出発地:

ククルカン・ピラミッドのエル・カスティージョ(El Castillo)は、底辺55.5m、高さ24mです。昔は登れたそうですが、今は登ることができません。ピラミッドの4面それぞれ91段の階段があり、最後の神殿に登る階段1段の合計で、91×4+1=365日分の段があり1年を表しています。マヤ・トルテカ時代に崇められた神「ククルカン」は「羽毛を持つ蛇」の姿をしているそうです。北面の階段の下には蛇の頭だけがあります。春分の日と秋分の日には、階段の側面の影が羽となって、ククルカンが降臨した姿が見られるようで大混雑するそうです。
歴史
1997年の秋から2004年の夏にかけ、スペイン北部の旧石器洞窟壁画の情報化のため、バスクからカンタブリア、アストリアスの各地方に分布する約120余の壁画包含洞­窟の中から主な洞窟23箇所を選んでその洞窟空間ならびに周辺景観を撮影する機会を得ました。第1巻「エル・カスティ-ジョ洞窟」は約15万年前の­アシュール期にまで遡る古い層序で知られるこの洞窟には、ヒトの居住跡の他、主なものだけでも数百点以上もの壁画が確認されています。マヤの最高神ククルカン(羽毛をもつヘビ)が祭られたメキシコ・チチェンイツァのピラミッド「エル・カスティージョ」は付近にある四つの聖なる泉、セノーテの位置と太陽の動きに合わせて、9世紀頃に造られたと考えられています。

見どころ
マヤ文明といえば有名なチチェン・イッツァです。その中でも一番有名なのが、このエルカスティージョで1辺56mの正方形がベース、高さ24mのピラミッドです。現在は修復作業も進められており、ピラミッドを見る方向によっては修復前・修復後と両方楽しめます。
6アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    メキシコの代表的遺跡群のひとつ「チチェン・イッツァ」を訪れるツアー。マヤ文明の栄華を彷彿させる壮大な遺跡が残り、見るもの全てを古代ロマンへといざないます。聖なる泉セノーテの観光付き!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD119.00

    毎日
    10.5 ~ 12時間 (午前)
  2. No.2
    早朝出発・朝到着・朝観光!先客の少ない時間にチチェン・イッツァ遺跡へと到着し、遺跡を観光できるツアーです。気温も上がり切っていない快適な時間帯に、他の観光客が少ない静かな遺跡をじっくりとお楽しみください。
    送迎付き

    USD67.00

    毎日
    9 ~ 11時間 (午前)
  3. No.3
    日本語ガイドと行く!マヤ文明の中でも最大規模を誇る世界遺産チチェン・イッツァ遺跡を訪れるツアーです。混載ではない自社催行。日本語でじっくりと遺跡内をご案内します。帰りはセノーテ・イキル観光もお楽しみください。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD120.00

    日, 月, 水, 金
    9 ~ 10時間 (午前)
  4. 早朝出発だから実現!混雑もすくなく気温も上がり切っていない快適な時間帯でのチチェン・イッツァ遺跡観光をご堪能いただけます。セノーテでの遊泳やエクバラン遺跡ではピラミッド登頂もOKの充実ツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD280.00

    火, 木, 土
    11 ~ 12時間 (午前)
  5. 早朝にカンクンを出発。人が少なく涼しい時間に、公認ガイドとチチェン・イッツァ遺跡を観光します。観光後はマヤランドをベースにゆったり昼食とフリータイム。神聖なマヤの儀式参加、プラネタリウム鑑賞など充実の内容で、15時頃カンクンに戻ります。
    送迎付き
    食事付き

    USD109.00

    日, 水, 金
    8.5 ~ 10.5時間 (午前)
  6. 世界遺産チチェン・イッツァ遺跡の2時間ガイドツアーを楽しんだ後は、遺跡すぐそばのホテルマヤランドに宿泊。ナショナルジオグラフィック誌で世界のトップホテルにも選ばれたことのある高級ホテルでゆっくりおくつろぎください。
    送迎付き
    食事付き

    USD209.00

    毎日
    (午前)

メキシコの人気アクティビティランキング

エルカスティージョ (観光情報) | メキシコ観光| VELTRA(ベルトラ)

ククルカン・ピラミッドのエル・カスティージョ(El Castillo)は、底辺55.5m、高さ24mです。昔は登れたそうですが、今は登ることができません。ピラミッドの4面それぞれ91段の階段があり、最後の神殿に登る階段1段の合計で、91×4+1=365日分の段があり1年を表しています。マヤ・トルテカ時代に崇められた神「ククルカン」は「羽毛を持つ蛇」の姿をしているそうです。北面の階段の下には蛇の頭だけがあります。春分の日と秋分の日には、階段の側面の影が羽となって、ククルカンが降臨した姿が見られるようで大混雑するそうです。