ロダン美術館 | パリ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ロダン美術館
4.03
ロダン美術館は、近代彫刻の父と讃えられたオーギュスト・ロダンが、自らの作品や自身が集めた美術品、弟子で恋人でもあったカミーユ・クローデルの作品を展示した美術館です。
彫刻が約6,000点、デッサンが約7,000点などが所蔵されています。
貴族の館であった建物だけではなく、3ヘクタールもある広い庭も美しく、庭を散策しながらロダンの作品を楽しむことができるようになっています。
庭にはカフェもあり、庭だけ入るということもできます。
歴史
もともとは、ロダンは、亡くなるまでの10年間を、この場所、つまり所有者の名前を冠した「ビロン館」で暮らしており、アトリエとして使っていました。
フランス政府が、このビロン館を1911年に買い取ることになったときに、ロダンは、自分の作品やコレクションを寄付するので、美術館として残してもらいたいと要望し、ロダン美術館としてロダンの死後1919年に生まれ変わりました。
現在、ロダン美術館は、プライベートのために貸し切って利用することもできるようになっています。

見どころ
いずれも庭園にあります。
【地獄の門】40歳のときに、国から制作を依頼されて作った作品です。イタリアの詩人ダンテが作った「神曲」にヒントを得て制作したものです。神曲の地獄編に出てくる地獄への入口が描かれています。「地獄の門」の最上部には、「三つの影」が、その下の中央には「考える人」があります。
【三つの影】もともと、「地獄の門」の両脇に置ための彫刻として、アダムとイブを制作しました。そのアダムは、ミケランジェロの作品からヒントを得て制作しましたが、そのアダムの左手の位置を変えて作ったのが「三つの影」です。
【考える人】ロダンの作品の中で最も有名な彫刻のひとつです。もともと「地獄の門」の作品のひとつとして作られたものです。この考える人は、ダンテもしくはロダン本人などの説があります。

パリ人気アクティビティランキング

ロダン美術館 | パリ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
ロダン美術館は、近代彫刻の父と讃えられたオーギュスト・ロダンが、自らの作品や自身が集めた美術品、弟子で恋人でもあったカミーユ・クローデルの作品を展示した美術館です。 彫刻が約6,000点、デッサンが約7,000点などが所蔵されています。 貴族の館であった建物だけではなく、3ヘクタールもある広い庭も美しく、庭を散策しながらロダンの作品を楽しむことができるようになっています。 庭にはカフェもあり、庭だけ入るということもできます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜