福江島 (五島市(下五島)) | 五島列島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
五島市(下五島)
福江島
4.33
長崎県五島市にある福江島は五島列島最大の島です。奈留島や久賀島の島々とともに下五島エリアとして知られ、人気の観光スポットです。ホワイトサンドの砂浜が美しいビーチ「高浜海水浴場」や玉之浦の絶景スポット「大瀬崎灯台」、キリシタン復興の拠点となった世界遺産「堂崎天主堂」、白亜の壁が写真に映える「水ノ浦教会」、島のシンボル的な「井持浦教会(ルルド)」、芝生に覆われた火山「鬼岳」、当時の佇まいを残している「武家屋敷通り」、黒い溶岩の景色が続く「鐙瀬溶岩海岸」、日本遺産の「三井楽」など見どころがいっぱい。秘境感が残りつつも、自然や観光名所、地元グルメが満喫できる場所です。アクセスは空路と航路の2つがあり、福岡空港や長崎空港から福江空港(五島つばき空港)まで30~40分、長崎港から福江港までは高速船で1時間25分、フェリーで3時間10分の距離です。レンタカーで周るのも良いですが、長崎からのフェリーチケットと島内観光や海釣りなどのオプショナルツアーで運転なしでのんびり楽しむ旅もおすすめ。五島うどんや新鮮な海鮮も堪能してくださいね。一味違った離島に出かけたい方に最適な福江島観光ツアー。予約はこちら。

五島列島人気アクティビティランキング

福江島の新着体験談

間に合わずお金だけ取られました。

2022/01/13 ひとりで 何もかも

当日キャンセル100%返金無しはきついですね。そのような仕組みなのでしょうがないとしてもです。高速バスは700円のキャンセル料金でキャンセルできました。

福江港⇒奈良尾港(フェリー2等)

2021/12/29 ひとりで AKITO

安く、でも早く上五島に渡りたかったので港至近に宿泊し 福江 → 奈良尾  をこちらのフェリーで。朝早かったが徒歩圏内宿泊だったし寝て移動出来るしで助かった。往復共に奈良尾の旅客の為のスペースがあるので寝過ごす心配も場所取りの心配も皆無。 

福江 ~ 奈良尾 フェリー

2021/12/29 ひとりで AKITO

便数は決して多くはありませんが安く寝転んで移動出来ました。奈良尾 → 福江は20分の接続時間で空港行のバスに接続出来ました。

チケットを安く買えて良かった!

2021/12/13 カップル・夫婦 モグモグ

通常より600円くらい安くチケットが買えて助かりました。福江島に福岡からフェリーで入り帰りは長崎にジェットホイルで向かいました。
船があまり強くない私ですがジェットホイルは嫌な揺れがなく80キロ出してる感じもなくテレビも見れて席も指定で快... 続きを読む

閉じる

福江を効率よく回れるツアー

2021/12/11 友達・同僚 Take

五島列島の福江を効率よく回ることができます。
現地でレンタカーを利用しない方はバスで回ることになると思いますが、公共交通機関を効率よく利用するのはほぼ不可能と思われるので、こちらのツアー一択になると思います。フェリー港のわかりやすいところ... 続きを読む

閉じる

ガイドさん 素晴らしい

2021/12/11 カップル・夫婦 うさぎ

見習い中とは言いながらもツアーの間ユーモアを交えながらずっーと説明してくれました。
碧い海の向こう側には中国があるんだなぁと、遣唐使の時代に思いを馳せていました。

福江島 (五島市(下五島)) | 五島列島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
長崎県五島市にある福江島は五島列島最大の島です。奈留島や久賀島の島々とともに下五島エリアとして知られ、人気の観光スポットです。ホワイトサンドの砂浜が美しいビーチ「高浜海水浴場」や玉之浦の絶景スポット「大瀬崎灯台」、キリシタン復興の拠点となった世界遺産「堂崎天主堂」、白亜の壁が写真に映える「水ノ浦教会」、島のシンボル的な「井持浦教会(ルルド)」、芝生に覆われた火山「鬼岳」、当時の佇まいを残している「武家屋敷通り」、黒い溶岩の景色が続く「鐙瀬溶岩海岸」、日本遺産の「三井楽」など見どころがいっぱい。秘境感が残りつつも、自然や観光名所、地元グルメが満喫できる場所です。アクセスは空路と航路の2つがあり、福岡空港や長崎空港から福江空港(五島つばき空港)まで30~40分、長崎港から福江港までは高速船で1時間25分、フェリーで3時間10分の距離です。レンタカーで周るのも良いですが、長崎からのフェリーチケットと島内観光や海釣りなどのオプショナルツアーで運転なしでのんびり楽しむ旅もおすすめ。五島うどんや新鮮な海鮮も堪能してくださいね。一味違った離島に出かけたい方に最適な福江島観光ツアー。予約はこちら。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜