アラモアナ ビーチ パークは、オアフ島でワイキキ ビーチの次によく知られているビーチで、地元の人々が行きつけとしているところです。
ワイキキ ビーチからすぐのところにありますが、ローカル色があってこちらもとてもお勧めのビーチです。
テニスコートやゴルフ場などもある、ビーチと公園が一体化しているユニークな公園です。
巨大なショッピングモールのアラモアナ・センターが、道路を挟んで向かい側にあり、地元の人が使うデパート「シアーズ」も入っています。
歴史
アラモアナ ビーチ パークは、1920年代まではヤシの木が生い茂る湿地帯でしたが、1931年に、モアナ パークとして市による開発がスタート、1934年の開園式には、フランクリン・ルーズベルト大統領が出席しました。
1947年には、ハワイ語で「海への小道」を意味する「アラモアナ」パークに名称を変更しました。
1964年に大手デベロッパーが、人工の島マジックアイランドを建設、リゾートエリアとする予定でしたが、開発がうまくいかなかったことから、マジックアイランドは市の公園となりました。
マジックアイランドでは、5月の最終月曜日のメモリアル・デーには灯篭流しがあり、7月4日のアメリカ独立記念日には花火大会が開催される、各種イベントの開催地にもなっています。

見どころ
アラモアナ ビーチ パークの近隣には、アラモアナ・センターがあるので、そこで食材を購入してビーチで食べるといったことも可能です。
アラモアナ ビーチ パークには、アラモアナ ビーチと、マジックアイランドの突端にある入江のビーチがあります。
およそ1kmにわたる美しい砂浜を持つアラモアナ ビーチ パークでは、人も多くないのでゆったりとした開放感を楽しめます。
マジックアイランドの入江は波もほとんどないので、安心して子供を遊ばせられると人気の場所となっています。
0アクティビティ
1/0ページ

オアフ島 テーマから探す

アラモアナビーチ (観光情報) | オアフ島観光| VELTRA(ベルトラ)

アラモアナ ビーチ パークは、オアフ島でワイキキ ビーチの次によく知られているビーチで、地元の人々が行きつけとしているところです。 ワイキキ ビーチからすぐのところにありますが、ローカル色があってこちらもとてもお勧めのビーチです。 テニスコートやゴルフ場などもある、ビーチと公園が一体化しているユニークな公園です。 巨大なショッピングモールのアラモアナ・センターが、道路を挟んで向かい側にあり、地元の人が使うデパート「シアーズ」も入っています。