凱旋門 | パリ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
凱旋門
4.21
凱旋門(エトワール凱旋門)は、パリのシンボルのひとつとしてあげられる歴史的建造物です。
凱旋門を中心として、12本の通りが放射線状に通っていて、星(フランス語でエトワール)に見えることから、かつてはエトワール広場とも呼ばれていましたが、現在は、シャルル・ド・ゴール広場が正式名称になっています。
シャルル・ド・ゴール広場は、車優先の巨大なロータリーになっているため、歩行者は横断ができません。
凱旋門の入口は、シャンゼリゼ通りの地下道を通ったところにあり、高さ約50メートルの屋上にはらせん階段で登ります。
エレベーターは、高齢者や体の不自由な人優先のため、基本的に健常者は使えません。
歴史
フランス語で「戦勝のアーチ」を意味する凱旋門は、1805年のアウステルリッツの戦いで、フランス軍がオーストリア・ロシア連合軍に勝利をおさめた記念として、翌年ナポレオンが建設を命じたもので、30年の歳月をかけて建てられました。
ナポレオンは既に亡くなっており、この完成を見ることはありませんでした。
凱旋門の下には、第一次世界大戦で命を落とした無名の戦士の墓があります。

見どころ
12本の放射線に延びる通りを、凱旋門の上から眺めるパノラマは絶景です。
日中は、エッフェル塔やサクレ・クール寺院やシャンゼリゼ通りの一直線上にある新凱旋門などを眺めることができます。
夕暮れ時から夜にかけては、車のライトが無数に煌き、まさに地上の星をイメージすることができます。
日没後には、ライトアップが行われているので、遠くから凱旋門を眺めるだけでもパリにいる実感を味わえます。
凱旋門の壁には、ナポレオンが率いた軍の戦闘の様子が描かれています。

パリ人気アクティビティランキング

凱旋門の新着体験談

いい思い出になりました!

2020/03/31 友達・同僚 ぴちゃん

滞在時間が短かったのでどう効率よく観光地を回ろうかと悩んでいたときにこちらのツアーを見つけました。日本語ガイドなので歴史情報やちょっとした豆知識なども教えていただきとても楽しかったです!他の方にもぜひお勧めしたいツアーでした!ありがとうござ... 続きを読む

閉じる

夜のツアーで安全、安心に

2020/03/28 友達・同僚 ささ子

夜10時からのツアーで、イルミネーションを見たくても、女性同士の場合、心配が多いですが、男性のガイドさんがついてくれてたので、安心して周る事が出来ました。写真も撮ってもらえて、思い出になりました。帰りは、12時過ぎるので、ホテルの入り口まで... 続きを読む

閉じる

下車の撮影はよかったのに…

2020/03/16 家族 チコちゃん

下車してエッフェル塔のシャンパンフラッシュも撮影できて凄くよかったです。
しかし、車窓からのツアーも謳っているのにバスの窓ガラスが汚れており、車内からの撮影は残念な感じでした。
今後きちんとした清掃をお願いしたいです。
あとはガイドの... 続きを読む

閉じる

夜も素敵なパリの街

2020/03/15 ひとりで さんしょ

夜のパリの街は昼間の雰囲気とはまた違って綺麗でした。
遅い時間に1人で出歩くのもなぁ、と思っていたのでこのツアーがあってよかったです。
エッフェル塔のシャンパンフラッシュもトロカデロ広場から間近で見れましたし、撮影時間もあるのでしっかり... 続きを読む

閉じる

パリ到着日に参加!

2020/03/14 家族 my子

母娘の二人旅でパリ到着の夜に参加しました。
集合時間は夜9時50分と遅かったのですが、シャンゼリゼ通りでゆっくり夕飯を済ませてからタクシーで向かいました。集合場所までは、HPの案内の中にタクシーのドライバーに見せる文章があり、それを見せる... 続きを読む

閉じる

すばらしい夜景

2020/03/14 家族 megcoco

治安が不安なので、個人ではなかなか夜景を見に出かけられないので、すばらしい夜景で感動しました!
前日の予約ができたので、スケジュール調整ができてよかったです!

凱旋門 | パリ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
凱旋門(エトワール凱旋門)は、パリのシンボルのひとつとしてあげられる歴史的建造物です。 凱旋門を中心として、12本の通りが放射線状に通っていて、星(フランス語でエトワール)に見えることから、かつてはエトワール広場とも呼ばれていましたが、現在は、シャルル・ド・ゴール広場が正式名称になっています。 シャルル・ド・ゴール広場は、車優先の巨大なロータリーになっているため、歩行者は横断ができません。 凱旋門の入口は、シャンゼリゼ通りの地下道を通ったところにあり、高さ約50メートルの屋上にはらせん階段で登ります。 エレベーターは、高齢者や体の不自由な人優先のため、基本的に健常者は使えません。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜