メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ (観光情報) (観光情報) | メキシコ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ
4.31
1987年に登録されたメキシコの世界遺産(文化遺産)で、メキシコ・シティの中央広場(ソカロ)を中心にスペイン植民地時代の建築物が立ち並ぶ地域と、メキシコ・シティの南約20kmにある水郷ソチミルコを指します。16世紀初め、アステカ帝国を滅ぼしたスペイン人は、直ちに植民地の首都の建設を始めました。240m四方の中央広場には、250年もの歳月をかけて改築された大聖堂をはじめ、国立宮殿、アラメダ公園などの遺産が残っています。
歴史
メキシコの首都であり世界都市でもあるメキシコシティの中央広場ソカロ。この広場を中心にスペインの植民地時代の建築物が立ち並ぶ歴史地区とメキシコシティの16の行政区の1つソチミルコは1987年に世界遺産に登録されました。16世紀ころアステカ帝国を滅ぼしたスペインは現在の歴史地区周辺を植民地にするべく、首都の建造を始め現在でも約250年の月日をかけて建造された大聖堂や国立宮殿など、数多くの建築物が残っています。1978年の大聖堂の工事中に偶然にも1枚岩の円盤と神殿跡が発見されるまでは、アステカ帝国の都として発展していた場所だったということは誰も知りませんでした。

見どころ
メトロポリタン・カテドラル、国立宮殿、アステカ帝国の神殿跡テンプロ・マヨールなど見どころが集中しています。カテドラルの裏の通りには、十字架、聖書、置物などキリスト教関連のものを売るお店がたくさんあるので、お土産にしたい方はぜひお店をのぞいてみてください。また、ソチミルコの船乗り場付近には土産屋もありオススメです。

メキシコ人気アクティビティランキング

メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコの新着体験談

日本人にはイマイチ

2020/03/28 友達・同僚 りっち

ソチミルコのカラフルな小舟に乗りたくてツアーに参加しました。最初に行ったヨコアカンは期待していたよりは何もない街で、ベンチに座ってバス待ち、フリーダ・カーロ美術館もあまり日本人には馴染みがなく時間を持て余しました。ソチミルコも乗るだけで舟で... 続きを読む

閉じる

ソチミルコ運河クルーズを, マリアッチ演奏で 満喫^^♪

2020/03/10 友達・同僚 FuteNeko

メキシコシティから小一時間, ソチミルコ運河クルーズ & 壁画観光ツアーを。市内を観光されて, まだお時間があるようであれば, 郊外の観光もおススメです。カラフルな船でクルーズ, マリアッチ演奏がハイテンションで, 音楽を演奏してくれます。... 続きを読む

閉じる

楽しい一人旅

2020/02/24 ひとりで 歩く歩く

ガイドさんの親身な対応と盛り上げで、久しぶりに心から笑えた一日でした。
帰りが遅くなりましたが、ホテルの近くでバスから降ろしてくださいました。
大行列のフリーダ・カーロ美術館にすんなり入場できるのはお得です。

効率的なツアー!マリアッチも聞けました!

2020/02/17 家族 ラッキー家族

他の参加がなく、家族3人の貸切になりました。
150ペソで念願のマリアッチも聞けました。
帰路にお願いして、フリーダカーロも外観を見て、写真撮影できました。満足度大です。

楽しかった

2020/02/03 友達・同僚 chiko

小人数で時間余裕があり
高齢者同士の旅で少々不安もありましたがテオティワカン遺跡頂上にも登れ大満足でした。
添乗員さんが私達がさっさと登って行くのでびっくりしてた様子
パワー、若さ、元気沢山頂きました
次回も挑戦したいです。

ガイド付きで面白い!

2020/01/31 家族 トモキ

メキシコの歴史を感じられるとても良いツアーでした!日本人ガイドさんの説明が丁寧かつ詳細で、メキシコの歴史や文化についてたくさん知ることができました。

自分が参加した時は他の参加者がおらず、家族3人でプライベートなツアーを楽しめました。... 続きを読む

閉じる
メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ (観光情報) (観光情報) | メキシコ観光 VELTRA(ベルトラ)
1987年に登録されたメキシコの世界遺産(文化遺産)で、メキシコ・シティの中央広場(ソカロ)を中心にスペイン植民地時代の建築物が立ち並ぶ地域と、メキシコ・シティの南約20kmにある水郷ソチミルコを指します。16世紀初め、アステカ帝国を滅ぼしたスペイン人は、直ちに植民地の首都の建設を始めました。240m四方の中央広場には、250年もの歳月をかけて改築された大聖堂をはじめ、国立宮殿、アラメダ公園などの遺産が残っています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜