ホノルル動物園は、オアフ島にある唯一の動物園で、カピオラニ公園の中にあり、ワイキキ ビーチのすぐそばでホテルから歩いて行けるため、家族連れに人気のスポットです。
17ヘクタールの敷地は荒野をイメージして造られていて、哺乳類・爬虫類・鳥類など1200頭を超える動物を飼育し、ライオンやチーターなどが放し飼いになっています。
小学生くらいまでの子供連れの場合は、「ケイキ・ズー」を訪れてみましょう。
動物たちと触れ合うだけでなく、鯉の水槽にあるトンネルをくぐって、水槽の真ん中から顔を出したりして遊ぶこともできる場所です。
一通り見るだけでも2時間、じっくりと園内をまわるなら、半日はかかりますが、子どもはもちろん、大人も楽しめる動物園です。
日陰があまりないので、子ども連れの場合は、午前中に見学することをお勧めします。
歴史
1876年に、ハワイ王国の国王であったカラカウア王が、王国が所有していた土地を、30年間のリースとして国民が楽しめる土地にしようと開放しました。
翌1877年には、人々が楽しめる公園として使用されることになり、カピオラニ王妃公園と名付けられました。
1896年にカピオラニ公園と正式に定められ、1914年以降はホノルル市郡がカピオラニ公園を管理しています。
そのカピオラニ公園の敷地内にあるホノルル動物園は、1930年以降の大恐慌時代には、資金不足により閉鎖寸前となりました。
第二次世界大戦後には、ゾウ・チンパンジーなどの動物を寄贈され、動物園の再生に対する機運が高まり、現在のホノルル動物園の概要の計画が立てられました。
再生には相当の年月がかかりましたが、2011年に新正面玄関と新しいゾウ舎が完成しました。
年間来場者数は約60万人となっていて、NPO団体のホノルル・ズー・ソサエティが、サポート団体として、資金を集めたり、プログラムを企画したりしています。

見どころ
【アフリカン・サバンナ】赤土の荒野を、ライオンやチーター、キリン、シマウマ、サイ、ダチョウなどが放し飼いされていて、自由に歩き回っています。ライオンやチーターを間近に見られて迫力満点です。
【トワイライト・ツアー】閉園した後の動物園を、同行するガイドと見てまわるツアーです。毎週金曜日と土曜日に開催されています。
ホノルル動物園では、これ以外にも、不定期ですが「ディナー・サファリ」や、休暇中の子供たち向けのデイキャンプなど、さまざまなプログラムが企画されています。
1アクティビティ
1/1ページ
  1. ダイヤモンドヘッドでハイキングを楽しんだ後は、ゾウやキリン、ハワイ固有種の鳥、アパパネなど沢山の動物に会いにホノルル動物園へ!午前中にツアーが終了するので、午後からプランがある方にもオススメ。山頂からの眺めは一見の価値あり!ご予約はこちら!
    送迎付き

    USD60.00

    毎日
    4.5 ~ 5.5時間 (午前)

オアフ島 テーマから探す

ホノルル動物園 (観光情報) | オアフ島観光| VELTRA(ベルトラ)

ホノルル動物園は、オアフ島にある唯一の動物園で、カピオラニ公園の中にあり、ワイキキ ビーチのすぐそばでホテルから歩いて行けるため、家族連れに人気のスポットです。 17ヘクタールの敷地は荒野をイメージして造られていて、哺乳類・爬虫類・鳥類など1200頭を超える動物を飼育し、ライオンやチーターなどが放し飼いになっています。 小学生くらいまでの子供連れの場合は、「ケイキ・ズー」を訪れてみましょう。 動物たちと触れ合うだけでなく、鯉の水槽にあるトンネルをくぐって、水槽の真ん中から顔を出したりして遊ぶこともできる場所です。 一通り見るだけでも2時間、じっくりと園内をまわるなら、半日はかかりますが、子どもはもちろん、大人も楽しめる動物園です。 日陰があまりないので、子ども連れの場合は、午前中に見学することをお勧めします。