1986年、旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。爆発と火災により原子炉とその周りの建屋が破壊され、大量の放射性物質が炉内から発電所の外へと放出されました。当時、発電所から半径30㎞に住む13万5000人の人々が避難、今でも尚その傷跡を深く残しています。原子力発電所4号機の視察、廃墟と化したピリピャト市、放棄された村パルシブなどを訪問し、当時の凄惨な様子を遡ります。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 1986年4月26日に起きた悲劇の大事故から30年あまり。「死の街」と呼ばれたチェルノブイリ原子力発電所の今を、間近で見学してみましょう。ゴーストタウン化したプリピャチ市や、現在でも人が住み続けるオパーチチ村にも立ち寄ります。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    EUR271.70

    グループ割引
    毎日
    9時間 (午前)

チェルノブイリ原発見学 (キエフ発観光ツアー) のおすすめランキング | ウクライナ旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

1986年、旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。爆発と火災により原子炉とその周りの建屋が破壊され、大量の放射性物質が炉内から発電所の外へと放出されました。当時、発電所から半径30㎞に住む13万5000人の人々が避難、今でも尚その傷跡を深く残しています。原子力発電所4号機の視察、廃墟と化したピリピャト市、放棄された村パルシブなどを訪問し、当時の凄惨な様子を遡ります。