京の食文化体験 | 京都の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
「京料理」とは、京都の歴史上形成された日本料理の五体系「大饗料理、精進料理、本膳料理、懐石料理、おばんざい」の総称であり、だしを基本とする調理法によって創り出される料理と、それらを盛りつけ・配膳し、しつらえの中でもてなす伝統文化に根ざした総合的な技能のことを指します。見た目も綺麗で洗練されたものも多く、春には桜の花びらが添えられていたりと「四季」を五感で感じることができるのも大きな特徴のひとつです。

一方で「京の食文化」に欠かせない「京菓子」は、年中行事や四季の季節感を大切にする京都人の美意識によって育まれてきたのであり、有名社寺が多い土地柄、伝統の祭礼や儀式のための供餞菓子や芸術、茶の湯によって洗練された集大成のひとつでもあります。近年では気軽に楽しめる京の食として、八つ橋など「お土産」が人気を集めていますが、和菓子作り体験などができる施設も充実してきており、今までと比べ身近なものとなりました。

観光の合間に、自分へのご褒美に。旅の醍醐味でもある食事を事前予約でお得に手配しませんか?
38アクティビティ
1/2ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    京都が誇る、京菓子の世界。江戸慶応元年創業の京菓子の老舗「甘春堂」で販売している和菓子を実際に作ることができます。季節(1ヶ月毎)に作るお菓子は異なります。職人が丁寧にゆっくりとお教えいたしますので、初めての方でも心配はご無用です!京都旅行の記憶に残る思い出作りにいかがでしょうか。

    JPY1,980

    毎日
    1.5時間 (午後)
  2. No.2
    舞妓さんの京踊りを見ながら、京都老舗料亭のお食事をご満喫いただける京都ならではのお座敷ランチ。1曲の踊り鑑賞と花街遊びも予定しております。舞妓さんからの千社札のプレゼントもございます♪最後に個人での記念撮影もできるお得なプランです。
    食事付き

    JPY3,900

    毎日
    1.5時間 (午後)
  3. No.3
    上質な餡を使って、見た目にもあざやかな、季節の練り切り2個を作っていただきます。色の配色やバランスのとり方はセンスの見せ所!練り切りはその場で召し上がっていただいても、お土産に持ち帰ることも可能です。京都の和菓子の世界をぜひ体験してみてください。

    JPY1,500

    毎日
    1時間 (午前, 午後)
  4. 初の春の夜間一般公開!雨月茶屋での夕食を楽しんだら、三宝院または霊宝館の特別夜間拝観を時間定員制でお楽しみいただきます。大枝垂れ桜をはじめとする桜、三宝院庭園や御殿の拝観、霊宝館の特別展示も行います。三宝院、霊宝館それぞれ参拝日からお選びください。

    JPY5,500

    日, 金, 土
    (夜)
  5. 京都が誇る、京菓子の世界。江戸慶応元年創業の京菓子の老舗「甘春堂」で販売している和菓子を実際に作ることができます。季節(1ヶ月毎)に作るお菓子は異なります。職人が丁寧にゆっくりとお教えいたしますので、初めての方でも心配はご無用です!京都旅行の記憶に残る思い出作りにいかがでしょうか。

    JPY1,980

    毎日
    1.5時間 (午前, 午後)
  6. 京都の醍醐寺境内にある雨月茶屋で1日限定30膳の『一味膳』『桜御膳』をお召し上がりいただけるプランです。醍醐寺の伝統料理をもとに創り出された醐山料理。京野菜を四季に応じて盛り合わせた贅沢な箱膳を京都の風情を感じながら堪能してみませんか?

    JPY3,630

    毎日
    (午後)
  7. 京都ならではの和菓子作りに挑戦してみませんか?練り切り・和菓子作りでは昔ながらの道具を使って本格的な和菓子作りを気軽に体験することができます。お点前も楽しめるお抹茶体験付きのプランもご用意しています。

    JPY1,450

    毎日
    (午前, 午後)
  8. 京都の夜を有意義に過ごすことのできるバスツアー。閉門後の雲龍院を特別拝観。お寺の方のご案内もお楽しみください。その後は、ライトアップされた参道が美しい閑臥庵にて、「普茶弁当」をお召し上がりください。
    食事付き

    JPY7,600

    毎日
    3.5時間 (夜)
  9. 風情ある秋の京都、登録有形文化財の冨田屋にて町家のライトアップが開催されます!町家内部見学とライトアップを一緒に楽しめる貴重な機会、京懐石を味わえる食事付きプランもご用意。1名様からご予約可能です。疫病の1日も早い終息を祈って灯りを灯します。
    食事付き

    JPY2,000

    毎日
    2時間 (夜)
  10. 伝統を重んじた京料理。その格式高い匠の味を気負うことなく楽しめるお店です。純和風から少し離れたジャズが静かに流れるテーブル席、夏には全席掘り炬燵式の鴨川の納涼床。和気藹々と味わう料理は本店・田鶴自慢の正統派。仙鶴での一時をお過ごしください。
    食事付き

    JPY7,161

    毎日
    (夜)
  11. 本物の花びらを使った「花和菓子」作りを体験してみませんか?宝石のようにキラキラ輝く花和菓子は、ついついたくさん写真を撮ってしまいそうな可愛です♪ 京都老舗あんこ屋さんの餡を使用しているので、美味しさも格別!あなただけの作品を作ってみてはいかがでしょうか。

    JPY2,000

    毎日
    0.5時間 (午前, 午後)
  12. 舞妓さんの京踊りを見ながら、京都老舗料亭のお食事をご満喫いただける京都ならではのお座敷ディナー。1曲の踊り鑑賞と花街遊びも予定しております。舞妓さんからの千社札のプレゼントもあります♪最後に個人での記念撮影もできるお得なプランです。
    食事付き

    JPY4,900

    毎日
    1.5時間 (夜)
  13. 京都の町家を利用したお店の先駆け「くろちく百足屋本店」で、お食事はいかがですか。京都人の暮らしや文化を肌で感じさせてくれる生粋の京空間で京料理を召し上がれるこのプランで、たっぷり京都を堪能してください。
    食事付き

    JPY3,300

    日, 月, 火, 木, 金, 土
    (午後, 夜)
  14. 和三盆100%を使用したお干菓子作り体験。使用するのは全国でも数名しかいない木型職人が作成した本物の木型です。オプションで色を加えれば、あなただけのカラフルな干菓子が仕上がります。出来たてのお干菓子の驚くような口溶けをお楽しみください♪

    JPY1,300

    毎日
    0.5 ~ 1時間 (午前, 午後)
  15. 京都名物であり定番のお土産の「生八つ橋」。今度の京都旅行では手作りしてみませんか?つぶあん・抹茶・焼き栗の3種類にチャレンジ!生地から作っていただきます。更に本格的な体験をしたい方には、10歳から参加ができる「ほんまもん講座」がおすすめ。つぶあん・きなこ・にっき・生地づくりと、「生八つ橋」を極めることができるプランです。京都での思い出作りにいかがでしょうか。

    JPY1,280

    毎日
    (午前, 午後)
  16. 宇治茶一筋、祇園にお店を構え六十余年の祇園辻利。濃厚な抹茶とサクサク感がたまらないワッフルコーンの贅沢なソフトクリームをお召し上がりください。京都駅八条口店、または祇園本店よりお選びいただけます。観光の帰り道や散策、お買い物のついでにもお気軽にお立ち寄りください♪
    毎日
  17. 素材や栄養にこだわったメニューを提供しているmusubi cafe嵐山。京都らしい和風スイーツの抹茶パウンドケーキと京番茶のセットをご用意いたしました。嵯峨・嵐山への入口に位置しているので、観光のついでに立ち寄るのにおすすめです。
    日, 月, 水, 木, 金, 土
  18. しっとり雨の滴る梅雨の京都。この時期に訪れるなら、沙羅双樹の寺・東林院は必見です。沙羅の花は、朝に咲き夕方には散ってしまう一日花。可憐な花がポトリ、ポトリと苔庭に落ちる様は、何とも儚げで風流です。京のおばんざい御膳の昼食と併せてお楽しみください。
    食事付き

    JPY3,960

    毎日
  19. 生搾り製法にて、豆乳・おから・湯葉づくり、そして「おぼろどうふ」から 「木綿どうふ」までを作ります。「おとうふ」を作りながら、オリジナル七味も調合していただきます。手づくり湯豆腐をおばんざいと共にご賞味いただくセットプランもご用意しております。

    JPY1,680

    毎日
    (午前, 午後)
  20. おまんじゅうと言っても、いろんなおまんじゅうや歴史がある和菓子。約1時間の体験でお作りいただける、3種類のおまんじゅう作りをご用意しました♪特に珍しい生麩のおまんじゅうは4つの味でとっても美味しい!ぜひお気軽にご参加くださいね。

    JPY1,450

    毎日
    (午前, 午後)

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

京の食文化体験 | 京都の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)

「京料理」とは、京都の歴史上形成された日本料理の五体系「大饗料理、精進料理、本膳料理、懐石料理、おばんざい」の総称であり、だしを基本とする調理法によって創り出される料理と、それらを盛りつけ・配膳し、しつらえの中でもてなす伝統文化に根ざした総合的な技能のことを指します。見た目も綺麗で洗練されたものも多く、春には桜の花びらが添えられていたりと「四季」を五感で感じることができるのも大きな特徴のひとつです。 一方で「京の食文化」に欠かせない「京菓子」は、年中行事や四季の季節感を大切にする京都人の美意識によって育まれてきたのであり、有名社寺が多い土地柄、伝統の祭礼や儀式のための供餞菓子や芸術、茶の湯によって洗練された集大成のひとつでもあります。近年では気軽に楽しめる京の食として、八つ橋など「お土産」が人気を集めていますが、和菓子作り体験などができる施設も充実してきており、今までと比べ身近なものとなりました。 観光の合間に、自分へのご褒美に。旅の醍醐味でもある食事を事前予約でお得に手配しませんか?