗り降り自由!オープントップバス+セーヌ川遊覧ボートチケット パリの主要スポットを観光<2日券または3日券> *当日08:30まで予約OK

初パリの方には是非おすすめ

2019/11/12 カップル・夫婦 じんじん

初めてのパリで右も左も分からなかったので、こちらのバスを利用しました。3日間券を購入して、パリ初日にとりあえず利用。コースが3つあるので、そのコースを網羅すればパリの主要な所は巡れます。私の場合とりあえず赤と青のコースを回りパリの概要を把握... 続きを読む

閉じる
サン シュルピス教会 (観光情報) (観光情報) | パリ観光 VELTRA(ベルトラ)
サン・シュルピス教会は、ネオ・クラシック様式のカトリックの大聖堂で、パリ6区のサン・シュルピス広場の東側にあります。 パリで2番目に大きい教会です。 「ダ・ヴィンチ・コード」で世界中に有名になった教会ですが、「ダ・ヴィンチ・コード 」は小説のため、書かれてあるすべてがそのまま真実ではありません。 教会の内部には、子午線が書かれたオベリスクがあります。 また、ドラクロワのフレスコ画があるので、ドラクロワに関心がある人は、ドラクロワ美術館とあわせて訪れると良いのではないでしょうか。