ホノルル動物園 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
その他のカテゴリー
観光情報
ホノルル動物園
4.60
(5)
ホノルル動物園は、オアフ島にある唯一の動物園で、カピオラニ公園の中にあり、ワイキキ ビーチのすぐそばでホテルから歩いて行けるため、家族連れに人気のスポットです。
17ヘクタールの敷地は荒野をイメージして造られていて、哺乳類・爬虫類・鳥類など1200頭を超える動物を飼育し、ライオンやチーターなどが放し飼いになっています。
小学生くらいまでの子供連れの場合は、「ケイキ・ズー」を訪れてみましょう。
動物たちと触れ合うだけでなく、鯉の水槽にあるトンネルをくぐって、水槽の真ん中から顔を出したりして遊ぶこともできる場所です。
一通り見るだけでも2時間、じっくりと園内をまわるなら、半日はかかりますが、子どもはもちろん、大人も楽しめる動物園です。
日陰があまりないので、子ども連れの場合は、午前中に見学することをお勧めします。
歴史
1876年に、ハワイ王国の国王であったカラカウア王が、王国が所有していた土地を、30年間のリースとして国民が楽しめる土地にしようと開放しました。
翌1877年には、人々が楽しめる公園として使用されることになり、カピオラニ王妃公園と名付けられました。
1896年にカピオラニ公園と正式に定められ、1914年以降はホノルル市郡がカピオラニ公園を管理しています。
そのカピオラニ公園の敷地内にあるホノルル動物園は、1930年以降の大恐慌時代には、資金不足により閉鎖寸前となりました。
第二次世界大戦後には、ゾウ・チンパンジーなどの動物を寄贈され、動物園の再生に対する機運が高まり、現在のホノルル動物園の概要の計画が立てられました。
再生には相当の年月がかかりましたが、2011年に新正面玄関と新しいゾウ舎が完成しました。
年間来場者数は約60万人となっていて、NPO団体のホノルル・ズー・ソサエティが、サポート団体として、資金を集めたり、プログラムを企画したりしています。

見どころ
【アフリカン・サバンナ】赤土の荒野を、ライオンやチーター、キリン、シマウマ、サイ、ダチョウなどが放し飼いされていて、自由に歩き回っています。ライオンやチーターを間近に見られて迫力満点です。
【トワイライト・ツアー】閉園した後の動物園を、同行するガイドと見てまわるツアーです。毎週金曜日と土曜日に開催されています。
ホノルル動物園では、これ以外にも、不定期ですが「ディナー・サファリ」や、休暇中の子供たち向けのデイキャンプなど、さまざまなプログラムが企画されています。

オアフ島(ホノルル)人気アクティビティランキング

ホノルル動物園の新着体験談

最高!!

2020/03/05 カップル・夫婦 あははのは

朝とても早かったので、疲れが溜まってない1日目にして正解でした。時間も十分あり、朝から気持ちよく動くことが出来ました^_^

ダイアモンドヘッド

2019/11/23 小さなお子様連れ かすみ

当日は朝早く大変でしたが、入山方法や登り方のアドバイスなどしてもらいました。
動物園への移動、入園もスムーズで大変満足です。

想像してたより大変でした。

2018/03/24 カップル・夫婦 みんみん

ダイヤモンドヘッドに初めて登りましたが、想像以上にキツかったです。
朝は肌寒いですが、登ってるとかなり汗を掻くので温度調節できる服装が良いです。
インスタ映え狙いなのか、立入禁止区域に入って写真を撮ってる人が大勢いて、なんだかなぁ〜と思... 続きを読む

閉じる

良い組み合わせです

2016/08/17 小さなお子様連れ doradora

ダイヤモンドヘッドを登ってからのホノルル動物園は、最高ですね。朝から充実感が半端ないです。雄大な景色を見た後に、コモドドラゴンを見れるのは、海外ならでは。かなり疲れますけどgoodです。

6歳の子供と妊娠中の私でも登頂出来ました。

2016/07/30 小さなお子様連れ ゆみち

前日まで個人で行くか、このツアーで行くか悩みましたが、安心感求めツアーで行くことにしました。レアレアやオリオリの乗り放題のチケットが付いてる人からしたら個人で行くのもありだとは思います。その方が安く済みます。
ただ、個人で行くと朝早く中々... 続きを読む

閉じる
ホノルル動物園 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
ホノルル動物園は、オアフ島にある唯一の動物園で、カピオラニ公園の中にあり、ワイキキ ビーチのすぐそばでホテルから歩いて行けるため、家族連れに人気のスポットです。 17ヘクタールの敷地は荒野をイメージして造られていて、哺乳類・爬虫類・鳥類など1200頭を超える動物を飼育し、ライオンやチーターなどが放し飼いになっています。 小学生くらいまでの子供連れの場合は、「ケイキ・ズー」を訪れてみましょう。 動物たちと触れ合うだけでなく、鯉の水槽にあるトンネルをくぐって、水槽の真ん中から顔を出したりして遊ぶこともできる場所です。 一通り見るだけでも2時間、じっくりと園内をまわるなら、半日はかかりますが、子どもはもちろん、大人も楽しめる動物園です。 日陰があまりないので、子ども連れの場合は、午前中に見学することをお勧めします。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜