黄金の門 (観光情報) | ウクライナ観光 VELTRA(ベルトラ)
東ヨーロッパにおいて最古の都市であるキエフは、5世紀後半にポリャーネ族の集落として発展し、9世紀末にキエフ公国の国都と定められたとされています。13世紀から一時的にモンゴル帝国の支配下に入りますが、黒海に流れ込むドニプロ川の中流に位置し現在もウクライナの首都です。キリスト教の聖地の一つに数えられるキエフには、ユネスコ世界遺産に登録されているキエフ洞窟大修道院とキエフ公国のヤロスラウ賢公によって建築された聖ソフィア大聖堂があります。
歴史
ラヴレンチの写本によれば、黄金の門は1037年にキエフ公国のヤロスラウ賢公により、街の城壁の西大門として作らせたとされています。黄金の門の名前の由来は、東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルにある黄金の門に因んでいるとされていますが、単に門の上部が金色だったからとする説もあります。この門は、13世紀中頃にモンゴル帝国の軍隊により完全に破壊され、その後1869年に再建の為のコンペが開かれていますが、再建計画は実行される事はありませんでした。

見どころ
1240年以前にあったとされる黄金の門は、城壁の間に赤色のレンガと石で土台を造り、門の上に受胎告知教会が建築され、塔のように聳え立っていたとされています。この門の幅は7.5mとされ、城壁の高さは9.5m以上あったとされています。現在のキエフ歴史地区に新しく再建された黄金の門は、1832年にロフヴィーツイクイイによって発掘された遺跡を覆う様に建築され、伝承の門のサイズよりもかなり大きく造られています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


黄金の門 | ウクライナ観光| VELTRA(ベルトラ)

東ヨーロッパにおいて最古の都市であるキエフは、5世紀後半にポリャーネ族の集落として発展し、9世紀末にキエフ公国の国都と定められたとされています。13世紀から一時的にモンゴル帝国の支配下に入りますが、黒海に流れ込むドニプロ川の中流に位置し現在もウクライナの首都です。キリスト教の聖地の一つに数えられるキエフには、ユネスコ世界遺産に登録されているキエフ洞窟大修道院とキエフ公国のヤロスラウ賢公によって建築された聖ソフィア大聖堂があります。