醍醐寺三宝院 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
年に醍醐寺第座14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。建造物の大半が重文に指定されていて、中でも庭園全体を見渡せる表書院は寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表するものであり、国宝に指定されています。国も特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は1598年に豊臣秀吉が「醍醐の花見」の際に自ら設計しました。京都駅から醍醐寺までは京阪バス・山科急行で乗り換えなしで行くことが出来ます。
歴史
874年、空海の孫弟子にあたる理源大使・聖宝が笠取山に醍醐寺を創建しました。三宝院は1115年、醍醐寺第14座主・勝覚が開いたもので、歴代の座主を輩出し、1428年以降は三宝院主が醍醐寺座主の地位を独占しました。しかし1467年の応仁の乱の際に三宝院を含む多くの建造物が消失し、一帯は荒廃してしまいました。この醍醐寺を復興したのが第80代座主・義演でした。義演は秀吉の庇護を受け、1598年に醍醐寺金剛輪院を中心に「醍醐の花見」を執り行い、金剛輪院に「三宝院」の名称を受け継がせました。三宝院庭園は安土桃山時代の雰囲気を現代に伝える日本庭園として貴重なものであり、1952年に国の特別史跡および特別名勝に指定されました。

見どころ
三宝院には国宝などの文化財がたくさんあるのですが、中でも庭園は豊臣秀吉が自ら設計したと言われていますので、ぜひ足を運んでいただきたいです。また、三宝院唐門も国宝に認定されています。桃山時代のもので、朝廷からの使者を迎えるときだけ開かれたとされる門です。2010年に修復され、門全体が黒の漆塗り、そこに桐と菊の花が金箔で施されています。三宝院の前には大きく素晴らしい枝垂れ桜があるので、桜の時期に訪れるのもおすすめです。
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    京都の醍醐寺境内にある雨月茶屋で1日限定30膳の『一味膳』『桜御膳』をお召し上がりいただけるプランです。醍醐寺の伝統料理をもとに創り出された醐山料理。京野菜を四季に応じて盛り合わせた贅沢な箱膳を京都の風情を感じながら堪能してみませんか?

    JPY3,630

    2人目無料
    モニターツアー
    毎日
    (午後)
  2. No.2
    観光スポットの多い京都を満喫するには「時間と便利」を最大限活用できるタクシーチャーターが最適!中でも京都初心者の方にお薦めなコースプランをご紹介します。定額で、観光みどころ説明付(英語対応も同値段、ただし車外への同伴無)なのもポイントです。
    送迎付き

    JPY36,400

    毎日

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

醍醐寺三宝院 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

年に醍醐寺第座14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。建造物の大半が重文に指定されていて、中でも庭園全体を見渡せる表書院は寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表するものであり、国宝に指定されています。国も特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は1598年に豊臣秀吉が「醍醐の花見」の際に自ら設計しました。京都駅から醍醐寺までは京阪バス・山科急行で乗り換えなしで行くことが出来ます。