ビショップ博物館 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
その他のカテゴリー
観光情報
ビショップ博物館
4.63
ビショップ博物館は、カメハメハ王家と深いつながりを持つハワイ州最大の博物館で、ホノルル郊外のカリヒにあります。
200万点を超えるハワイやポリネシア諸島の美術工芸品や写真、文献などを所蔵していて、世界的にも太平洋地域に関する貴重で価値のある博物館だと言われています。
ビショップ博物館は、1889年にカメハメハ王家の最後の直系の子孫であるバニース・パウアヒ王女が逝去し、夫のチャールズ・リード・ビショップが追悼のために設立したものです。
歴史
1889年の設立当初は、パウアヒ王女が相続していたカメハメハ王家の美術工芸品やハワイの美術工芸品がコレクションされていました。
博物館は、ハワイの青少年の教育を目的として建設されたカメハメハ・スクールの敷地内にありましたが、1960年代にカメハメハ・スクールが移転した後は、拡張を繰り返し、ポリネシアン・ホールとハワイアン・ホールからなる大規模な博物館に発展しています。
現在では、200万点以上の美術工芸品などがコレクションされていて、1982年にはアメリカの登録史跡に登録がされました。

見どころ
ハワイの子どもたちの教育を目的として設立されたカメハメハ・スクールの意思を受け継いだビショップ博物館は、プラネタリウムやハワイの自然環境を科学的に学べる体験型施設のサイエンス・アドベンチャー・センターなどもあり、子ども連れにも人気です。
また、伝統的なフラダンスや歌などの催しも定期的に行われています。
さらに、大規模な改装を終えてリニューアルオープンしたハワイアン・ホールでは、ハワイの生活や歴史などの展示を見ながら、ハワイの文化を学ぶことができるようになっています。

オアフ島(ホノルル)人気アクティビティランキング

ビショップ博物館の新着体験談

カヒコは一時間ぐらいでは覚えられなかった

2020/03/20 家族 宇宙のよっちゃん

最初にミュージアムの案内を若いAYAさんがしてくれた後、レッスン開始。ついていくのがやっとでした、旦那さんが音楽担当で日本人の女性の先生が日本語でダンスを教えてくれました。今回一人でしたので、二人分の費用を払って教えてもらいました。

ラウハラ編みは腕輪作りでした

2020/03/20 家族 宇宙のよっちゃん

行きはホクラニワイキキからタクシーで20分ほどHANAタクシーで35$、帰りはアラモアナショッピングセンターまで35$。早く着きすぎたので、ベンチに座っていたら無料のWi-Fiがありました。今回JALでしたのでレインボートロリー、ビショップ... 続きを読む

閉じる

楽しくて勉強になった

2020/02/27 家族 Dom

ハワイの歴史が学べ、植物も丁寧に説明していただきました。
念願のフラレッスンではクムフラのブラッド クーパー先生に教えていただき夢のようでした。
レイメイクも素敵にできて大満足です。

とても良かった

2019/08/01 家族 うみつき

朝はトロリーがない時間にスタートなので、ワイキキのホテルからタクシーで行きました。
20分くらいで到着。
カウンターで受付後、日本人スタッフのミホさんが30分くらい博物館の案内をしてくれます。
庭の植物から、ハワイの歴史、短い時間でし... 続きを読む

閉じる

レイの葉っぱ、日本に持って帰れました。

2019/07/07 友達・同僚 ちぇりー

ビショップミュージアムの庭でハワイ伝統の植物の話を聞くのは楽しかったし、全くの初心者でしたが歌の意味を習いながら、専門的な講師の資格を持つ先生からフラダンスのレッスンを受けることができ、貴重な体験ができました。フラレッスンの最後には、ガイド... 続きを読む

閉じる

予想以上によかった

2017/08/14 小さなお子様連れ なるちゃん

フラをさせたくて
8歳の娘と私で参加しました。
2人以上で、ツアーあるとのことで
我が家だけでも、2人なので
ツアーは、決行されました。

当日も、2人だけでした
貸切状態
贅沢な感じです

ビショップミュージアムの日本... 続きを読む

閉じる
ビショップ博物館 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
ビショップ博物館は、カメハメハ王家と深いつながりを持つハワイ州最大の博物館で、ホノルル郊外のカリヒにあります。 200万点を超えるハワイやポリネシア諸島の美術工芸品や写真、文献などを所蔵していて、世界的にも太平洋地域に関する貴重で価値のある博物館だと言われています。 ビショップ博物館は、1889年にカメハメハ王家の最後の直系の子孫であるバニース・パウアヒ王女が逝去し、夫のチャールズ・リード・ビショップが追悼のために設立したものです。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜