アリゾナ記念館 | オアフ島(ホノルル) 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
その他のカテゴリー
観光情報
アリゾナ記念館
4.33
アリゾナ記念館は、1941年に日本海軍(大日本帝国海軍)の真珠湾(パールハーバー)襲撃により、沈没した戦艦アリゾナとその乗組員を慰霊する施設で、オアフ島にあります。
アリゾナ記念館は、水没した戦艦アリゾナの上に建っているため、記念館の上から沈んだ戦艦アリゾナが見えます。
戦艦アリゾナからは、今でもオイルが漏れていて、アリゾナの涙と呼ばれています。
アリゾナ記念館には毎年100万人以上の人が訪れていますが、アリゾナ記念館ビジターセンターとアリゾナ記念館のアクセスは、アメリカ海軍が運行するボートのみとなっていて、このボートの数にあわせてアリゾナ記念館への入場は毎日4,500人までと制限されています。
歴史
戦艦アリゾナには、1,177人の乗組員がいて、そのうち1,102人が戦艦アリゾナとともに海に沈み、今も眠っています。
アリゾナ記念館の開設は1962年で、1966年にアメリカの国家歴史登録財に登録されました。
1980年にはアリゾナ記念館ビジターセンターが開設され、アリゾナ記念館と陸上との行き来や真珠湾(パールハーバー)攻撃の資料を展示しています。
戦艦アリゾナは、1989年に国定歴史建造物に指定されました。

見どころ
アリゾナ記念館の一番奥には、真珠湾(パールハーバー)攻撃で戦死した戦艦アリゾナの乗組員全員の名前を大理石の壁に刻んだ慰霊スペースがあります。
アリゾナ記念館ビジターセンターの入口には、戦艦アリゾナの錨がひとつと、鐘がひとつ展示されています。
アリゾナ記念館に入るには、アメリカ海軍のボートに乗る整理券をアリゾナ記念館ビジターセンターで入手する必要があります。
混在する日は、午前中で整理券が無くなる場合もありますので、早めに入手できるように出かけましょう。

オアフ島(ホノルル)人気アクティビティランキング

アリゾナ記念館の新着体験談

公認ガイドによる丁寧な解説・効率の良いスケジュールで真珠湾がよーくわかる!

2020/06/09 カップル・夫婦 Hiro

一度は行ってみたいと思っていた真珠湾。今回、初めて訪問することができました。
まだ暗い早朝の集合、しかも宿泊のホテルから少し離れた所でのピックアップだったのでとても不安でした。何とかバスに乗ることができ良かったです。
とにかくガイドさん... 続きを読む

閉じる

まさに徹底解説。とにかく有意義でした。

2020/06/03 カップル・夫婦 bankan

かつて個人で訪れ、英語力不足で理解ができず残念な思いをしたパールハーバーに、遂にリベンジ訪問を果たしました。同行のツアーガイドさんはとにかく知識と経験が豊富で勉強熱心、さまざまなエピソードを惜しみなく披露してくださいます。そして、せっかく行... 続きを読む

閉じる

ひとりで参加

2020/03/15 ひとりで どーちん

30代、女性です。
ひとりで参加しましたが、特に問題なく過ごせました!
個別で行くのはおそらく大変なので、ツアーに参加して行った方が楽です。また、ガイドさんが丁寧に説明してくれたのでとても分かりやすかったですし、知らなかった事もたくさん... 続きを読む

閉じる

命の大切さを学ぶ

2020/03/08 カップル・夫婦 kimu3799

今から80年前に始まった太平洋戦争。その時の記憶を映像などでたっぷりと振り返ることができる。多くの命をそして家族の幸せを奪う戦争を二度とお越してはならないと、強く思わせてくれるツアーです。朝の集合が早いので覚悟してください。

効率よく見学できる

2020/03/03 カップル・夫婦 キャミキャミ

半日で効率よくパールハーバーを見学できました。
チケットもガイドさんが買ってきてくれますので、自分でゲットする必要もなく。
軍艦ミズリーへも、ガイドさん運転で行くので、バスに乗る必要もなく楽チンです。
朝は早いですが、午後からフリーな... 続きを読む

閉じる

リメンバー パールハーバー

2020/03/01 家族 ヨッシー

戦艦ミズーリの甲板での降伏文書を調印した場所もみれ日本の歴史の1ページに
入り込んだような錯覚におちいったように感じました。
あいにくの雨でしたがすごくよかったです。

アリゾナ記念館 | オアフ島(ホノルル) 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
アリゾナ記念館は、1941年に日本海軍(大日本帝国海軍)の真珠湾(パールハーバー)襲撃により、沈没した戦艦アリゾナとその乗組員を慰霊する施設で、オアフ島にあります。 アリゾナ記念館は、水没した戦艦アリゾナの上に建っているため、記念館の上から沈んだ戦艦アリゾナが見えます。 戦艦アリゾナからは、今でもオイルが漏れていて、アリゾナの涙と呼ばれています。 アリゾナ記念館には毎年100万人以上の人が訪れていますが、アリゾナ記念館ビジターセンターとアリゾナ記念館のアクセスは、アメリカ海軍が運行するボートのみとなっていて、このボートの数にあわせてアリゾナ記念館への入場は毎日4,500人までと制限されています。