祇園祭 山鉾巡行 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

祇園祭 山鉾巡行

4.62
(8)
祇園祭のハイライトです。7月17日の神幸祭で街中の御旅所に神輿でお出ましに、7月24日の還幸祭で神社にお帰りになる神体の通行の前に、町衆が予め町・通りを清めるために始められました。そのために7月17日の前祭と7月24日の後祭の2つの巡行が生まれました。元々は付け祭りでしたが、町単位で山鉾が出されたため、各町が贅を競い合うようになり、京の町衆の財力を背景にこちらの方がはるかに大規模で豪華になりました。
歴史
祇園祭のはじまりは、869(貞観11)年といわれています。当時、京の町では疫病が流行し、大勢の死者が出る悲惨な状況でした。医学の発達していなかった当時、猛威を振るったこの病を人々は神仏に祈願することで収めようとしました。そして国の数にちなんで66本の矛を神泉苑に立て、さらに祇園社の神輿を担いで参集しました。こうして祈祷により疫病退散を祈った「祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)」が、祇園祭の起源だと言われています。山鉾巡行は、交通規制の都合により1966年(昭和41年)より後祭巡行も17日に統合されたものの、2014年(平成26年)に再び以前の形に戻りました。

見どころ
前祭の山鉾は長刀鉾を先頭に9時に四条烏丸を出発し、午前中から昼過ぎにかけてコースを回ります。後祭の山鉾は7月24日の9時30分に烏丸御池を出発し、前祭の逆コースを回ります。生稚児の乗る鉾がないため、注連縄切りはありません。くじ改めは京都市役所前で行われます。以前は巡行時に鉾の上から囃し方が粽(ちまき)を観衆に投げていましたが、粽を取り合った観客が怪我をしてからは危険とされ現在は禁止されています。この粽は厄除け用として作られており、笹の葉の中に餅は入っていません。

京都人気アクティビティランキング

祇園祭 山鉾巡行の新着体験談

貸切観光タクシー 京都三大祭り「祇園祭」御池通 観覧席で山鉾巡行前祭を観賞 (2024年7月17日限定)by ヤサカ観光

祇園まつり 前祭山鉾巡行

2023/08/05 家族 さとさくら

京都が大好きで、何度も旅行に行っておりましたが、祇園まつりを見る事は初めてでした。間近で山鉾巡行を見る事ができて、感動しました。
当日はホテルまでタクシーで迎えに来て頂き、初めての見学でも安心して、参加することができました。

貸切観光タクシー 京都三大祭り「祇園祭」御池通 観覧席で山鉾巡行前祭を観賞 (2024年7月17日限定)by ヤサカ観光

素敵なお祭りでした

2023/07/18 家族 るんれん

キャンセル待ちをしてやっととれました。
激混みと猛暑で覚悟して参加したのですが、木陰で凍らせたドリンクに冷たくなるタオルなどついていて快適にみられました。
反対側のかたはお日様カンカンで気の毒なくらいでした。
いつもはもっと早く終わる... 続きを読む

閉じる
貸切観光タクシー 京都三大祭り「祇園祭」御池通 観覧席で山鉾巡行前祭を観賞 (2024年7月17日限定)by ヤサカ観光

タクシーで行く祇園祭御池観覧席で山鉾巡行前祭を鑑賞

2016/07/19 家族 ササキ トモコ

最初はホテルが決まらず京都駅で集合だったのに間近かになったら電話
をしてきてくれてホテルまで迎えに来るように段取りをタクシー会社の方から変えててくれたんです。前日まで風邪で体調がすぐれず電話もできず駅での集合もつらいなぁと思っていたのです... 続きを読む

閉じる
祇園祭 山鉾巡行 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
祇園祭のハイライトです。7月17日の神幸祭で街中の御旅所に神輿でお出ましに、7月24日の還幸祭で神社にお帰りになる神体の通行の前に、町衆が予め町・通りを清めるために始められました。そのために7月17日の前祭と7月24日の後祭の2つの巡行が生まれました。元々は付け祭りでしたが、町単位で山鉾が出されたため、各町が贅を競い合うようになり、京の町衆の財力を背景にこちらの方がはるかに大規模で豪華になりました。