ワイキキ ビーチは、ホノルル市の最も大きいリゾートエリアであり、多くのリゾートホテルが立ち並んでいるところです。
東のカピオラニパークから、西にあるヒルトン・ハワイアンビレッジまで、およそ3kmにわたる三日月型をなす8つのビーチの総称をワイキキ ビーチと言います。
ハワイ語で「水が湧くところ」を「ワイキキ」と言います。
メインストリートとしては、カラカウア通りとクヒオ通り、アラワイ通りがあり、そこを中心として多くの高級ブランドの入った大型ショッピングセンターや土産物屋、飲食店が軒を連ねています。
オアフ島には鉄道や地下鉄がないため、トロリーと呼ばれる路面電車風のバスが市内を走っています。
青い空に美しい海が映えるワイキキ ビーチは、海に入るのはもちろんのこと、海辺を見ながら散歩するのでも十分楽しめます。
歴史
ハワイは19世紀末頃までは独立国で、ハワイ王朝の王族の保養地でしたが、1898年にアメリカの自治領となりました。
ワイキキ ビーチには本来砂浜がなく、1920年代から1930年代において、オアフ島の北部に位置するノースショアなどから白い砂を運んで造った人工の砂浜です。
波で砂が海に持っていかれてしまい、砂の減少が深刻化したため、2011年に砂を補給することで10メートル以上砂浜の幅を拡張して、観光名所としての美しい砂浜の景観を保っています。

見どころ
【デューク カハナモク像】サーフィンの名手であり、水泳選手としてもオリンピックに出場し、ハワイに初の金メダルをもたらした人物デューク カハナモクの生誕100年を記念して建てられた銅像です。
【フラ・ショー】毎晩18時頃からデューク カハナモク像の近くで、無料のフラ・ショーが行われます。サンセットを見がてら、フラ・ショーを楽しむことができます。
【クヒオビーチ】 堤防に囲まれていて波がほとんどないので、子どもも安心して遊べます。また、サーフィンをはじめとするビーチアクティビティも充実しているので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
7アクティビティ
1/1ページ
  1. シェラトン・ワイキキ近くのワイキキビーチ発!揺れの少ないカタマラン船(双胴船)でのサンセットセーリングはオープンデッキから夕陽やダイヤモンドヘッドも眺められます。飲み放題のドリンクを片手に優雅な時をぜひ。ご予約はこちら。
    毎日
    2時間 (夜)
  2. ワイキキのビーチから出発し、気持ちの良い海風を肌で感じながらダイアモンドヘッド沖までセーリング!だんだんと日が傾き、表情を変えていくロマンチックなハワイの景色を、海の上からご覧いただけます。ご予約はこちら。
    毎日
    2時間 (夜)
  3. 好みの種目を選んでワイキキの波に乗る体験ができちゃいます。ワイキキの中心ホテル内でのチェックインだから各ホテルからのアクセスは抜群。それぞれ1時間以内のアクティビティなので限られた時間内でも参加OK♪

    USD78.53

    毎日
    1.5時間 (午前, 午後)
  4. ワイキキ出発でシュノーケリングに出かけよう!青い海を眺めながらワイキキ沖へ行き、熱帯魚を探して一緒に泳いだり!海を眺めるだけじゃ物足りない!そんな方にはぜひシュノーケリングで海を探検してみては。ご予約はこちら。

    USD60.00

    毎日
    3時間 (午前, 午後)
  5. シェラトンワイキキからすぐのワイキキビーチからセーリングに出発!心地よい風と波しぶきで気持ちよく清々しい気分に。もちろん景色もハワイを感じられるダイヤモンドヘッドやワイキキビーチに沿ったホテル群などをご覧いただけます。ご予約はこちら。

    USD34.00

    毎日
    2時間 (午後)
  6. シェラトンホテル近くのビーチから出港する双胴船セイリング&シュノーケリングの格安ツアー!貿易風を全身で受け止め、水しぶきを浴び迫力満点です!水中では色鮮やかな魚やウミガメと遭遇できるチャンスがいっぱい☆

    USD51.00

    月, 水, 金
    2.5時間 (午前)
  7. 青い海を爽快にセーリング!レース用にデザインされたホロカイ・カタマラン号でワイキキ沖を目指します。太陽がさんさんと照りつける中、ダイヤモンドヘッドやワイキキビーチなどを眺め、運が良ければウミガメやイルカの群れに出会うことも!ご予約はこちら。

    USD35.00

    毎日
    2時間 (午後)

オアフ島 テーマから探す

ワイキキビーチ (観光情報) | オアフ島観光| VELTRA(ベルトラ)

ワイキキ ビーチは、ホノルル市の最も大きいリゾートエリアであり、多くのリゾートホテルが立ち並んでいるところです。 東のカピオラニパークから、西にあるヒルトン・ハワイアンビレッジまで、およそ3kmにわたる三日月型をなす8つのビーチの総称をワイキキ ビーチと言います。 ハワイ語で「水が湧くところ」を「ワイキキ」と言います。 メインストリートとしては、カラカウア通りとクヒオ通り、アラワイ通りがあり、そこを中心として多くの高級ブランドの入った大型ショッピングセンターや土産物屋、飲食店が軒を連ねています。 オアフ島には鉄道や地下鉄がないため、トロリーと呼ばれる路面電車風のバスが市内を走っています。 青い空に美しい海が映えるワイキキ ビーチは、海に入るのはもちろんのこと、海辺を見ながら散歩するのでも十分楽しめます。