ハナウマ湾 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
その他のカテゴリー
観光情報
ハナウマ湾
4.43
ハナウマ湾は、オアフ島の南東端にある、火山の火口が波に侵食され入江になったところで、シュノーケリングで一番人気の場所となっています。
ハナウマ湾は半円形をしていて遠浅で波も穏やかなため、子供連れでもシュノーケリングが楽しめます。
また、青い海や珊瑚礁、熱帯魚の群れが美しいことでも知られているところです。
ハワイ語で「ハナ」は「湾」、「ウマ」は「避難所」を意味します。
海洋自然保護区のため、週に一度閉鎖され一般客は入場できません。
ハナウマ湾に行くときには、閉鎖される曜日を調べておきましょう。
歴史
ハナウマ湾は、火山が噴火してそのカルデラが海に流れ込んでできた湾で、湾とビーチが半円の形をしています。
海洋自然保護区に指定されているため、ハナウマ湾は非常に厳しい規制のもとで管理されています。
1950年代くらいまでは、観光優先で遊泳エリアを拡大するために、珊瑚礁をダイナマイトで破壊することも行われていました。
環境汚染が深刻になり、自然や生物保護の重要性が認識されてからは、1991年に魚の餌付けが禁止となりました。
2002年には海洋教育センターが設置され、ハナウマ湾を訪れる人は、年に一度は10分程度のハナウマ湾の環境保護についてのビデオを見ることが義務付けられています。

見どころ
ハナウマ湾は自然保護区のため、魚や動物などに触る・餌をやる、海中の砂場以外の場所に立つことの禁止などの厳しい規制があります。
そのかわりに珊瑚礁や魚が守られているので、シュノーケリングをすれば浅瀬で魚を見ることもでき、
ダイビングをすればウミガメやホワイト・ティップ・シャーク、アオリイカなどにも遭遇するかもしれません。
ハナウマ湾で暮らす多数の生物を守るためにも、これらの規制や義務には従って、楽しく過ごしましょう。

オアフ島(ホノルル)人気アクティビティランキング

ハナウマ湾の新着体験談

綺麗すぎて

2021/02/04 小さなお子様連れ ttt

ハワイについた翌日に参加しました。丘の上から見た景色は最高、浜辺に着くともっと最高、海の透明度抜群で子供も大喜びでした。

安定感のある美しさ!

2020/09/19 カップル・夫婦 ブラザー!

もう何度も来ています。最初はツアーで参加する方が良いでしょう。何度もリピートすると自分達だけでも来られるようになります。ただ海の中のガイドはやはりプロに任せた方が良いかもですね。

最高!またお願いしたい!

2020/04/05 家族 シロヤギ

ガイドさんが本当に最高でした!ツアー内容ももちろん大満足です!説明力、話し方、気遣い、お人柄含めまたハワイに来た時にはお願いしたいねと家族全員で話していました!

リピーターです

2020/03/25 家族 taka

去年の同時期に参加しましたが、非常に楽しかったのでまた今年も申し込みました!
去年に引き続き3月ではまだシーズンオフかと思いましたが、お腹いっぱいになる程試食させて頂き、去年とはまた違った果物を食べることもできました!何を食べても本当に新... 続きを読む

閉じる

自然がいっぱい!

2020/03/24 小さなお子様連れ KOMO

テレビでこの果樹園を見て、ツアーを申し込みました。
時期がピークではないので、実際になっている果物は少なかったですが、
日本では見られない果物がありました。
木から直接取っての試食はなかなか面白かったです。
お昼付きでしたが、もう少... 続きを読む

閉じる

寒かった!

2020/03/23 家族 あずき

思っていたよりとても寒かったです。
水も冷たく長い時間は海に入っていられませんでした。
私のリサーチ不足だったと思いますが、もう少しアドバイスが欲しかったです。
お魚も思ったほどいませんでした。
ビーチへの迎えはとても早くスムーズで... 続きを読む

閉じる
ハナウマ湾 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
ハナウマ湾は、オアフ島の南東端にある、火山の火口が波に侵食され入江になったところで、シュノーケリングで一番人気の場所となっています。 ハナウマ湾は半円形をしていて遠浅で波も穏やかなため、子供連れでもシュノーケリングが楽しめます。 また、青い海や珊瑚礁、熱帯魚の群れが美しいことでも知られているところです。 ハワイ語で「ハナ」は「湾」、「ウマ」は「避難所」を意味します。 海洋自然保護区のため、週に一度閉鎖され一般客は入場できません。 ハナウマ湾に行くときには、閉鎖される曜日を調べておきましょう。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜